☆過去の記事INDEX 2008年~2010年☆
1:神戸系エレガンス?2:はじまりはいつも・・・。3:密約。4:はじめての・・・。5:間口と奥行き。6:恩人。7:フルスロットル!8:嬉しくないオマケ。9:絶頂期!10:何かが変??
11:まさかの戦力外??12:決断。13:X(エックス)デー。14:セカンドシーズン突入!15:大事件!16:新たな展開。17:「看板」の重み。18:アラサー?19:ファッション誌の裏話・・。
20:エコな展示会!?21:化けの皮。22:七人の侍?23:着々。24:さすがプロ!!25:いよいよ!26:バーゲンの裏話・・。27:服の価格の裏話・・。28:終焉。29:トレンドの裏話・・。
30:最高の仕掛け。31:最後の仕事。32:エ?イスト外伝・・。33:助っ人!?34:独り言・・。
35:助っ人!?vol.Ⅱ36:ダークサイド。37:OEMの裏話・・。38:「デザイナー」のお話・・。
39:忙しいです・・。40:試着販売のホントの話・・。41:2度目の挑戦・・。42:「隔靴掻痒」・・。
43:「産地」のお話・・。44:何やらザワザワ・・。45:「怪獣」・・。46:さよならTOKYO・・。

47:更新しましたYO!!  |48:アイムビズィーナウッ!  |49:「狭い業界内転職」の裏話・・。

50:会社の作り方~公証人編~51:会社の作り方~法務局編~

52:新年明けました!  |53:気を付けなはれやっ!  |54:編み物ブーム?  |55:BMI・・・。

56:祝「Twitter」・・?  |57:展示会レポート!!~WAVE International編~  |58:最近思ふこと・・。

59:春新作アップ!  |60:インポート業界のお話。と、キャラクタービジネスのお話・・vol.1

61:インポート業界のお話。と、キャラクタービジネスのお話・・vol.1.5  |62:twitterとRadiko・・。

63:ただいま戻りましたっ!!  |64:今日の「Clumsy」・・・vol.1  |65:今日の「Clumsy」・・・vol.2

66:準備完了~?  |67:つ、ついにオープンです!(涙)  |68:ウチのSPM・・・。  

69:「もう一つの夢」決定!・・・。  |70:「もう一つの夢」決定・・の続き!  

71:インポート業界のお話。と、キャラクタービジネスのお話・・vol.2

72:インポート業界のお話。と、キャラクタービジネスのお話・・vol.2.5

☆アメブロにお引越し後♪・・☆

73:★おしらせ★74:反省・・・ブログ再開します!たぶん・・・  |75:ビジネスで「親」になる・・・。

76:工場へGO!!  |77:Merry X'mas~!!  

78:インポート業界のお話。と、キャラクタービジネスのお話・・vol.3

79:インポート業界のお話。と、キャラクタービジネスのお話・・vol.4

2011年~のINDEXはコチラ☆随時更新中!



お仕事のご依頼・お問い合わせはコチラ

株式会社ジョイジッパー
〒151-0066
東京都渋谷区西原3-7-5ミタニビル1F
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-11 12:08:05

インスタだって使い方次第♪

テーマ:◆インフルエンサーPR

はいはい(^-^)/



今、最も勢いのある

ソーシャルメディアと言えば

ご存知「Instagram(インスタグラム)」ですよね。



皆さんも

ご利用されているかと思います。



ちなみに・・

全世界では

MAU(月間アクティブユーザー)が4億人



日本国内では

過去1年間で倍増の

920万人(MAU)と言われています。






国内でのユーザー構成は・・



・男女別: 女性65%、男性35%

・年齢別: 18~24歳33%、25~34歳38%がボリュームゾーン

・1日当たりのいいね!: 4,100万回



・・・とまあ

成長著しい「Instagram」な訳ですが、



一朝一夕で成功しないのは

他のソーシャルメディアと同じですね。



ユーザーの急激な増加に伴い

最近では企業やブランドの

公式アカウントも増え、



「Instagram」を絡めた

キャンペーンやプロモーションを

よく見かけるようになりましたが、



公式アカウントを開設したものの

「フォロワー数が全然伸びない!」

「いまいち上手く活用できてない!」


と、お悩みの企業や

ブランド担当者も

多くいらっしゃいます。



なかなか上手くいかないので

「そもそも企業やブランドがInstagramをやる意味があるのか?」

「オフィシャルWEBサイトとFacebookがあれば十分なんじゃ?」



という疑問さえ沸いている事と

お察しいたします(笑)



実際のところ

「Instagram」には

どれほどのポテンシャルがあるのでしょうか?



ちなみに現時点で

個人のフォロワー数トップ3は

以下の通りです。



1.セレーナ・ゴメス 76,870千人

2.テイラー・スイフト 75,387千人

3.アリアナ・グランデ 70,065千人



7千万人とか

尋常じゃないですね(笑)



日本国内はと言うと・・



1.渡辺直美 3,693千人

2.水原希子 3,479千人

3.木下優樹菜 3,012千人



まあ海外と比べちゃうと

見劣りしますが

それでも360万人とか

やっぱりスゴイですよね。



これに対して

日本のアパレル企業(ブランド)の

公式アカウントのフォロワー数トップ3は



1.MOUSSY (マウジー) 344千人

2.EMODA (エモダ) 278千人

3.SLY (スライ) 263千人



個人に比べると

約10分の1なんですね。



つまり日本の企業(ブランド)の

Instagram活用は

まだまだこれからが本番ってことですね。



では今後

企業(ブランド)が

Instagramを活用するには

一体どうしたら良いのでしょうか?



