毎日の中で

テーマ:

会社から期待されて、評価もされている。
頭脳明晰だし、生活環境も恵まれている。
私からみたら何一つ不自由がなくて、
きっと彼女を羨む人も沢山いるであろう
そんな友達がずっと何年も
暗い顔をして悶々とした毎日を過ごしているから
いつも何かしてあげられることはないかなって思ってきた。

彼女は彼女なりに環境を変えようとしていたけど
先日行った占いのようなところで、
「問題はそこではないでしょ。」と言われたんだそう。
ストレスを解消するのが下手だから、今は身体的に少しだけ弱い部分も、
このままいけば何年か先には大きな病気になると言われたんだそう。


その日のお昼、先に食事をとっていた私は 食事の前に思いめぐらしていたのだけど
こうして平和に、いつも決まった時間に、自分の好きな食事をとれること。
もしかしたら ひとつひとつの事が当たり前ではないこと、
この平和は自分がつかみ取ったものではなく与えられているということ、
そしてそれは、それを得られない人にとっては奇跡の様であること。
それに気付くことができたら 本当に心から感謝して
今の自分がどれだけ幸せなのかって涙が出るくらいに感動する。
そして そうして癒されていくんだなって。

だからストレスの解消に直接繋がるかはわからないけど、
毎日感謝するのはいいのかもね、と話してみた。


友達は仕事が忙しくて余裕がなくなっていて、つい親にキツい事を言ってしまう
そんな自分がすごく嫌でまたストレスになるとも言っていた。
占いでは時間がなくてそんなに話題に上らなかったけど、
最後に「あなたもわかっていると思いますけど、
あなたのお母さんは本当にすごい人ですよ。」と言われたんだそう。

最近年をとって疲れている母親ばかり目にする彼女は、
母親の凄いところをはっきりとイメージ出来なかったようだけど、
きっと振り返ってみれば思い出せるんじゃないかと思う。

キツいこと言って傷つけても、それでも赦されているんだよ。って私は言った。
親ってそういうもの。
この競争だらけの世界の中で、唯一
自分のことのように私の幸せを一緒に喜んでくれる人。
私の悲しみを自分のことのように深く悲しんで、心配してくれる人。

それって本当に奇跡みたいなもんだと思う。
創世記の神様が人間をつくったシーンを思い出した。
「さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。」


人は往々にして 自分が手にしているものはそれが当たり前で、
特にありがた味なんか感じずに毎日を生きている。

だけど、この国に生まれてきたこと、この仕事を得られたこと
特技やセンス、全て自分で勝ち取ったものだろうか。
振り返れば、今自分が当たり前に感じていることは、
与えられているものばかりだということに気付く。

私たちはどう毎日を生きるべきなのか。
なにを心に抱いて歩むべきなのか。
そしてそれによって私たちはどう両親や友人、社会に接していくべきなのか。

色んなことを考えながら、改めてこの奇跡なようなできごとに
深く感謝したのでした。

なおこ






AD

おつかれ

テーマ:
今日は重要ミッションが完了した。

詳細は言えないけれど、
今日は会社で仕事しているのと変わらない時間
続けた。。♪2♪2♪2

でも本当に、最後には大きな感動があり、よい一日だった。
喉もダメージを受けていないし。

考えたら、会社も今本当に忙しいときで、
怖くて休みなんて取れない状況だったけど
ひと月前からスケジュールが組まれ、
終わってみたらまさにここでしか休めないような
完璧なスケジュール!!!!!

いろいろ守られている感じがしたのでした。

さあさ 明日からはまた会社でがんばらなくては。

会社の人たちは私がゆっくりリフレッシュしてると思っているんだろうな。。
心はたしかに リフレッシュしたかもしれんけど。

金曜日が待ち遠しいわ。

自分におつかれさまクマLOVE

AD