Locations of visitors to this page
2008-09-06 21:34:21

◆ 世界と比べたイタリア鉄道・・・大袈裟か。

テーマ:◇ イタリア鉄道にカツ!

先日ヴェネツィアの一駅前メストレでは、もう夕方なのに
構内すべての電光掲示板に、朝の10時台の時刻表が出ていて、
一瞬ギョッとしました。

えぇ??すべての電車が6~7時間遅れてるの?!

メストレ駅は、イタリア鉄道の北東部の一番大きな交差点となる駅です。
○○方面行きは、○番ホーム、とキッチリと決まっているわけでなく
その時の状況やなんかで (気分で といってもいいかもしれない・・・)
電車の入ってくるホームがコロコロ変わります
時刻表にだいたいの目安はあっても、
そんなものが当てにしていたらバカを見ます。

その日は、幸い電車には遅れはなく、
単に 電光掲示板が朝から故障している ということのようでした。

そうなると、
自分の乗るべく電車が何番ホームに入ってくるか、
直前のアナウンスを聞いていないとわかりません
から、
構内は、雑然とごった返していました。

メストレ駅は、駅の下に通路を通して 各ホームに上がるようになっています。
皆、狭い下の通路に待機していて、自分の電車のアナウンスが出ると、
10以上もあるプラットホームの一つ目指して走って上がる、という・・・・
重い荷物を持っている旅行客なんて、可哀そうです。

まぁ、こんなこと稀ではないのです。
かなりストレス溜まりますが、
電車の遅れよりは、ず~~っとマシです。

可哀そうなのは、イタリア語のアナウンスがわからない外国人。
アメリカ人観光客らしい若い男の子が、
たまたま通りかかった駅員さんに自分の切符を見せて、どのホームに行けばいいのかを尋ねても、
イタリアの駅員さんって、
こういう時は、もっとぶっきらぼうになるし、
簡単な英語も喋れないコンプレックスがあるためか、
『WAIT、WAIT』
と繰り返して去ってしまいました。あ~ぁ・・・。

さて、今日のニュースでアルゼンチンのブエノスアイレスの駅では、
電車のあまりの遅延や運行キャンセルに、国民が怒って
電車に火をつけたり、壊したりするという騒動が起こったそうですね。

↓ブエノスアイレスの電車騒動ビデオ (イタリア CORRIERE誌から)
http://video.corriere.it/?vxSiteId=404a0ad6-6216-4e10-abfe-f4f6959487fd&vxChannel=Dal%20Mondo&vxClipId=2524_73161738-7b27-11dd-9625-00144f02aabc&vxBitrate=300

そういう強硬策が どう実を結ぶのかわかりませんが
イタリア国民にも、少しはアルゼンチン人の気骨みたいなもの、分けてあげて欲しい・・・。

一方、で東京の地下鉄構内では
数週間前から迷い込んだ野生の日本猿を捕獲するのに躍起になっているとか。

↓渋谷駅で逃げる猿ビデオ (イタリア・CORRIERE誌から)
http://video.corriere.it/?vxSiteId=404a0ad6-6216-4e10-abfe-f4f6959487fd&vxChannel=tuttiivideo&vxClipId=2524_74dc5a26-6eb3-11dd-bf8a-00144f02aabc&vxBitrate=300

世界の駅でもいろいろありますが・・・・

やっぱり日本のが一番平和やなぁ・・・。




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-05-17 12:48:46

◆ ゴミの分別?ゴミ箱の分別?

テーマ:◇ イタリア鉄道にカツ!

