なるほど!いいボウフラ対策だね!という動画がありましたので



紹介させていただきます。





毎年お庭の水にボウフラがわいて大変という方いらっしゃいませんか?





そんな方におすすめなのがメダカ!





ボウフラを食べてくれるのでボウフラがわかなくなるんです。



生育など大変かもしれませんが、



ペットを飼う検討をされている方にはいいかもしれません。





では、メダカを入れるとボウフラはどうなるのか!



動画をどうぞ!!

AD

スマホって電池が取り出せないタイプ多いから電池の寿命がきになりますよね。


1日1回充電すると、


1年5ヶ月弱でバッテリーが満充電でも


半分しか溜まっていない状態になるがあるそうです。



そんなスマホ電池を少しでも長持ちさせるためには


1、なるべく涼しい場所で充電

2、リチウムイオン電池は、充電と放電を適度に行うことも寿命を延ばす上では重要!

  満タンを常にキープは電池を劣化させる


簡単にできるものとしてはこんな感じ。




ちなみに電池の寿命は、


新品の時と比較して半分程度の時間しか使えなくなったら、


寿命に到達してしまったと考えて電池の交換を検討考えるといいようです。

AD

ジャパニーズウイスキーってご存知ですか?



実は日本のウイスキーは5大ウイスキーの一つの産地として知られています。




1918年にスコットランドに留学した竹鶴政孝によってスコッチ・ウイスキーの
伝統的製法が持ち帰られたことがきっかけのようです。




竹鶴は壽屋(現サントリー)に在籍。


1923年開設の山崎蒸溜所の初代所長となり、
のちにニッカウヰスキーを創業します。



日本には蒸留所がこんなにあります!(見づらくてすいません笑。)


蒸留所



次はジャパニーズウイスキーの歴史・蒸留所・銘柄など書いていきます。




AD

スコッチウイスキーってご存知ですか?


英国スコットランドで造られるウイスキーをスコッチ・ウイスキーと呼ばれます。



スコットランド



特徴は仕込みの際に、泥炭(ピート)で麦芽を燻蒸すること。



これにより独特の香気(スモーキー・フレーバー)があるのが特徴です。



*特にスコッチの中でもアイラ・モルトはスモーキーで有名



次はスコッチの歴史・蒸留所・銘柄など続けていきます!

カナディアンウイスキーってご存知ですか?


名前の通り、カナダ原産のウイスキーです。



トウモロコシを主原料とするベース・ウイスキーで、

ライ麦を主原料とするフレーバリング・ウイスキーをブレンドして作られます。



アイリッシュ・ウイスキーより更におとなしい風味である傾向があります。



一方で、少数だがスコッチスタイルのウイスキーも生産されているそうです。




次はカナディアンウイスキーの歴史、蒸留所、銘柄の紹介をしていきますね(・∀・)