3倍早くなるためのDTP講座

DTPの作業を早くするためのテクニックを綴っていこうと思っています。


テーマ:

大分遅れましたが、「SPAi」公開されましたね。
何、知らない!? むむむ、Illustrator使いは要チェックですよ。

SPAi(Script Panel for (Adobe) illustrator)は、Illustratorでスクリプトパネルとスクリプトにショートカットを付与するソフトです。あれ、似たようなの無かったっけ? という方するどい。

過去にものかのさんがScriptPalette AIとScriptkeyAiという2つのソフトを開発していますが、この2つが融合(ルビ:フュージョン)してゴテンクス状態になりました。

★ScriptPalette AIとは
InDesignのようにパネルからスクリプトを実行できるソフトです(すみません、私ほとんど使ってません)。

★ScriptkeyAiとは
InDesignのようにショートカットでスクリプトを実行できるソフトです(IllustratorのスクリプトショートカットはQuickeysから鞍替えしたほどお気に入りのソフト)。

さらにajabonさん、あかつきさん、高橋としゆきさん、hamkoさんが協力。微力ながら私もまぜていただき、見事スーパーゴテンクスゴッド状態に。

さて、すごいすごい言っていても説得力がないので具体的に説明してゆきましょう。

●使い方
(初回起動のみ注意あり:詳しくはHPをご確認ください)

①SPAiを起動しIllustratorをアクティブにするとパネルが現れます。デフォルトではIllustratorのスクリプトフォルダを表示します。



②スクリプト名をダブルクリックするとスクリプトを実行します。

これだけで使えます。
そして、さらに進んだ使い方もあります。

③スクリプトを選択するとメニューに「ショートカット設定に追加する」が現れるので選択。




④ショートカットを設定する(直接キー入力)。



⑤ショートカットキーを押すとスクリプト実行。


ね、すごいシンプルでしょ。

ショートカットでの実行は、コピー(コマンド+C)のような感覚なのでとても快適です。スクリプトによってはIllustratorの作業が100倍くらいラクになりますよ。SPAiスゴイ!

まずは公式のHPを熟読してから使いましょう。トラブルシューティングなども丁寧に記載されています。補助的にこちらを参照していただけたら幸いです。



さて、以下はSPAiのすごいとこの紹介です。

●Illustrator自動判別
まずすごいのはIllustratorの認識力。
SPAiは一見Illustratorの標準パネルのような出で立ちですが、単独で動くアプリケーションです。これが常時Illustratorを見張っていて、Illustratorが前面に来たときだけ現れます。

↑IllustratorとInDesignを切り替えています。InDesignの時は自動で隠れます。


このようなアプリは別のアプリケーションに切り替えたときに邪魔になるなんてことがあるけど、SPAiは場をわきまえて必要ないときはサッと身を隠す、なんてよくできた子でしょう(ウチの環境ではCS6の時にたまーに隠れ忘れることがあり、それがまたドジッ子のようでカワイイ^^)。

さらにすごいのはバージョンの自動判別。
前面にいるバージョン(CS6とかCCとか)を判別して、そのバージョンのスクリプトフォルダにあるスクリプトを表示します(スクリプトフォルダ表示設定時)。


↑CS5とCS6を切り替えています。


さらにさらにすごいのは、UIの認識(CS6以降)。
CS6以降は標準がダークUIになりましたが、カスタマイズしている方もいることでしょう。SPAiはUI設定を自動的に判別して、見た目を標準パネルのUIと同じように表示します(これも設定あり)。

そして、何と言ってもバージョンまたぎ。
ScriptkeyAiでは複数バージョンをまたげませんでしたが、SPAiはOKです。その際にパージョンを判別してリアルタイムでスクリプトフォルダの中身を表示したり、UIに準じたカラーに変化するという離れ業を行います。

と、ここまででもどれだけすごいことをやっているのか! 個人開発の域を余裕で超えてます。ものかのさん、恐るべし!


