Locations of visitors to this page
2010-04-08 11:38:29

◆ 日本と桜の関係

テーマ:◇ イタリアから見た日本

イタリアよもやま話

ここのところの日本のブログやニュースは、
どこを見ても桜の話題ばかり

いかに日本人が毎年桜を心待ちにしているかがわかりますし、
私も生粋の日本人ですから、
日本の桜の満開が生で見れないのは
ちょっと寂しいものです。
で、こっちでモモや桜の木に花が咲くと、すごく嬉しくなって、
皆が不思議がるほど花の写真ばかり写しています。

なのに、イタリア人って花の話なんかほとんどしない
あまり感動ないんですね。
町の並木に桃やアーモンドの花が咲いても、
見て美しいとは思う気持ちはあるのでしょうが、
それほど嬉しがる様子はないです。
イタリアで咲く木は、家の庭にあるものでも果実を食べる目的のために植えられたものばかりなので、
花が咲かないと「実がつかない」という結果が待っている、
そういう意味で悲しがる人はいますが。

イタリアよもやま話

日本人は桜の花を見ると嬉しいでしょう。

前にも書いた気がしますが、
日本には、お花見や紅葉の名所が至る所にあり、
そこにわざわざお弁当持って行きますよね。
あれって、いいなぁ・・・

西洋人も、ハイキングとか山登りとか好きだけど
何か、スポーツにしてしまったりして、
自然に対抗しよう、自然を制御しよう、利用しようという試みが
何処かにあるような気がするのですよね。

ところが日本人は自然に対して受け身です。
時期が来るまで待って、
時間をかけてゆっくり鑑賞するのが好き。
日本人のそういうところって、すっごくいいなぁ・・・。
日本人の芯のところは、平和なんだなぁって気がします。

イタリアよもやま話




いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2008-11-10 11:45:04

◆ 『かわいい』の意味

テーマ:◇ イタリアから見た日本

カワイイ!って感じる物、仕草、出来事は? ブログネタ:カワイイ!って感じる物、仕草、出来事は? 参加中

日本ではいつの頃からか、何に対しても頻繁に『かわいい』という言葉が使われるようになりましたね。
少なくとも、私が子供の頃の『かわいい』には、
対象物に対して一種の愛着がこもった形容詞で、
ショウウィンドーの中の大人用のジャケットを指して、
『かわいい~』
という風には使わなかったように思います。
それを言うなら
『いいね~』又は『素敵だね』
だったでしょう。

それと、最近の日本の「かわいい女の子」の仕草。
一番気になるのは、
バイバイの時の手の振り方と、拍手の仕方
手の指を異常に広げて、まるで幼児がバイバイしたり、手を叩くような感じ。
なんだか
『かわいい』=『幼い』
と勘違いしていませんか?
そういう意味で、最近の女の子のしゃべり方も、ムシャクシャします。
まるで脳タリンの子供やん・・・。

日本の若い女性が皆そういう仕草をするということは、
現代の日本の男性が、そういう女性を好むということを、本能的に感じているからでしょう。
女性って、そういうもんです。自分で言うのもなんですが。
『ぶりっこ』が流行った頃から、どんどん状況は退化しつつあり、
女性は、20歳を超えても、まるで5~6歳のようなしゃべり方・笑い方してますよね。
それを率先して行っているのが、若いタレント達ですよね。
日本の男性は、本当にあんな幼い感じの女性がよいの?
それとも、大人の女性にコンプレックスでもあるのかしらん・・・。
う~~む、そうと見た。

私がイタリアで居心地がいいのも、
日本のああいった風潮に居心地の悪さを感じていたからかも。
男尊女卑の風潮と言ってしまうと、簡単すぎる気もします。
イタリアにも、男尊女卑の風潮というのは、少なからず残っていますから。
日本の場合は、それを受け止める女性側の対応がイタリアとは違う、ということかな。






いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2008-09-12 12:12:48

◆ 日本人が一番カッコイイとき

テーマ:◇ イタリアから見た日本

開設当初以来のブログ仲間canaryさんのブログ記事 の写真と、
fujiccoさんのブログ記事 のビデオ見て、思い出したこと。

昔、ヴェネツィアのカー二バルの最終日に
サンマルコ付近の繁華街を妹と歩いていたら、
なんだか、体の中からウキウキするような音が聴こえてきたんです。
あれ?なんだろ・・・って、初めはわからなかった。