 前回の記事で取り上げたゴミ箱。

イタリア鉄道も、ついにゴミの分別を始めました。

ちょっと前に、駅構内でのテロ防止のためのゴミ箱を記事にしましたが、
あの記事の直後、ゴミ分別が始まり、
私が好感を持ったゴミ箱も、いろんな色になってしまい、
なんだか煩雑な雰囲気なってしまいました。

夜店の綿菓子の袋がアチコチにぶらさがってる、そんな煩雑さです。
とてもスマートとは言えません。
だから、この前の記事での感想は、撤回。

さて、分別されてるゴミ箱を注意してみて見ましょうか・・・。

bidon

あぁ、やっぱり・・・・。
紙のゴミ箱には、ビールビンや缶が入ってます。
他のゴミ箱にも、表示と関係ないものが入っていますよ。

そして、この分別ゴミ箱の2m離れた場所には、

もう一色のゴミ箱が・・・・。


bidon2


これは、なんと 「ミックス」 というゴミ箱。


これじゃあ、分別する意味がないではないか!

家庭でお母さんが子供に「これはダメ」と言う隣でお父さんがそれを与える、
そういう感じですね。




いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2007-05-01 08:00:08

◆ イタリア電車内の衛生状態

テーマ:◇ イタリア鉄道にカツ!

e ガムのつけられた座席・・・・

イタリアの電車は、とにかく汚いです。
もちろん新しい車両はいいのですが、
それも1年も経つ頃には、汚くなります。


その理由は、なんといっても
公共のものは、大切に扱わないというイタリア人の習性によるものだと思います。
上の写真は、随分前の記事に取り上げたのですが
当時では新しい車両でした。
それでこの有り様です。
きっと中高生のいたずらでしょうが、かなりひねくれた、歪んだ子ですね。

古い車両となると、もう、汚れがひどくて、
座るのもためらう座席があるほどです。
それは、白人種が、相当な汗っかきであることもあります。
座席とかは、汗のしみとかで大変汚れています。

昨日のテレビ番組で、これら電車の汚れが、
本当に、衛生的にも汚れているのかどうかを調べていました。
ミラノ発の掃除したばかりのはずの色々な種類の車両に乗りこみ、
背もたれの頭の部分と、
その車両のトイレの便座に、特殊なジェルをあてて
そこに付着する菌の数を、保健所のような場所で分析してもらう、
というものでした。

結果は最悪
菌の数が数えられないくらい多いものがほとんどだったのです。
菌の数が数えられたのは、ほんの数ケースで、4~60程度。
その他は、すべて数えられないほどの菌が
便座からも背もたれからも検出されました。
車両によっては、背もたれの方が便座よりも汚れている場合もありました。
これらの菌の中には
接触したら皮膚病になる可能性のある菌や、
口に入ったら病気になる可能性のある菌も多かったそうです。

おそろしや~。どうりで皮膚病とかの人が多いわけです。

脅すわけではありませんが、
イタリア旅行の際は、
やたら公共の乗り物のアチコチに触った手を洗わずに食事をしたり、
トイレの便座に座ったりするのは、避けた方がよいでしょう。


いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)
2005-05-15 00:11:29

◆ イタリア鉄道よ、ありがとう

テーマ:◇ イタリア鉄道にカツ!

ありがとう、よ。

一体何人のブロガーがネタに苦しむ際に、
君の存在で助けられたことか!

何回、数ヶ月に満たない私のブログの題名を飾ってくれたことか!

コメントの嵐を呼び、

トラバの花を咲かせてくれたことか!


これからもネタに困ったときは、君のことを思い出そう!

ありがとう・・・・・・。

ありがとう・・・・・。

ありがとう・・・ .

                                   


テーマ全8記事→ イタリア鉄道にカツ!


テーマ内記事別 ◆してやられた!

           ◆JR西日本はあんなに叱咤されているのに
           ◆イタリア鉄道、遅れる電車ばかりではない
           ◆この扉、貴方にはすぐ開く?
           ◆おやすみなさい、自販機さん

           ◆もうひとこと言いたい

           ◆久々の愚痴~やっぱり怒れるイタリアの鉄道

           ◆どうすりゃいいの?夜の電車切符


いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-05-14 00:54:55

◆ してやられた!

テーマ:◇ イタリア鉄道にカツ!