●自由度の高いカスタマイズ
環境設定から好みの状態にカスタマイズできます。人によってシンプルが良かったり、補助項目がある方がよかったりするので、これは嬉しい機能です。

↑環境設定



◆見た目


明るさ:明から暗まで4段階で選べます。


サイズ:大から極小まで4段階で選べます




・「CS6以降は明るさを自動にする」
チェックがONだとUI設定から自動判別、OFFなら上記設定がイキにります。
あえて標準と区別したいなんてこともありますので、これはお好みで。



◆パネルの表示方法

組み合わせが多数になってしまうので、全チェックON状態から各項目をOFFにしたものを比べます。

↑全チェックON状態を基本とします



・階層表示
ONだとInDesignのようにツリー表示に、OFFはフォルダが展開せず、フォルダ上をクリックしてコンテクストメニュー上から選択する方法になります。

↑フォルダ上でクリックするとコンテクトメニューが表示される



・アイコン表示
ONだとアイコンを表示します。OFFだと非表示でシンプルになります。ただしOFFだとフォルダの区別がつきにくいので注意です。

↑シンプルですが、フォルダ併用時は注意



・拡張子表示
ONだと拡張子を表示します。OFFだと非表示でシンプルになります。

↑シンプルです


・ショートカット表示
ONだとショートカットを表示します。OFFだと非表示でシンプルになります。

↑シンプルです



・ラベルカラー
ONだとファイルやフォルダに付与したラベルカラーを表示します。OFFだと非表示でシンプルになります。カラー分けすることで、文字の羅列だけよりも判別しやすくなります。

↑シンプルです



◆パネル上のスクリプト実行方法

スクリプトの実行はシングルクリックとダブルクリックから選べます。シングルクリックはワンクリックで実行するアクションのボタンモードのようです。


慣れるとシングルが快適ですが、誤クリックによる暴走の危険は伴います。それをふまえて各自設定しましょう。


◆パネルに表示する内容

3パターンの表示方法から切り替えられます。


①キーボードショートカット登録ファイルを表示する
ショートカットに登録されたものをパネルに表示します。


↑ここに登録したものが表示されます


↑こういうこと


ショートカット登録パネルはショートカットを付与する際に使うので、設定専用エディタに見えますが、実はこれ前身のScriptkeyAiそのもので、スクリプトフォルダや登録フォルダとは別に単独でスクリプトを管理する能力を兼ね備えています。

ショートカットの登録方法はScriptkeyAi同様、複数登録やドラッグ登録、ドラッグでの項目入れ替えができます。



スクリプトがどこにあっても登録できるので、動作の確認や一時的に使いたい時などに有効です。

また、必ずしもショートカットキーを設定する必要はありません。チェックを外せば一時的にショートカットをOFFにすることもできます。

ScriptkeyAiと同じ使い方をしたい方はこのモードにしましょう。


②各スクリプトフォルダの中を表示する
各バージョンのAiフォルダのスクリプトフォルダを表示します。こちらは単純ですね。

↑アプリケーションフォルダ同梱のスクリプトフォルダを自動で読み込む


↑こういうこと


バージョン切り替えをしても自動で表示切り替えするのはこの表示方法です。


③登録フォルダの中を表示する
任意のフォルダのスクリプトを表示させます。こちらもわかりやすい。

↑任意のフォルダを指定



↑こういうこと


バージョンをまたいで共通のスクリプトを使う場合などに有効です。

スクリプトはエイリアスも使えるので、スクリプト本体はスクリプトフォルダに置きつつ、よく使うものをエイリアス化して登録フォルダにまとめておくことも可能です。

作業内容によってスクリプトの使用頻度は変わりますので、「レイアウト用」とか「トレス用」とかに分けて切り替えると便利かもしれません。



●登録、設定、ファイルへのアクセスしやすさ
Illustrator標準ではスクリプトをフォルダに入れた後再起動が必要です。なんでInDesignでは即時認識するのにIllustratorは…。

ってことでSPAiは、ショートカット登録や、スクリプトフォルダや登録フォルダに入れればすぐに認識します。これもなにげにすごいことですよ。

これは前述しましたが、パネル上でスクリプトを選択時はメニューが「ショートカット設定に追加する」になり、そのままスクリプトの設定画面に移行できます。




ショートカットキーの登録方法はチェックボタン+プルダウンから、より直感的な実際のショートカットキー押しに変わりました。これは同時に押しやすさ(にくさ)も確認できるので、素晴らしい実装だと思います。使えるキーもScriptkeyAiより格段に増えています。