とは言え、

ちょっとネットで検索しただけで



さまざまなメディアや識者の方々が

既にInstagram活用のノウハウ的なことを

書かれていますので



私のブログでは

ありきたりなことは書きません!(笑)



普段からお仕事で

さまざまなインスタグラマーの方々と

接しているからこそわかる

重要なポイントだけ

今回は書いてみようと思います!



ということで先ずは



①お洒落な写真にこだわるな!



いきなり定説を

覆すようで恐縮ですが(笑)



Instagramと言えば

どれだけお洒落~♪な写真を

アップするかが勝負!

みたいに思われていますが、



確かにそういう側面もあります。



でもね、

企業(ブランド)の担当者は

それだけやってる訳じゃないので



お洒落な写真に

こだわってる暇なんて

そうそう無いんですよ。



だからこの際、

写真がお洒落かどうかなんて

気にせずどんどんアップしてしまいましょう!



ユーザー(顧客)は

Instagramを通して



自分の好きなブランドの

Instagramならではの情報を

知りたがっているんです。



デザイナーが仕事してるところや

企画会議のシーンや

展示会の様子などでも

良いじゃないですか!



普通では見ることが出来ない

ブランドの裏側な写真って言うのも

ファンには嬉しいと思いますよ。



ユーザーは

お洒落な写真だけを

見たい訳ではありません。



他の販促(メルマガやオフィシャルサイト)

他のSNS(ブログやFacebook,Twitterなど)と同じように



「Instagramはユーザー(顧客)との距離を縮めるためのツール」



このように割り切ってしまえば

アップする材料は沢山あるはずですよね。



②宣伝を怖がるな!



これも一般的に

言われてる事とは真逆ですね(笑)



一般的には、

企業(ブランド)のアカウントとは言え



宣伝ばかりのアップは

ユーザーに敬遠されがちだと

言われていますが、



じゃあ何をアップするんですか?(笑)



企業(ブランド)の公式アカウントなんだから

宣伝しかないじゃないですか!



ユーザーに嫌われるのをビビッて

何もアップしないよりはマシです。



オブラートに包むようなやり方をせずに

堂々と宣伝すれば良いんです。



ユーザーに媚を売るようなやり方は

かえって魂胆が見え隠れして

カッコ悪いです(笑)



企業(ブランド)のアカウントって言う時点で

それがどういう主旨なのか

ユーザーはちゃんと理解してますよ。



上記の2点を踏まえ、

私が知る限り

Instagramを上手に活用されてると

思うブランドさんを

一つ例に挙げさせて頂きます。

(お取引先でもないし、全くの無関係ですけどw)



ラゲッジブランド「BRIEFING」 https://www.instagram.com/briefing_official/





お洒落な写真だけじゃなく

バナーを使用した宣伝も

店頭でのスナップ写真(モデルは一般客)も

程よいバランスでアップされてますし、



3月には

直営店のオープン記念のイベントも

Instagram上で開催されていました。

http://mag.onyourmark.jp/2016/03/briefing_1/89723



公式アカウントを

お洒落な写真だけじゃなく

自社のオウンドメディアとして

最大限の活用をしてますよね!





③手段を選ばずフォロワー数を増やせ!



もう言ってることメチャクチャですね(笑)

でもこれが一番重要かも知れません。



フォロワー数が多ければ多いほど

イベントやセールの告知や

Instagramを使ったプロモーションなど

色んなことが可能になります。



フォロワー数を増やすには

とにかく毎日複数の写真をアップしたり



アップする写真には必ず

自社ブランドのハッシュタグや

人気のハッシュタグを付けまくる

(Instagram内の検索に引っかかるため)

などの方法がありますが、



どれもそれなりの時間と労力が

必要になります。



ここからは

弊社<iPR>インフルエンサーPR

宣伝になりますが(笑)



フォロワー数を増やす

一番手っ取り早い方法は

既に膨大なフォロワー数を抱える

インスタグラマーに「タグ付け」してもらうことです。



例えば

フォロワー数5~10万人の

有名インスタグラマーに

写真をアップしてブランド公式アカウントへ

タグ付けをさせるとします。



フォロワー数の約1割の

5,000人~10,000人が

「タグ」を踏んで

ブランド公式アカウントへ誘導されてきたとします。



誘導されてきた

5,000人~10,000人の1割が

ブランド公式アカウントの

フォロワーになってくれたとすると

500人~1,000人のフォロワーが

増えることが考えられます。



まあ、このシミュレーションは

全てが上手くいった場合ですけど(笑)



やり方次第で、

これに近い結果を

出すことは可能なんです。



実際に弊社のクライアント様で

施策実施によって

フォロワー数が約1,000人増えた例もあります。



つまりは

フォロワー数を増やすための

「時間」と「労力」を



お金で買う=プロに任せてみる



という方法も

ご検討してみてはいかがですか?

というお話です。



社内だけで

あれこれ苦労してやるよりも

逆に安上がりなのかもしれませんよ!



お気軽にお問い合わせください。

<iPR>インフルエンサーPR

sakamoto@joyzipper,jp



ってことで

また次回~(^O^)/アディオース♪




<iPR>インフルエンサーPR

powered by JOY ZIPPER Inc.







AD
いいね!(38)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。