リーダーズ式 合格コーチ 2016

「アタマ」と「こころ」を元気にする経営を科学する!リーダーズ総合事務所・リーダーズ総合研究所代表(中小企業診断士・社会保険労務士・行政書士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラー・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種・FP)コンセプトは人と人の「つながり」


テーマ:



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


1 フォロー講義


基本書フレームワーク講座☆民法も、基本民法Ⅱの半分位まで進み、復習の方も

だいぶ溜まってきたころではないでしょうか。


とにかく、民法は、学習量が他の科目に比べて多いので、メリハリを付けて復習を

していく必要があります。


基本書フレームワーク講座では、


講義中に、パーフェクト過去問を検討していますが、その際、各テーマごとに、出題

サイクル及び今年度の出題可能性についてもお話しています。


復習するときも、


マイナーテーマで、かつ、昨年あるいは一昨年大問で出題されているテーマについ

ては、とりあえず置いておき、後でざっくりと復習をしてみてください。


復習の優先順位を付ける!


逆に、メジャーテーマで、かつ、最近出題されていないテーマについては、出題パタ

ーンを、きちんと「アタマ」の中に入れて必要があります。


今までの講義の中で取り上げた主な頻出出題パターンは、以下のようなものがあ

ります。


① 制限行為能力者(静的安全と動的安全)パターン

② 契約キャンセルパターン(取消・無効・解除)

③ 無権代理パターン

④ 物権(モノ)と債権(カネ)比較パターン

⑤ 不動産物権変動パターン

⑥ 動産物権変動パターン

⑦ 共有(内部者・外部者)パターン

⑧ 特定物の全部滅失パターン

⑨ 他人物売買(無権利者から○○を譲り受けた者の保護)パターン

⑩ 不法占拠者排除パターンなど


この後も、頻出出題パターンは、まだまだ沢山出てきます。


このように、行政書士試験及び他資格試験の本試験で頻出している出題パターン

については、パーフェクト過去問を使って、なるべく早めに問題の処理マニュアルを

確立しておく必要があります。


処理マニュアルの確立


復習するときも、パーフェクト過去問集→総整理ノートの視点で、是非、出題パター

ンの処理マニュアルをアタマの中に入れていってください。


2 復習のポイント


① 解除(1)


まずは、パワーポイント「UNIT5-①」で、解除の全体構造を把握した上で、狭義の

解除と合意解除の違いを確認しておいてください。


知識を整理→記憶する上でも、全体構造の「フレームワーク」を使って、常に、そ

こから知識を検索していけるようになると、知識が「使える化」していくはずです。


知識の「使える化」☆


なお、行政書士試験においても、狭義の解除と合意解除の相違点を問う問題は、

頻出している重要テーマですので、次回、パーファクト過去問で検討していきます。


次に、総整理ノートp189で、(履行遅滞)解除の要件と効果をしっかりと理解して、

なるべく早いうちに記憶しておいてください。


債務不履行があった場合、債権者の取り得る手段として、①履行強制、②損害賠

償請求、③解除の3つがあります。


解除は、民法の各制度の中でも重要な制度ですので、取消しや無効と「比較」しな

がら、知識をよく整理しておいてください。


最後に、基本民法Ⅱp62以下で、解除の効果について、当事者と対第三者とに区

別して、知識を整理しておいてください。


② 解除(2)


まずは、パワーポイント「UNIT5-②」で、解除前の第三者と解除後の第三者の保護

について、主観と登記の「視点」から、知識を整理してみてください。


判例は、解除前の第三者の事例では、遡及効を貫徹していますが、解除後の第三

者の事例では、遡及効を無視して、復帰的物権変動なる概念を作り出しています。


なお、講義中に書画カメラで写したパワーポイントのスライドが、A→B→Cになって

いましたが、お手数ですが、X→Y→Zに直しておいてください。


次に、パワーポイント「UNIT5-③」で、詐欺取消前の第三者と解除前の第三者の事

例を、主と登記の「視点」から比較して、パーフェクト過去問集問題30で、知識を整理

しておいてください。


大学教授の書かれた「基本書」を使っていくのには、 問題作成者の「視点」から基

本を「理解」するとともに、問題作成者の「視点」から本試験の出題を「予想」すると

いう意味もあります。


問題作成者との「対話」


受講生の皆さんも、是非、問題作成者との「対話」を楽しんでみてください!


最後に、パワーポイント「UNIT5-④」で、契約をキャンセル方法として、取消し、無効、

解除を比較しながら、横断的に整理してみてください。


③ 賃貸借契約(1)


まずは、総整理ノートp92で、地上権と賃貸借との相違点について、物権と債権との

比較の「視点」から、知識を整理してみてください。


民法は、類似の制度が数多く登場しますが、細かな「葉」の違いを見る前に、まずは、

大きな「森」の違いを押さえるようにしてみてください。


森から木、木から枝、枝から葉へ


また、パワーポイント「UNIT5-⑪」、総整理ノートp208で、賃貸借の対抗力について、

民法→借地借家法という「視点」から知識を整理しておいてください。


次に、パワーポイント「UNIT5-⑤」、総整理ノートp204で、賃貸人及び賃借人が移転

した場合の敷金返還義務の承継について、結論を確認しておいてください。


民法は、事例の「類型化」がきちんと出来ないと、答えが逆になってしまうことが多々

ありますので、図解をしながら「類型化」の練習も行ってみてください。


事例の「類型化」☆


なお、講義中にお話したように、関東と関西では、賃貸借契約に伴う初期費用のシ

ステムが異なりますので、下記のサイトをご参照ください。

   ↓

http://suumo.jp/journal/2015/09/04/96801/

最後に、総整理ノートp202以下で、賃貸借契約の終了について、各終了事由ごとに、

知識を整理しておいてください。


特に、本試験では、債務不履行解除と合意解除の比較の問題が頻出していますの

で、次回、譲渡・転貸のところで、詳しくみていきます。



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。