リーダーズ式 合格コーチ 2017

「アタマ」と「こころ」を元気にする経営を科学する!リーダーズ総合事務所・リーダーズ総合研究所代表(中小企業診断士・社会保険労務士・行政書士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラー・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種・FP)コンセプトは人と人の「つながり」


テーマ:

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

1 フォロー講義

 

いよいよ、講義は、行政不服審査法へ

 

皆さんもご存じの通り、昨年の本試験より、行政不服審査法は、改正行政不服審査法からの

出題となっています。

 

昨年の本試験では、3問ともに、改正部分が直球で問われています。

 

①再調査の請求

②審理員制度

③裁決

 

特定行政書士の制度が動いており、今年も、改正部分が直球で問われる可能性が高いですか

ら、昨年出題されていない改正部分については、要注意です。

 

行政法は、行政書士試験の中でも最重要科目であり、かつ、行政法での得点が、そのまま合否

に直結していきます。

 

このような合否を占う重要な科目である行政法で、高得点を取るためにも、まずは、改正行政不

服審査法の「フレームワーク」を、きちんと掴んでほしいと思います。

 

フレームワーク思考

 

行政不服審査法は、行政手続法や行政事件訴訟法との比較の視点から勉強していくと、その

ツボが掴めるのではないかと思います。

 

2 復習のポイント

 

① 行政不服審査法(1)

 

まずは、パワーポイント(第17章行政上の救済手続⑥)、総整理ノートp100で、行政不服申立て

と取消訴訟の「関係」について、知識を整理しておいてください。

 

行政法を学習する上で最も重要なことは、行政法の「全体構造」(フレームワーク)と「関係」をし

っかりと押さえることだと思います。

 

フレームワーク思考

 

最初から、細かい知識を学習するのではなく、「森から木、木から枝、枝から葉」という体系的な

学習を行ってみてください。

 

本試験の問題も、細かい知識を問う問題ではなく、「フレームワーク」や「関係」といった大きな「

視点」を問う問題が数多く出題されています。

 

このような本試験問題の「特質」に気が付くと、行政法の学習法も変わり、その結果として、行政

法で高得点が取れるようになるはずです。

 

また、パワーポイント(第17章行政上の救済手続②③)、行政法p232以下で、行政不服審査法

の改正のポイントをしっかりとアタマに入れてみてください。

 

次に、パワーポイント(第17章行政上の救済手続⑥⑦⑧)、総整理ノートp102、p137、p141以下

で、不服申立ての種類について、知識を整理してみてください。

 

今回の改正は、原則となる不服申立ての種類を審査請求に一本化しましたが、例外として、再

調査の請求と再審査請求があります。

 

再調査の請求については、審査請求との関係、再審査請求については、取消訴訟との関係をき

ちんと整理しておいてください。

 

昨年は、再調査の請求が大問で出題されていますので、今年は、このテーマからは、二重前置

が全廃された、再審査請求が要注意です。

 

最後に、行政法p235以下、総整理ノートp106以下で、審査請求の要件について、「要件→効果」

という「フレームワーク」で知識を整理しておいてください。

 

「要件→効果」という「フレームワーク」は、行政法でも、民法・商法等の学習でも共通ですし、知

識の検索をするために効果的なツールです。

 

不服申立ての要件は、取消訴訟の要件とも関連していますので、両者を比較しながら知識を整

理してみてください。

 

行政不服審査法の問題は、条文中心の出題となっていますから、「直前1か月前プログラム」に

は、条文の確認作業を必ず入れておいてください。

 

② 行政不服審査法(2)

 

まずは、総整理ノートp113以下で、審理員について、①指名(除斥事由)、②権限、③適用除外

の視点から知識を整理しておいてください。

 

審理員については、昨年、大問で出題されていますが、審理員は、他のテーマとも関連していま

すので、今年も、なお要注意です。

 

次は、パワーポイント(第17章行政上の救済手続⑬⑭)で、総整理ノートp108以下で、審査請求

の審理の流れの「フレームワーク」をアタマの中に作った上で、各条文の知識を整理しておいて

ください。

 

森から木、木から枝、枝から葉へ

 

昨年は、審査請求の審理手続を直球で問う問題は出題されていませんので、改正部分には、

特に注意をしておいてください。

 

講義の中でもお話したように、

 

特定行政書士になると、不服申立ての代理人となることができますので、代理人として、代理

業務を行う際に、どのようなツールが使えるのかという「視点」から、最終的には、条文の読み

込みをしてほしいと思います。

 

最後に、総整理ノートp131以下で、行政不服審査会について、①設置・組織、②諮問(原則・例

外)、③審理の視点から知識を整理しておいてください。

 

審査請求の審理手続の中で、今回の改正によって大きく変わったのが、審理員と行政不服審

査会の2つです。

 

ともに、審理の公正性を担保するための制度ですから、目的条文と関連付けながら、その位置

づけをきちんと理解してみてください。

 

③ 行政不服審査法(3)

 

まずは、総整理ノートp125以下で、審査請求の裁決について、処分・事実行為・不作為に分け

て、条文知識を整理しておいてください。

 

処分(申請拒否処分)についての審査請求の認容裁決、不作為についての審査請求の認容裁

決については、申請型義務付け訴訟を参照にした、一定の処分をする措置をとる旨が規定され

ていますので、要注意です。

 

講義中にもお話したように、審査請求の裁決については、頻出していますので、この改正部分を

直球で聞かれても大丈夫なように、総整理ノートp130の図表で知識を整理しておいてください。

 

もっとも、審査請求の裁決については、昨年、大問で出題されています。

 

次に、パワーポイント(第17章行政上の救済手続⑲」)、総整理ノートp122以下で、執行停止に

ついて、行政事件訴訟法の執行停止と比較しながら、知識を整理しておいてください。

 

執行停止については、最終的には、総整理ノートp189の図表で、行政不服審査法と行政事件

訴訟法の比較の視点から、知識を整理しておく必要があります。

 

最後に、総整理ノートp144以下で、教示制度と教示の懈怠・誤りについて、総整理ノートp191の

図表で、行政事件訴訟法の教示制度と比較しながら、知識を整理しておいてください。

 

知識と知識の「つながり」

 

≪民行チャレンジ模試(無料)≫

 

6月30日(金)~

辰已法律研究所各本校及び通信にて

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

合格コーチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。