会計人高野博幸の「想いを言葉に!!」

会計士試験合格後、税理士法人PwC勤務、LEC講師を経て医療特化の公認会計士・税理士事務所を開業した高野博幸のブログ。
「教育を平等に」と「鶏口となるも牛後となるなかれ」をモットーに、夢を与え、ロールモデルとなれるように日々がんばります!


テーマ:
さて、事業を行っていくうえでいろいろ感じること、スタッフに伝えたことを備忘としてここに記載したいと思います。
スタッフも見ているようなので、短くて伝えきれないことを文章でここに書きたいと思います。


今日皆に発したメッセージは、「生産性を高める」ということ。
やはり思いますが、1日の業務の中でどれだけの生産性で仕事をできているかというのはなかなか難しい部分です。

生産性を高めるためには、
・集中力を高めること
・効率的に業務を行うこと
の2点が必要ではないかと思っています。

いうのは簡単でも、具体的に行動に落とし込めるレベルで伝えないと結局意味がないのではといろいろ考えてみたのですが、特に前者が難しい。

例えば雑談をしないこと。
これ自体は簡単ですが、逆に内部のコミュニケーションが希薄化するのではないかという懸念が生じます。
一方で昼食時や業務後にコミュニケーションをとれば十分ではないかと思う側面もありつつ、正解はなかなか見いだせなさそうですね。


ただ、例えば用事がある日の最後の数時間の業務能率はなかなか高いのではないかと思います。
その集中力を日常的に発揮できれば、かなり生産性の高い事務所になると思っています。

それ自体を可能にするための休憩時間を含めた、時間マネジメントはどうするか、はたまた全く別の方法によってそれを実現できるのか。
そういった面を具体的に理解できるレベルで落とし込んでいかなければならないのだと思っています。

ただ、極端な話能率が1.2倍になれば、労働時間は1/1.2でいいわけです。
あるいは同じ労働時間でも1.2倍の仕事ができるわけです。

これは本当に自分自身の自戒でもあるのですが、最近明らかにそのあたりの意識が弱いと思っています。
人の1.5倍の能率で働ければ、単純にできることは1.5倍となります。
その状況で人の1.5倍の時間働ければ、2倍以上の業務量をこなせます。

なかなかそんなにうまくはいかないことはわかりつつ、まずは頭で考えつつも量をこなす業務が自分に合っていると思うので、しっかり折り合いをつけてやっていきたいと思います

がんばります。

高野
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード