NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~ ちいさなチカラ~猫エイズと白血病…だけど生きてる。
ゆめ
オンラインユーザーカウンター by
Simple Free Counters
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-11 08:43:38

ありがとね

テーマ:うさぎのゆめ
今病院から電話
6時30分頃急変
そして
ゆめ、永眠

こんな私
またねって云っていいんだろうか
AD
2017-02-10 02:24:46

覚悟はしておいてくださいと云われた

テーマ:うさぎのゆめ
朝を待っている
午前2時半…
昨日と変わらない朝が来るのを
祈っている

仕事場から家に戻った
瞬間嫌な予感がした
ゆめがいる場所が普段とは違う

帰宅すると様子をチェックするための
アクティブEを出すが
案の定食べない
匂いすら嗅ごうとしない
飛び付くはずのクランベリーも同様

その時点で20時を回っていた
地元の病院も終わっている

お腹をさわると
普段と少し違う

30分ほど様子を見る

腸の音を聞こうと聴診器を当てたとき
張りが先ほどと明らかに違っている

両側の肋骨のすぐ下
たらこ1腹位の張り

さっきより硬くなっている

今までのうっ滞の張りとは
全然違うのが
素人の私にもわかった


朝まで待てない



夜間診療  うさぎで
市内の病院を探す

1件目エキゾチック対応で
夜間診療とあるけれど
今夜はうさぎを診られるドクターがいない
折り返し連絡すると云われた

やはり診察出来ない
朝になったら来てくださいという回答

出来るだけ穏やかに
朝まで待てればかかりつけ医に
申し訳ないが行ける
それならばうさぎを診てもらえる
病院を紹介してくださいといったら
かなり遠くの病院を紹介された

2件目いきなりさらに遠くの病院を紹介

ふとゆめが最初に受診した病院を思い出す

救急ではなく
普通に22時までの診療をしている

Facebookを見ると
『本日休診』
ただお急ぎのかたは留守番電話に
メッセージをいれてくださいとある

藁をもすがる想いでメッセージを残す

22時少し前折り返し連絡が入った

様子を伝え
7年前に診て頂いたことがあると…

うさぎは早いほうがいいと
診療を引き受けてくださった

7年前のカルテを出して
待っていてくださった

触診からレントゲン

『急性胃拡張』

見たこともないような画像だった

大きく膨らんだ胃
その後ろに昼間食べたと思われる
食事の影

低体温
軽度の脱水
口の中もピンクではなく
血流が悪く紫

外科的治療は
状態が悪すぎること
7歳という年齢的にも厳しい
痛み止め、ステロイド投薬での
内科的治療

痛みを取り除き
閉じてしまった胃を解放して
腸の流す

ただ12時間が山であり
覚悟はしてください…と云われた

今までうっ滞の治療が何回かある
それでも
覚悟はしておいてくださいと
云われたことはなかった

明日の朝飲ませて下さいと
粉薬を一服
そして明日再診

帰宅から5時間

悪くはなってないようだ

浅く早かった呼吸が
いつもの呼吸になった…と思いたい

顔つきも
帰宅直後の
ぎゅっとつむったつり上がった目から
いつもの眠っている時の
目のつむりかたに戻った…と思いたい

夜は怖い
タッチのあの頃とおんなじだ

夜が明けて
悪いなりにも
命を繋いだゆめであって欲しい

ゆめ、まだ逝ってはダメだよ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-13 13:43:30

変わらないもの

テーマ:うさぎのゆめ
 
梅雨入り宣言が出て以来初めての
空をひっくり返したような大雨の朝

ダイジョウブ
ワタシハゲンキ
笑顔のイメ-ジしか浮かばない
そしてこんな日も
笑ってそうな彼女

そんな貴女のいわゆる涙雨のようだ

2010年花の2月組
ちびっこらのお誕生日の偶然
(2010年2月4日、14日、24日)
もしこれが憧れの大スタ-相手との偶然なら
結婚しても可笑しくないと信じた(笑)

偶然の魂が
その責任者を
これまた奇跡のように出逢わせてくれた

あの専門店に行くとブログに書けば
お互いお財布が大爆発で大笑い
うさフェスで捕獲もされたwww

東日本大震災直後
ペットとの避難について話をしたとき
二人を連れて逃げるのは無理だから
私は二人と家に残る
そう云い切った彼女が大好きになった

彼女と
彼女の愛娘ちゃんの闘病を垣間見る
きっと文字には書けない
たぶん言葉では綴れない
迷いや悲しみや時折の絶望があっただろう
自分が慈しんできた命が
病によってその容姿がかわる
その切なさ
多少なりとも自分とだぶる