今朝は、ついにやられました・・・・・。
私としたことが、まったくウッカリしていました。


今朝11時から、ヴェネツィアから40キロほどにある町で用事があったため
その町行きの電車の時刻表を見ると、
9時40分に着く電車の後は、11時15分に着く電車まで大きな穴があります。
で、別方向の町から用事のある町へ車で出る同僚Aに電話してと一緒に行くことにしました。
経路としては三角形の2辺を使って目的地に行くことになりますが、
電車の時刻表を見て時間的にロスのない時は、この方法をとります。


ところが出発直前に電話があり、用事の時間が30分遅れると言って来ました。
こちらの同僚Bは、ドイツに留学した経験もあるせいか、イタリア人にしてはきっちりした性格で、
日本人の私のことを気遣って、電話してきてくれたのです。
(普通のイタリア人だったら30分くらいの遅れをわざわざ通報してはくれません。)

となると、何も三角形の2辺をいかなくても、1辺で、時間のロスなく行けます。
11時15分に着く電車に乗ればいいのですから。
で、同僚Aに再度電話して、現地で直接会おう、ということに変更しました。


40キロとはいえ、ローカルの単線ですから、なんと1時間かかります。

10時過ぎに駅に行くと、乗るべき電車が、中央の掲示板に出ていません。
「あれ?」
壁に貼ってある時刻表を見ると、今日、金曜日は平日で、目的の電車はあるはずでなのすが・・・。

「中央の掲示板が壊れているのかな?」
(というのは、よく壊れているから・・・)
と思い、発車予定に指定されているホームに向いましたが、
そのホームには車庫行きの電車がやすんでいるだけ・・・。


「ホームがちがうのかな?!」
(というのは、時刻表の指定ホームはあくまで予定なので)
と思い、あちこちのホームを探して走りましたが
お目当ての電車は見つかりません。
 


「まさか!時間より早く出発したんじゃないでしょうねぇ!?」
(というのは、お隣のメストレ駅からヴェネツィアに向う電車は、
早く出てもよいという勝手な規則があるので・・・)

と思いましたが、そんなこと誰にもきけない。
駅が大きすぎるので、駅長室にでも行かないと、
特定の電車のことなんて知ってる駅員は歩いていません。
しかも、その電車の出発時間が迫っています!


「やはり自分の見間違えかも・・・・!」

(というのは、たまに欄外に小さく注意書きで、
3/20~5/11まで運行、なんて書かれてある季節電車だったりするので・・・)

と思い、もう一度時刻表を見に行きました。
どこまでも日本人の私は、けなげに「自分を疑え!」の法則を思い出したのです。
でもその電車には何の注意書きもありません。
平日には運行すべき電車なんです。


「もしかして、今日って祭日~?!」

(というのはイタリアって年中365日祝日の雰囲気で、本当の祝祭日は覚えてられない・・・)
と思い、ちかくにたむろする作業員のおっちゃん達に

「今日って、祝日ですか~?」
と訊きました。
日本人が、突然とぼけた質問してきたので、ビックリしたみたいでしたが
彼らは、
「え~と、え~と、今日って何日だ?」
「5月の13日だろ」
「じゃ、平日だよなぁ。」
「金曜だしなぁ・・・・」
「でも、ストだよ。」


「・・・・・スト?」


「そう、24時間スト。


知らなかった?今回は結構知らない人多いみたいだねぇ。」
だって~~。

14 (掲示板に小さくビラが貼ってあった…)

確かに、中央の掲示板にある電車は
いわゆる「運行保証」されている数少ない電車で、
ほとんどが、お隣陸地側のメストレ止まり
本数が少ないので、中央掲示板には
午後の分までの発車時刻すべて載りきっているではありませんか・・・。

(こんな基本的なことを見逃していたなんて・・・。)

きくところによると、昨夜のテレビのニュースでは言ってたとか。
うちにテレビは、ない
あったとしても、昨夜見る時間はなかった。
昨日の新聞には書いてなかったし、
駅を通って帰ってきたけれど、そんな通知も見なかった・・・・。