それがヴェネツィアの狭い道に観光客の多く散策する中、
阿波踊りをしながら練り歩く、10人くらいの日本人だったんですね。
もちろん、あのちんどん屋のようなリズム(音楽?)付きで。
それが遠くから聴こえて私の血が躍ったんだ、と気が付きました。

2月頃の霧のヴェネツィアを
カーニバルの仮面をかぶって気取った格好でゆっくりと歩くヨーロッパ人達の間を
腰を下げて脚を曲げて上げながら
ハッピを着て練り歩く日本人を想像してください。

なんだか恰好悪いなぁ、と思いますか?

ところが、道をゆく人々皆の心を一瞬のうちに掴んだんです!

その簡単なリズムのなんとポジティブで、楽しいこと。
その踊りの、なんとも陽気なこと。
思わず私と妹も、彼らの調子に合せて手首を振り回し、
『がんばって下さい~!』
と声援をかけてしまうほど、カッコ良かったんですよ。

日本人の一番かっこいいのは
日本の民族衣装を着て、日本の伝統的なことをする時。
雅楽の演奏者たちも、歌舞伎役者も、狂言役者も、
能楽師も、日本舞踊家も、茶道家も、華道家も、
皆、カッコイイ。
お祭りでフンドシ一丁になる日本人男性達は、
ジャニーズ系のタレントよりも、よっぽどカッコイイ。
(『嵐』よりもいいよ、canaryさん・・・)


少なくとも、自分たちの文化・文明が世界で一番だと思っている欧米人達に有無を言わせない
何か奥深いものがあるようです。
もちろん真剣じゃないと いけないのですが。

日本独特の文化を、無理なく担える『自信』かしら?






いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2008-08-29 21:46:13

◆ 怪談で涼をとる日本人

テーマ:◇ イタリアから見た日本
男、女、子供、老人、どの幽霊が怖い? ブログネタ:男、女、子供、老人、どの幽霊が怖い? 参加中

私は子供の頃から、怪談とかお化け屋敷とか好きでした。
そのせいかなんなのか、日本ではよく金縛りにも逢いました。
金縛りにも2種類あって、霊気を感じずに脳だけが覚醒しているものと、
はっきりと霊気のようなものを感じるものがあります。
一度は、本当に怖い思いをしました。

ところがイタリアでは、とんとありません・・・。一度もないんです。
日本人の私とは波長が違うのかな。
それで、やっぱりホッとしている私です。
いくら怖いもの好きの私でにとっても、金縛りは気味のよいものではありません。

日本では、8月のお盆・お墓参りと重なることもあるので、
夏の怪談が生まれたのかなぁ、とも思います。
一方イタリアでは、日本のように夏に怪談を語って、
ゾ~ッ・・・・
と涼をとる習慣は、まったくありません。

イタリア人の気質から考えても、
1枚・・・2枚・・・・3ま~い・・・・
という陰気な怪談は、やっぱりウケナイのかも。
でも実際は、いまでも土葬のイタリア。
墓地だけでなく、そこらじゅうにある昔からの教会には、壁も床下にも、棺だらけ。
そこらじゅうにウジャウジャ幽霊が漂ってる気はしますね。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2008-08-19 22:30:33

◆ 日本の夏!

テーマ:◇ イタリアから見た日本
セミの鳴き声、好き? 嫌い? ブログネタ:セミの鳴き声、好き? 嫌い? 参加中

  残暑お見舞い申し上げます。

御無沙汰していました。
真夏に日本へ帰ったのは実に久しぶりなんです。
イタリアにいる日本人のお友達が、やはり真夏に日本(しかも京都)へ帰って
どこでも強烈な冷房地獄だったそうで、
イタリアへ戻ってきてからというもの、体の調子がおかしくなり、
『もう二度と真夏には日本へ帰らへんことにと決めた』
というので、
『冷房には気をつけるし、家でもできるだけつけないようにさせるから 大丈夫!』
なんて言って出発したのですが・・・・