彼女と
彼女が大事にしている命との向き合い方を知る
ああ自分もこんな風に
真摯に命と病と闘いたいと思う

命を預かるとは
こういうことだと
彼女からいつも教わる

可愛いだけでは
預かれないのだ

旅立った彼女
声なき彼女からの
渾身のメッセ-ジ

おとん、おかん 
ありがとう
また、おとんとおかんの子に
呼んでなぁ

私はそう思っている

そして
2010年花の2月組さん
おとんとおかんに呼ばれる前に
貴女が貴女の意志で
おとんとおかんを選んで
飛んでくるのでしょうね

花の2月組は永遠です

なんどでも
私もまた彼を選びます

そしたら
3020年あたり花の2月組で
今度こそメジャ-デビュ-してください

ありがとう

ばいばい

またね
AD
2016-01-31 19:21:36

毎日これと闘っている

テーマ:ブログ
逃げたい
逃げ出したい
毎朝
毎夜
毎日ずっと思っている

年末課長が脳幹出血で倒れた
幸いにも
命に問題なく
大きな後遺症もない
間もなく退院

だからと言って
退院=復帰ではない

早くて4月
月に何日か
何日か数時間
復帰はこんな感じだろう


通常の月間の仕事二人前
資金ぐりやら
給与支払報告書
法定調書

明日からは決算処理

近頃曜日の感覚が
途中から消える

代わりや
臨時の助っ人もない

毎朝
毎夜
毎日思う

自分の巻いた種じゃないのに
なんで私が
追い込まれなけりゃならないんだろう

無理しちゃダメよ~

無理せず
投げ出していいんですか?

遊びほうけて
自分の仕事にてんやわんや
…なら、わかる

なんで?
なんで?

何人かで
フォローしあって乗り切るなら
まだしも…

なんか理不尽だな…と
心が折れます

例えば
決算が
3月15日までに
終わんなかったら
アタシの責任?

アタシが悪いん?

アタシは
責任を果たすべき?

それが
常識?



また月曜日がくる

なんで私が…

もう無理…

逃げたい…


こんな気持ちと
闘う日曜日の夜(笑)
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-29 15:13:40

なんという年末

テーマ:ブログ

出勤時間になっても課長が来ない

…おいおい、いつものイヤイヤ病かぁ

そんな冗談は一瞬で吹き飛び
8時40分現実を知らされる

内線が鳴り出ると課長の奥さんからだという
いろんな状況がグルグルする

昨日帰宅すると
一人では歩けず
ろれつが回らない状態で…

どこに入院されたのですか?と尋ねると
服用していた風邪薬を多めに飲んだと本人は言うし
薬剤師の息子もそのせいじゃないかというので
これから病院に行き
もしもの時はそちら(職場)でお世話になるかも…

内心その状況で一晩過ごしたことが信じられない
本人がどう言おうが暴れようが
救急車を呼んで
連れていっちまえばいい話だ
世のなかには時々こういうのんびり屋な奥さんがいる



電話を切り
もし入院となった時のことを考え
医事課長と
理事長秘書に
準備を始めてもらおうと報告

ここで理事長秘書が
永年の底力を発揮する
クリニックじゃダメだ
迎えに行ってここで検査させなさい
すぐさまリフトカ-を待機させ
身体の大きい課長を抱えられるよう
医事課の男子を同行させる

状況や段取りが見通せたら
事務長に報告しようという手はずになっていた

大騒ぎするし
話を歪曲するクセがある

それが
ちょっとしたことから
事務長の耳に入り
救急外来の入り口で
課長の到着を待ち構え
CTやらなんやらしてるときも
課長のそばを離れない

男の課長は
職員にこういう姿を見られることが嫌で
普段から職場には絶対にかからない
まして
諸事情で心底嫌いな事務長(女)には
余計見られたくない姿なのだ

誰も事務長を下げられない
なので
課長は照れ屋でこういう姿を見られたくないと思うので
奥様もいらっしゃることですし
引き揚げましょうと強引に腕を引っ張って連れ出す

その後
事務長は自分に報告がなかったことを怒りまくり
医事課長は(課長が)到着前に話がもれたことを心配し
イチイチ私に愚痴りにくる

そんなことどうでもいい

ふたりはとうに課長の病気がわかっているのに…
なんで自分を素通りしたとか、段取りが無意味になったとか
何を心配し
何に腹を立てるのか
この状況で意味がわからない

課長は脳幹出血だった

OPEをすることが出来ない

ただ幸いなことに
足のもつれと
ろれつが回らない状態ではあるけれど
意識ははっきりしている

ご家族が入院の準備で不在になったとき
理事長秘書がICUに連れて行ってくれた

私を見て即座に私とわかり手を上げ
ずれた酸素マスクを自分で直し
口が回らないんだと説明してくれた

いつも面倒なオヤジだと思っていた
鬱陶しいなぁとも思う

なのに顔を見た途端
『ダメじゃないですかっ』
師長たちもいたというのに
怒りながら
泣いてしまった

事務長は早々に次の課長を見つけることに喜々としている
彼女にとって大番頭的課長は邪魔、目の上のたんこぶなのだ

院長はよく直してもらって
完全登板とはいかなくても
必ず戻ってもらうから…という

年が明けたら
まずは月次の会議
ふたりで各々作る資料を
ひとりで2ヶ月分作る
そして給与支払報告書の提出
そしてそして決算に
ふたりぶんの日常業務

来年の自分が見えない(笑)

とにかく仕事をしろということなのだろう

なんという年末

課長、がんばれ!
あのめんどくさいオヤジに戻ってくれっ!!!


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。