スクリプトパネルから直接ファイルをFinder上に表示できるので、ちょっと内容を変更するとか、ラベルの色付けなどに重宝しますね。



また、ショートカット設定のスクリプト名をダブルクリックしてもFinderに表示が現れます。




あと、環境設定の登録フォルダのアイコンをダブルクリックすると、登録フォルダをFinderに表示します。


このようにSPAiはファイルへのアクセスが簡潔なので、ファイル探しに翻弄されることはありません。このUIの使いやすさは、ぜひとも本体のメーカーさんも見習って欲しいところです^^



●細かいところでは
・スクリプトはエイリアスでも動作します。わざわざ複製しなくてもよく、管理が楽になります。

・スクリプトのファイル名を変えても再登録は不要になりました。内部的な構造を変更したとのことです。

・ショートカットで運用する場合、パネルを表示しておく必要はありません。再表示する場合はDockから右クリックで再表示して下さい(ショートカットもあり)。

・設定ファイルはApplicationsupport内に保存されているので、クラッシュ時などに設定がリセットされません。また、バックアップを取っておくこともできます。


↑ショートカット編集画面左下から呼び出せます。



他にも沢山沢山、細かすぎて伝わらないけどわかる人には分かるすごい技術が盛り込まれているのですが、私がここで言うべき事でも無いので、わかる人はじっくり触ってみて驚いて下さい。

ということで、Illustratorにおけるスクリプトの使用をグッと楽にするソフトSPAiを使って、スクリプトをどんどん使い倒しましょう。 え?スクリプトを使ったこと無い? そんな方はSPAiを使うためにスクリプトを使って下さい(順番が逆とか言わない)!

冗談はさておき、標準でスクリプトが使いづらいのはIllustratorのシステム不備によるところもあるでしょう。その不備を埋めるソフトを独自で開発してしまったものかのさんはほんとにスゴイ。

開発中のやり取りの中で、技術的に無理っぽくてもなんとかする、要望+αの実装をする、切るところは潔く切るという判断が完璧すぎて惚れてしまいました^^

OSとIllustratorのバージョンが多岐にわたることから開発は相当苦労されたようです。このような素晴らしいものを開発していただいて、そして無償で配布していただいて心より感謝いたします。ものかのさん、ありがとうございます。

あ、最後になって申し訳ないのですが、これMac専用です。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


今回は応用編。とは言ったものの需要少なそう^^ ま、何かの参考になれば。

※QuickeysでやっていたものをKeyboard Maestroに置き換えてご紹介をしています。動作確認はしておりますが、間違いなどありましたらご指摘いただけると助かります。


●アクションでは作れないマクロを作る

Illustratorのアクションは目的の操作を記録できなかったり、記録したくないものまで記録してしまうものがあります。仕方がないので手動で、と諦める前にKeyboard Maestroを使ってみましょう。

前回は単発のショートカットの切り替えしか使いませんでしたが、あれはいわばサブ・ウエポン。ガンダムで言えば頭部バルカンです。

Keyboard Maestroは連続動作を記録・実行するほうがメイン・ウエポン、ビームライフルです。うまく活用すれば、アクションを超える自動化を構築でき、戦艦なみの作業を一撃で沈めることができる、かもしれません。

Keyboard Maestroは(キー設定済みの)アクションを実行させたり、スクリプトを噛ませることができるので、Keyboard Maestroが記録できなくてもアクションやスクリプトで対応できればセーフ。アプリケーションを跨ぐことだって可能です。

そう考えると、使えるアクション数はかなりのもの。前回「レゴのよう(私はダイヤブロック派でしたが^^)」と申しましたが、ほんとこれ。組み合わせ次第でいくらでも好きなものが作れちゃう。

↑Actionいっぱい


基礎知識として覚えておきたいのが、Keyboard MaestroとIllustratorアクションの違い。Keyboard Maestroはコマンドの内容ではなく、行った操作や指定のActionを記録・実行します。

例えば「command+C」を記録した場合、Illustratorアクションでは「コピーする」を記録しますが、Keyboard Maestroは「command+C」を記録します。