で、絶対に目的地に行けないってことになったので、
同僚達に電話して、電車がない旨を伝えました。

(もちろん気の毒がってくれた。這ってでも来い、とは言わなかった。)
ちなみにこちらのタクシー代は高いし、
そこまでするほどの用事ではありませんでした
家に帰ってきて、明日しようと思っていた洗濯機回しながらブログ書いてます。
(正直言って・・・・・ちょっと嬉しい気持ちがないでもない。)

やられてしまった、24時間スト
昨日のブログで行方不明の車掌事件のこと皆さんにチクった怨念でしょうか・・・・。
(イタリア人は24時間といってやりだしたら
24時間クジケマセン。根性あります。・・・・どんな根性や・・・!)


f

(これは去る4月20日に予定されていたストの予告。
私は事前に気がついて、その日の仕事を移動させたのに、
なんと前夜になって撤回された!)



いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-05-13 00:41:13

◆ JR西日本はあんなに叱咤されているのに・・・

テーマ:◇ イタリア鉄道にカツ!

今朝、ヴェネツィアから電車に乗りました。
次の駅のメストレ駅までだったのでどれに乗っても着きます。
(阪急でいったら、梅田から乗って十三で降りるのと同じです・・・)


ee

7番ホームから8時29分発というのに乗ろうと思い、
その電車に発車5分前に乗り込みました。
5分経っても発車しません
ま、いつものことです。

内心、
「ちぇっ、8時30分発のも、23番ホームだから絶対に間に合わないし・・・」
と思い、とにかく降りずに発車を待っていました。


何のアナウンスも無いので、何が原因かはわかりません。

ま、いつものことです。

8時36分になんても発車しません。
「も~!8時37分にのろうかなぁ・・・。でも他の電車動いてるのか
確認のために降りたとたんに、これが発車ってこともありえるし・・・・。」
そう、うかうかと降りることも出来ないのです。
なんせ、
いつ発車するか、
わからないけれど、
いつ発車するかもわからない、という状態ですから・・・・。

ま、いつものことです。

8時43分頃、さすがに乗客が騒ぎはじめます。
ついに降りる人も出てきました。
そこへ、電車の運転手が通りかかったので、
皆が質問。
「何してるんだよ~。出るのでないの?出ないなら出ないって行ってくれよ。」
その電車の運転手の答えが・・・


僕のせいじゃない。」 (でたぁ~、イタリア人の十八番)
「・・・いつ出れるか僕こそ聞きたい。
なんせこの電車に乗るべき
車掌が、
どこへ行ったのか見つからないんだ!」

車掌がい・な・い・・・・・。

・・・・何か、他にもっともらしい口実は考えられなかったのでしょうか。

「こりゃだめだ、降りよう。8時45分に走れば間に合うかも。」
皆、ゾロゾロ降り始め、それでも後ろを降りかえり降りかえり、
8時45分発の電車の待つ15番ホームへ。
その時駅の構内で、行方不明の車掌を7番ホームに呼ぶ出すアナウンスが・・・。


15番ホームの電車も2~3分遅れて発車。
発車後の電車から、7番ホームを振り返ると、
まだあの電車はホームで車掌を待っていました・・・。


乗客皆は
「きっとその車掌、トイレだよ。」
「トイレの用事済んでも、出るに出れないんだよ・・・・」
笑って言い合ってました。

なんて平和なイタリア。


いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2005-04-09 09:00:33

◆ イタリア鉄道、遅れる電車ばかりではない

テーマ:◇ イタリア鉄道にカツ!
treno


今までイタリア鉄道に向けた数々の愚痴ブログを書きましたが、
何を隠そう、イタリアの電車のもっとひどいのは、

遅れることでもない、
定刻より早く発車しちゃう
ことなんです。

なんとヴェネツィアの一駅前のメストレ駅では
次の終着駅ヴェネツィア行きの電車は、
時刻表より早く出発してもいいことになっているというのです。

これ以上あきれる話がありましょうか・・・。

「へ?じゃあ何のために時刻表があるの?」
とか、色々言っても、無駄
そういうことになってるらしいんです。
定刻に着くのが精一杯のイタリアですから、
そういうケースは少ないのですが、それでも私は何回かやられました。