冷房なしでは生きていかれへんやん・・・
あのすざましい湿度の暑さには何年も慣れていなかったので
冷房つけてくれ~ぃ~!と家族に頼んでいたのは、
何を隠そう、この私というありさまでした。


イタリアの真夏から、日本の真夏に飛び込んで
まず気がついた違いは 何 か・・・。

夏の日の音です。

日本はどこへ行っても、セミの鳴き声がスゴイ!
1本でも木があると、もうジージーミーンミーンと大きな鳴き声がしますよね。
それが大きな木になるとものすごい。
気が全くない場所はともかく、都会の中の公園でもどこでも
土さえあって、木さえあれば、セミが鳴いてる。
イタリアの夏の音は、普段より静かです。
皆バカンスでいなくなるので、町の騒音も減るし、
存在するだけで騒がしいイタリア人達も姿を消すので、シエスタ継続状態です。
ミラノなんて、空っぽになるので、今が行き時です。
ヴェネツィアでも、暑い日は観光客すら出歩かないので、静か。
(外国人観光客は、えてして静かですが)

セミ、イタリアの田舎にもいるのでしょうが、少ないようです。
夜のコオロギとかはいます。夜に鳴くカエルもいるでしょう。
でも日昼は、さすがに皆黙っています。

ところが日本のセミは、あの暑さの中、
あの体の小ささで、あの大音響なのが驚き。

このくそ暑いのによくもあれだけうるさく鳴けるもんや・・・
でも・・・
これが日本の夏なんや!

と思った、最初のことがらでした。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2008-07-15 11:42:02

◆ これはボトルか、それとも缶か・・・

テーマ:◇ イタリアから見た日本
ブログネタ:ペットボトル派? 缶派? 参加中

去年の日本への帰国時に、某イタリア人が非常に感心していたのは、
これ↓



イタリアでは ありそうでない、缶ボトル。
日本では たまに見かけますよね。

何気なく見ていましたが、彼に指摘されて
確かに・・・・
と思いました。

しかも、三ツ矢サイダーの昔のデザインが、いいですね。
彼は相当気に入ったみたいで、空になったのを
イタリアに持って帰ったという・・・。

缶ジュースって、外で飲むことが多いけれど、
炭酸であろうと、なんであろうと、
いったん開けてもまた閉めれるものは、
助かりますよね。

それにしても、便利なものだらけの日本にいると、
普通とちょっとだけ違った便利なものでも、
あまり気にせず、感動しなくなっている自分に気がつかされたエピソードでした。




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2008-04-24 21:44:53

◆ 今 平成 何年?

テーマ:◇ イタリアから見た日本

日本へ帰ると、免許証やら、なんやらと何かと更新しなければならないことがありますが、
そんな時にこまるのが


年号!!!

数字を覚えるのが超苦手な私は、昔から

歴史の年号、電話番号、プレートのナンバー、友達の誕生日、

そういった数字が覚えられないタチです。

困るのは、日本での書類や申請用紙に日付けを書く場合、
西暦でなく、平成何年、と書かなければならないことがほとんどですが、

私は、今 平成 何年なのか、知りません・・・


いったん知っても忘れるんだ、これが・・・。


で、係りの人の目の前で、

ペンを持つ手が、止まり、う~~~ん・・・と唸ってしまう。

ここで、

「今って、平成何年ですか?」

と単純にきくと、ただのバカと思われるだろうし、

「海外に住んでいるので、今平成何年かわかりませんの・・・オホホホホ」
というのも、浦島太郎じゃあるまいし、
気取ってると思われそうだし、

・・・と 困ってしまう。

海外に住んで長い方は、こういう時、どうしていますか?