そう、あくまでも上っ面です。仮にコピーのショートカットがcommand+Cでなかったらコピーは出来ません。ここは重要なので意識してマクロを作成しましょう。


さて、今回はデモンストレーションとして、ダミーのテキストフレームに別ファイルのテキストを流し込んで各スタイルをかけてみます。

↑ダミーに流し込み+スタイル適用。あーありがちなお仕事。見づらいけど赤文字見出しが段落スタイル1、本文が段落スタイル2、最終行が段落スタイル3となっています


条件として、テキスト側は1ブロックの要素が、「合い番、段落1、段落2、段落3、アキ1行」で作成されていること。これは入力時に取り決めたり、データベースからの書き出しなら問題ないでしょう。支給データでも多少のガタツキは正規表現などで整えられますし。


↑きれいなテキスト。それだけで感動できる



Illustrator側は段落スタイルパネル位置とスタイル順序の固定。記録時と実行時で座標が変わらないようにします。事前にワークスペースを保存しておくとよいでしょう。

↑段落スタイルパネルは一度決めたら動かさない(少なくともマクロ作成、実行中は)。ワークスペースに記録しておけば動かしても同じ位置に戻せる



では、マクロを作っていきましょう。内容は、
・テキストエディタから3段落分コピーしてIllustratorへペースト。
・ペースト直後に段落スタイル3を適用。
・カーソルをフレーム先頭に置き、段落スタイル1を適用する。

でOKですね。

Illustratorでテキストフレーム内にカーソルを入れた状態にしてから、Keyboard Maestroで右下にあるRecordボタンを押してIllustratorに戻り、以下の操作を実行します。

↑右下にあるRecordボタンをクリックすると記録が始まります



1.    アプリケーションをJeditに切り替える。
2.    ↓キーを押す(カーソル移動)
3.    shift+option+↓を押す。(1段落選択のショートカット)
4.    shift+option+↓を押す。(1段落選択のショートカット)
5.    shift+option+↓を押す。(1段落選択のショートカット)
6.    shift+←を押す。(改行の選択解除)
7.    command+X(カット)。
9.    ↓を押す。(カーソル移動)
9.    ↓を押す。(カーソル移動)
10.    アプリケーションをIllustratorに切り替える。
11.    command+A(全選択)。
12.    command+V(ペースト)。
13.    段落スタイルパネルの段落スタイル3をクリック
14.    command+A(全選択)。
15.    ←を押す。(カーソル移動)
16.    段落スタイルパネルの段落スタイル1をクリック


記録を終了するとKeyboard Maestroのエディタに一連の動作が表示されます。この際アプリ切り替えのショートカットなど不要なものを消去します。

↑選んでDeleteで消せます


しかし、テストしてみると指定通りに動きません。

↑全部にスタイル3が当たってるし、テキストのカーソルが合い番前まで行ってない


本来ならテキストカット後にカーソルが次の合い番まで移動するはずなのにしていない。これはIllustratorへの切り替えが速すぎるのが原因なので、ここにPauseを挿入します。

↑各Actionはドラッグで挿入できる



次にペースト後のテキストに適切にスタイルが当たりません。これもペースト後、瞬時にスタイルクリックしているためうまく適用できていないようです。ここにもPauseを挿入しました。

↑optionドラッグで複製可能。直感的に編集できる


↑マクロの内容はこんな感じになります


これで流し込み&スタイル適用がワンタッチになりました。実際は、マクロ実行前に流し込むテキストフレームに段落スタイル2を適用します。


↑カーソルを入れてから設定したショートカットを押すだけで、流し込み+スタイル適用は終わり。(gifは2つ目まで)



実務では縦書きの混在もあると思います。縦書き用はマクロを複製して、Illustratorコピペ後全選択後の←を↑に変更してHotkeyを別に設定します。

このように決まった複数操作をマクロ化してしまえば、物理的な手さばきもいらず、作業の抜け、コマンドの選択ミスも起こりません。似たような案件ならちょっとした改変で流用できます。

一応お断りしておきますが、みんなでコレやろぜーとかは思っておりません。デモはあくまでもデモ、こんなことができますよってことです。

Keyboard MaestroやQuickeysは、今まで強化作戦で紹介してきた「○○ができるプラグイン・スクリプト」と違い、強化用アイテムであると同時にジェネレーターです。

