リーダーズ式 合格コーチ 2017

「アタマ」と「こころ」を元気にする経営を科学する!リーダーズ総合事務所・リーダーズ総合研究所代表(中小企業診断士・社会保険労務士・行政書士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラー・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種・FP)コンセプトは人と人の「つながり」


テーマ:

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

1 フォロー講義

 

合格スタンダード講座行政法も、行政法総論が終わり、行政手続法に入ってきました。

 

この行政手続法と、次に学習する、行政不服審査法は、基本的には、条文知識を問う問題が

中心ですから、条文学習が基本になってきます。

 

もっとも、講義の中でもお話したように、ただ条文を何回も素読しても、なかなか得点すること

ができないのかもしれません。

 

その意味で、行政手続法と行政不服審査法については、過去問を使って、各条文が、どのよ

うに問われているのか、条文の出題の「ツボ」を掴んでいくことが必要です。

 

条文の出題の「ツボ」が掴めれば、条文を読み込む際の「着眼点」も見えてきますから、条文

を戦略的に読み込めるようになるはずです。

 

本試験(択一式)では、行政手続法が3問、行政不服審査法が3問出題されますので、是非、

全問正解してほしいと思います。

 

ちなみに、昨年は、6問中5問が、Aランク(正答率60%以上)でした.。

 

2 復習のポイント

 

① 行政手続法(1)

 

まずは、テキストp102以下で、行政手続法の対象について、定義に注意しながら、知識を整

理しておいてください。

 

講義中に、過去問を検討したように、行政手続法は、何年か置きに、単純な定義問題が出題

されますが、受験生の出来は、あまりよくありません・・・

 

こういう定義問題で間違えるのは、勿体ないですから、いつもお話しているように、①定義→

②分類→③グルーピングの視点から、きちんと記憶の作業をしておいてください。

 

次に、テキストp107の図表で、条例等の基づく処分等の適用除外について、図表と過去問を

照合させながら、問題の解き方をマスターしておいてください。

 

最後に、テキストp109以下で、申請に対する処分について、過去問で問われている出題の「ツ

ボ」をアタマに入れながら、条文の知識を整理しておいてください。

 

② 行政手続法(2)

 

まずは、テキストp117以下で、聴聞と弁明手続に共通する手続について、申請に対する処分

と比較しながら、条文の知識を整理しておいてください。

 

処分基準と審査基準は、比較の視点からの出題が多くなっています。

 

次に、テキストp120以下で、聴聞と弁明手続の振り分けについて、行政手続法13条の条文の

構造をよく理解しておいてください。

 

最後に、テキストp126の図解を使って、聴聞手続について、そのプロセスに沿って、もう一度、

条文のポイントを掴んでみてください。

 

講義の中でもお話したように、行政書士には、聴聞代理権がありますので、代理人なった場合

を想定して、条文を読み直してみてください。

 

③ 行政手続法(3)

 

まずは、テキストp133の図表で、意見公募手続の対象となる「命令」について、行政立法の分

類論の視点から、分類できるようにしておいてください。

 

意見公募手続は、行政法総論で学習した、行政立法の策定手続ですから、行政立法とリンク

させながら、知識を整理してみてください。

 

知識と知識の「つながり」

 

次に、テキストp134の図解で、意見公募手続について、そのそのプロセスに沿って、もう一度、

条文のポイントを掴んでみてください。

 

意見公募手続は、3~4年サイクルで出題されているテーマですが、4問の過去問を分析すれ

ば、どの部分がよく問われているか、その出題の「ツボ」が見えてくるはずです。

 

≪民行チャレンジ模試(無料)≫

 

6月30日(金)~

辰已法律研究所各本校及び通信にて

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

合格コーチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。