しかも終電で・・・。

メストレ駅からヴェネツィアへの最終電車は0時07分。
ウディネからの電車で、たった1時間半ほどの道のりなのに、
遅れて来ることが非常に多い電車なのです。
次の終着駅のヴェネツィアまで10分くらい。ところが、

たまぁ~~~~に早めに着くこの電車、0時7分になる前に出ちゃうんです。
ひどい時は、0時2分とかに余裕を持ってホームに行ったら、
出た直後の電車の後姿を眺める羽目に・・・。

で、メストレの駅員室に
「どうしてくれるの?最終電車だよ!」
と文句言いに行っても、
早めに出てもいいという規則がある
電車の運行時刻に関しては僕達は管轄外で関係ないから、
ここに文句言いに来てもお門違いだよ」
と言われました・・・・・。
「じゃ、誰に言えばいいの?!」
「早く出た電車の車掌しかいないね・・・」
「あの~~~、その車掌と話せてる状況なら、怒らないんですけど・・・・」
「まぁね、そういうことだね。」

やり場のない怒り
とは、まさにこのこと。

暖簾に腕押し・・・

ぬかに釘・・・・

郷に入っては郷に従え・・・・か。

e
(黄色い数字は何分の遅れかという表示・・・これくらいなら日常茶飯事)

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-03-30 19:19:00

この扉、貴方にはすぐ開く?

テーマ:◇ イタリア鉄道にカツ!
この扉、イタリアの電車の中に見られる扉です。

さてあなたなら、どう開けますか?

何の事はない、押す引くかして開けるのでしょう、
ここまでは誰でも行き着くことです。


でもいざ、貴方が電車から降りる時、
結構この扉でもたつくんですよ。
だってこの扉、
押したらいいのか引いたらいいのか、
しかも全く左右対称で、それが右か左か、
見ただけではわからないでしょう?


運がよければ一回で開きますが、運がとことん悪いと、

左押してダメ
左引いてダメ
右押してダメ
右引いてやっと開く、

という4度の押し問答が待ち受けています。

(ちなみに右引いて開く、というのはただの例。
実際のところは、覚えていません。
というのは、向うから扉を開ける時は全く逆ですから、
覚えてられないんです。)


一体なにが面白くて、こんな扉をデザインしたのか。
デザインミスまでは、目をつぶりましょう、
もし日本で、乗客が扉にからだ全体でぶち当たっているのを見たら、
開く方の取っ手に『推す』というシールかなんか貼るでしょう。

実際、それだけでいい話なんです。


それを、文句言いつつも
人々はいまだにこの扉に体当たりしては撥ね返され
押したり引いたりして、手間をかけているんですね。
イライラさせられる扉です。


(たまにSPINGERE『推す』とイタリア語だけでかかれたカードが
貼られているものもあります。)


いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-03-19 19:36:24

おやすみなさい、自販機さん

テーマ:◇ イタリア鉄道にカツ!
ヴェネツィア・サンタ・ルチーア終着駅は
20本以上のホームを持つ、大きな駅である。
ユーロッパ各大都市からの直行列車が着く、国際的な駅である。
夜行列車が発着し、夜明け前から夜中まで
各都市・各国からの列車の乗り入れがある駅である。


でも切符売り場の窓口は夜の9時半に閉まるんだ・・・・・。

窓口が閉まる頃になると、なぜか半分以上の自販機の画面も
CHIUSO ( 閉 )
となるんだ・・・・。

イタリアでは自販機も夜は順番でお眠りになるらしい。




何故、とは訊くまい。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-02-24 23:02:23

もう一言いいたい

テーマ:◇ イタリア鉄道にカツ!
またまたイタリアの鉄道に文句がいいたい!!!!