アイデアや仕事の内容によって、便利度ががらりと変わる面白いユーティリティーですよ。


※前記事のアップ後に知ったのですが、私がアクションでヒイコラやってた「移動」を、三階ラボさんはスクリプトで対処していますね。

そうか、スクリプト組める人はKeyboard Maestroの特性を踏まえて作れるので、スマートにそして上のレベルで闘えるのか。すごいなぁ。













AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バーバパパの作者、タラス・テイラーさんのご冥福をお祈りします。


DTPにとってのアプリケーションは、アナログでいう定規やカッターと同じ「作るための道具」です。

昔は定規のウラに一円玉を貼ってインクが滲まないよう工夫していましたが、道具を作業内容に合わせて最適化すれば、効率が上げたりミスを防いだりできます。

最適化は自分が既製品にあわせるのでなく、既製品を自分にあわせる方が自然ですよね。

しかし、Illustratorには作れないショートカットやアクションに記録できないものが沢山あり、カスタマイズしにくい。

柔軟性のないルールに従っていたのでは、知らぬうちに余計な作業を強いられていることもあるのです。そこで、思い切って決められたルールを破ってしまいましょう。

さて、以前からこのようなケースではQuickeysを薦めてまいりましたが、まあ、最近Quickeysもアレなので、今回は似た機能を持ったユーティリティソフト「Keyboard Maestro」をご紹介します。ざっと触ってみたところ、細かい違いはあれど機能は完全にカブってます。



まあ、できればどちらでもいいんです。のび太の孫がセワシなら途中は何でも良いのといっしょ^^。でもやっぱり個人的にはQuickeys派です。
※ちなみに両方ともMac専用です。winユーザーさんゴメンナサイ。


というわけで、「Illustrator操作をユーティリティソフトで強化する」というテーマで進めたいと思いますが、まずは予備知識としてKeyboard Maestroの概念に触れておきます。

Keyboard Maestroとはマクロを作ってトリガーによって実行するユーティリティソフトです。え、わからん?

では、3flab inc.さんの説明をご覧ください。すごくわかりやすいです(いつもの他力本願)。

マクロの作成はプリセットからActionをコツコツドラッグして構築できます。

これはこれでレゴブロックのようで楽しいのですが、操作を一度Recordで記録して、追加・削除して調整する方が簡単です。


↑操作を記録できる


↑記録したものを編集できる


これってどこかで見たことありませんか? そう、概念はIllustrator標準の「アクション」と似ています。




各ActionはKeyboard Maestroエディタで項目の入れ替えや追加・削除、パラメータの変更などを直感的に行えます。


エディタのカラム左はグループで、マクロの適用範囲を限定します。設定できるアプリケーションは1つだけでなく、CS5とCS6をグループにしてマクロを共有することも可能です。

↑個別に作るの面倒なときなどは共用してしまうのもひとつの手



ただし、パネルの位置指定やメニューコマンドは位置や名称変更などにより、共有してもうまく作動しないものもあるので注意しましょう。

カラム真ん中はタイプ、マクロ名、トリガーの表示です。タイプは内容に合わせて自動的にアイコンが変わるので探すときの目安にしましょう。

↑カラム真ん中に作成したマクロが一覧表示されます



エディタの右側がトリガーとActionの詳細です。トリガーは各種ありますが、ショートカットをあてるならHotkeyで設定します。

↑いっぱいあるけど、ショートカット割り当てはこれ


↑カラム右側にマクロの内容=Actionが表示されます。Actionの内容はここで編集できます。



各Actionの編集は、ドラッグ、コピペ、消去などで直感的に行えます。

Actionの編集に入ると左側の表示が変わり、カテゴリー別に項目を選べるようになります。これらはドラッグで追加することもできます。項目が多いので、よく使う物はfavoritesに入れておきましょう。