それとも覚えられないのは
やっぱり私だけなのかなぁ・・・。



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2008-03-19 11:00:47

◆ 外国人女性憧れの日本人の肌

テーマ:◇ イタリアから見た日本
ブログネタ:今、話題の有名人『ハダキレイ』って知ってますか? 参加中

イタリアにいると、
「日本人女性の肌って、キレイで羨ましいわ~。」
とマジマジと見ながら言われます。

断わっておきますが私の肌は日本人の中では
中の下です。

日本でのきれいな肌の条件は

1.色白
2.ニキビとか、吹き出物とかがない
3.しっとりときめが細かい
4.毛穴とかが見えない
5.たるみ・しわがない ...等々
ですが、
イタリア人にとっての条件は単純に
ニキビとか、吹き出物とかがなく、
小じわがないきめ細かな肌
なのです。
やっぱり油っこい食生活が影響してか、吹き出物のあるイタリア人女性は多いし、
小じわは、20代後半~30代前半には出始めますし、
お顔のうぶ毛も多いのです。
しかもイタリア人は、夏にバンバン肌を焼きます。
一つには、小麦色にお肌を焼くと、
吹き出物などお肌の欠点を多少隠す効果があることもありますが、
白っぽい顔=青白い顔=不健康 
という観念があるので、とにかくやたら日焼けします。

だから、お肌の老化も早いですよね・・・。

きれいなお肌になるてっとり早い方法は、イタリアへ来ることかも?








いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2008-01-18 12:26:30

◆ ヴェネツィアっ子も騙された日本のイタリア村

テーマ:◇ イタリアから見た日本

妹が、愛知県のイタリア村に行った際にケータイで撮った写真を送ってきました。
イタリア村、と言いますが、ヴェネツィアを再現したものなので、
ヴェネツィア村と呼んだ方が適切のようです。


妹は最初、どこの写真ということを言わずに私に見せたのですが、
『こんな角度でサン・マルコ寺院の鐘楼がこれだけ近くに見える場所なんて、ないぞ~』
という疑問が浮かんだので、てっきり合成写真だと思いました。
それほど、ヴェネツィアにそっくりであることは確かです。


でも、イタリア村の公式サイトで見ると、やっぱり本物よりも 
なんだかスッキリ・きっちり してますね。
サイト内の写真借用(・・・してよかったものか?)

公式サイト→http://www.italiamura.com/facility/index.html

さて、この写真を、生粋のヴェネツィアっ子達に見せて
『ね、これ何処だと思う?』
と訊いた所、
どこか、というはっきりした答えを出した人は居なかったけれど、
こんな所は無いよ、と言った人はゼロだったんですよ!
皆、

『う~~ん、リアルト橋の裏じゃあないしなぁ・・・』
なんて言って、写真を見つめて一生懸命考えてました。


ヴェネツィアの外に住む人に見せると、
ほとんどの人が
『ヴェネツィア!』
『ヴェネツィアのリアルト橋の近くだろ!』
と自信を持って答えました。

イタリア村の写真に写っている『観光客』 は当然のことですが皆日本人。
でも、それが却って本物のヴェネツィアである小道具としての役割を果たしていたりして・・・。


すごいですね、イタリア村
(妹の描写では、本物に比べると建物や鐘楼は かなり小さいのだそうです)


でも、日本の建物と一緒に並ぶと、すっごいギャップを感じます・・・・。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-11-15 10:20:39

◆ イタリア人の『お餅』論

テーマ:◇ イタリアから見た日本

先程 イタリア民放テレビの若者向けの番組で
日本のお餅を紹介していました。

二人の若いミーハ-なイタリア人が京都の老舗の和菓子屋さんへ行って
小さなお団子の串刺しになっている餅菓子を見せて
『これが、日本のMOCHIです。
これを日本では、元旦にたくさん食べるのが習わしです。』

と言っていました。

お正月のお餅は、その餅菓子とは違うんですけど・・・。

その上、

『日本では元旦に、このMOCHIの喉に詰らせて死ぬ老人が、毎年3000人もいるのです!』


う~~~む・・・・確かに、お正月のニュースには必ずききますが、
3000人は、ちと大袈裟でしょう。
毎年そんなに亡くなったら、お正月が大地震よりも怖いイベントになってしまう。

調子にのった、二人のイタリア人は店員さんに向かって
「イタリアではタバコの箱に、『煙草の吸いすぎは死を招く』と書いてあります。
そのように、このお店でも、このMOCHIの箱の上に『食べると死を招く場合もあります』と書いてくれ
ますか?」
と、主要外国語の中には絶対入らないイタリア語で話しかけ、
店員さんは、訳わからずに 
「はい。」
と頷いていました。


日本人をおちょくるな。



くだらない番組、というのはどの国にでもあるものです。


いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。