昨晩8時50分にモリアーノ駅に同僚と一緒に送ってもらい、そこから二人電車で15分のヴェネツィアに戻ろうということになった。

乗る電車は8時54分。
私はヴェネト州内有効のキロメータ切符があったので良かったが、同僚はミラノの人で、そんなものは持ってない。

9時前という遅い時間でもないのに切符売り場は閉まっている。
「またかぁ・・・・・」

隣のBARは開いていて、人で賑わっていたので入って訊くと、
「ここでは扱ってないよ、
待ちの中央広場のBARに行ったら売ってるよ」
だって。
「そんな時間ないよねぇ」
と顔を見合わせていると、
「でも、ここはこんな駅だから電車に乗る前に車掌さんに切符がないことを伝えたら、超過料金なしに買えるよ」
というので、その言葉を信じて来る電車を待っていた。
閉められた切符売り場の中を見ると、電気も消えた暗い中に自動販売機があるのが見える。
「何のためにあるんだろうねぇ、全く」


9時58分に電車は来た。4分遅れてる、と思いきや、その電車は40分前に通るはずの電車で、40分の遅れでたまたま次の電車の時刻(にも遅れて)着いたらしい。はあ・…、これからしてすでに…。

私たちは電車の先頭からホームに降り立った車掌さんの方に走った。

「切符売り場が閉まってて買えなかったんですぅ~」

その車掌さんは、ブスッとした顔で一言、
「超過料金いるよ」

「え?だって乗る前にいったら要らないって、そこのBARの人が・・・」


といってる間に発車時間。
とにかく乗っちゃえ~。

その車掌は(もう、「さん」抜き)
「…ふん、俺にとっては同じことさ」
といいながら後から乗り込んできた。

車掌室に行って、ぺらぺらと書類をめくって、
そのうちの一ページを私たちに見せ、
「ここにヴェネト州の駅で、切符が変えなくても超過料金無しに車内で買える駅の表が載っている。君たちの今乗ってきた駅は、あるかね!!え?」
「・・・・ないですねぇ」
と、友達。


「じゃ、規則によって26ユーロの罰金。」
26ユーロ~!?」
この金額は今のレートで単純に円に換算しても4000円くらい。
でもイタリアの生活レベルでは5000円くらいの価値がある。
その友達がミラノの家にも充分帰れる金額だ。
たった15分、2区間の道のり、正規の料金はたった150円くらいのものである。
そこにきて26ユーロはひどい。
しかも、こちらは無賃乗車をしたわけではない。
払う気は充分すぎるほどあったのだ。


すったもんだの末、
この業務に堅い車掌には、どう論理的に突っぱねてもダメとわかった私は、イタリア人にしてはあまりはっきり物をいわないで困ってしまっている友達を押しのけて、
「車掌さん、人間として彼を助ける手だてはないですか?あまりにひどい額だって言うのは、貴方も承知でしょうし、私たちが乗る前から切符を払う気があったことも知っていらっしゃるんだから・・・。助けてください!次の駅からの切符は持っているので、そこから乗ったことにしてくれませんか!」
情に訴える戦略に変えた。




すると…



「仕方がないなぁ・・・・。
じゃあ私の見えないところ、列車の後ろの方に行って座ってくれ。私は君たちが無賃乗車したのを知らなかったことにするから。」(私はきちんと払っているぞ!と思ったがグッとこらえた。)

と、いとも簡単に折れたのだ!次の駅からの切符も使わなくてもいいとは!!!



でも、だからこそ、ここで言いたい。
こんなことだから、いつまでたっても赤字で、無賃乗車の罰金は上がる一方だし、人員削減で、小さめの駅は夜の9時前に閉まる、という悪循環なのだよ!!!
なんとかして~。


過去の関連ブログ
やっぱり怒れるイタリアの鉄道
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。