また前述しましたが、Recordで記録して編集すると、categoryを意識しなくて済むので簡単です。

このようにActionを組み合わせてマクロを作成し、ショートカットを当てておけばいいろな操作をショートカット一発に置き換えられます。

というわけで、前置きが長くなりましたが、Keyboard MaestroでIllustratorの操作を強化する使用例(基礎編)をご紹介しましょう。


●キーボードショートカットに好きなキーを使う

例えば、複数の同色オブジェクトを選ぶ場合、個別に選択するよりもメニューから「選択>共通>カラー(塗り)」を選べば1発で選択できます。

↑ムラサキのオブジェクトだけ選択したい


しかし、このコマンドを選ぶためには数回のカーソルの移動とクリックが必要です。これをショートカット化してしまえばワンタッチで瞬時に実行できますね。


↑メニューから選べるけど回りくどい。2色選択で約8秒。マウス慣れしていればもうちょい早いかも


さて、ショートカット化ですが、Illustratorはショートカットにcontrolキーが使えません。他にもいろいろ制限があり、好きなキーへの割り当てがかなり制限されます。

↑メニューコマンドはcommandキーかファンクションキー併用を義務づけ



これを逆手にとって選択=「command+control+○○」というルールを作り、
同一の塗り「command+control+N(塗りの頭文字)」、
同一の線「command+control+S(線の頭文字)」
などとしてしまえば、覚えやすいしIllustratorで設定されたキーとバッティングしません。





↑こっちは約2秒。作業の負担も激減


ショートカット選択の自由アハハン。



●ショートカットを追加する

Illustratorのショートカットは一つのコマンドに1つです。1つ入れると前のものははじき出されます。なぜに!? InDesignやPhotoshopは普通に複数適用できるのに。

そこで、ユーティリティで元のショートカットを変更せずに、自分の使いやすいショートカットを「追加」してみましょう。

テキスト左揃えのショートカットは「command+shift+L(Left)」ですが、左がLとか直感でわかりにくいし、文字の揃えごときにわざわざマウスを離して両手を使うのもとってもイヤです(慣れですけど^^)。

そこで、覚えやすく押しやすいショートカットを作ってしまいましょう。

まず、Type a Keystrokeを使って
command+shift+Lをcontrol+Qに
設定します。



↑Actionで設定した項目がHotkeyで実行される


次に
command+shift+Cをcontrol+Wに、
command+shift+Rをcontrol+Eにすると、
QWEが左中右と直感的な並びになるうえ、左手だけで操作可能になります。




Keyboard Maestroではキーのエイリアスを作成しただけなので、元のショートカットも使えます。


Hotkeyで設定したショートカットを押すとActionが実行されています



●標準でショートカット化出来ないものをショートカット化する

「整列」はレイアウト作業では頻度が高いと思われますが、メニューコマンドにありません。そのためショートカット化はできず、整列パネルのアイコンをクリックするしかありません。


左揃えはパネルのアイコンをクリックするしかない



整列するものが複数あるときは選択やクリックの繰り返しになるのでとても効率が悪い。そこで、これもショートカット化してしまいましょう。

ただし、Keyboard Maestroにおけるパネルのクリック操作は座標で記憶するため、パネルが閉じられていたり、位置が変わっていると誤作動するためなるべく避けた方が良いでしょう。

そこで、まず整列をアクション化します。




アクションにもショートカットはありますが、ファンクションキーとcommand、shiftの組み合わせでしか作れないので、覚えづらいし押しにくいです。




そこで、アクションで指定したショートカットをType a Keystrokeを使って好きなキーに変更します。どうせKeyboard Maestroで変更してしまうので、アクションの方は普段は間違っても押さないような複雑なキーを割り当てておくと良いでしょう。




右揃えはcontrol+→、
左揃えはcontrol+←、
上揃えはcontrol+↑、
下揃えはcontrol+↓
などにしておくと、覚えやすく直感的に操作できます。


直感的に素早く整列できるようになりました


というわけで、今回はIllustrator標準では出来ない操作環境をユーティリティで強化してみました。

このような使い方ならば、Keyboard Maestroを無効にするだけで操作は標準に戻せます(整列アクションのショートカットは残ってしまいますが、誤作動しないように設定しています)。

外部ソフトをインストールしたり、そもそも相性もあるので人を選ぶ強化策ではありますが、一度試してみると世界が変わるかもしれません。

つづく

※この記事は以前書いた記事を一部抜粋・編集・新規分を加えて再構成し、ぐちゅぐちゅぺっしたものです。前にも聞いたよというクレームは受け付けません^^









AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。