犬のしつけ、問題行動解決、本当の幸せへの道

犬のしつけ、問題行動解決法を書いています。
犬の問題行動は、必ず原因があります。
犬の問題行動を直したいなら、見てください。


テーマ:

こんにちは!(゜ρ゜)

 

 

 

 

インターネットで「犬のしつけ方」を調べると、ほめてしつける方法で
にぎわっています。

基本的に犬のしつけは、ほめることです。

では間違った行動をしたときに叱るあるいは体罰を加える事は、
どうして良くないのでしょうか?


犬は潜在的にマゾヒストな性格を持っていますから、
群れから無視されるよりは誰かに注目して欲しいと
常に思っています。


つまりわざとイタズラをしてでも自分に関心を持って欲しいと
思ってるんですね。


しかし命に関わるような危険な状況では、
叱ることも必要です。

落ちているものを食べようとしたり、
電気コードを噛もうとしたり
道路を一人で渡ろうとしたり
などですね。



しかし、絶対に体罰を加えたり叱ったりしては
いけない時期があります。



普段の生活で犬と深い関わりがあるヨーロッパでの研究によると、
生後7~10週は恐怖の観念が刷り込まれやすい時期だそうです。

この時期に恐怖を覚えると、その体験が一生心に残ることになりやすく、
おびえた性格の犬に成長してしまうこともあります。

家族が大好きなのに、その一方では恐怖を感じているのですから
精神的に不安定な状態が一生続くわけですね。



生後7週目というと、
ちょうど子犬を迎える時期にあたりますね。


子犬を迎えてから2~3週間程度は非常にデリケートな時期ですから
しつけにも気をつけなければなりません。

このデリケートな時期に一番難しいトイレのしつけを
することになりますから大変です。

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では
子供が犬に触り過ぎないように注意する必要もあります。





ホメるのにもタイミングが大切です。

「座れ」のしつけを例に取ると、
子犬がオシリをつく瞬間に「座れ」と言ってほめてあげることです。

「何だか分からないけど、
 座れって聞こえたときに
 オシリを床につけたらホメられた。
 これはいいことなんだ。」

と覚えてもらうのが理想的です。


難しいですね(笑)。


でも何回もやっていれば覚えてくれますから、
あまり神経質になることもないでしょう。

一番いけないのは、何度やっても覚えてくれないからって
不機嫌になったり、叱ったり、大きな声を出すことです。


子犬はどうしてご主人の機嫌が悪くなったのか
理解できないので不安になります。


今は立派なことを書いているわたしも、
「ビー」のしつけでは本当に悩みました。

「頭の悪い子犬じゃないの?」って(笑)。


でも時間をかけて覚えてもらうしかないんですね。

 

 

私のおすすめはこちらです!↓↓

    

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。