Locations of visitors to this page
2011-07-10 10:26:04

◆ あれから・・・

テーマ:◇ ブログ
寝てたんじゃないんです。
あれから原発について色々な記事も書いたんですが、
結局どれもアップしませんでした。

私は東北地方にあまり知人はいないのですが、放射能の問題は福島にとどまらないので、

日本の親類や友達に放射能に関するサイトや、注意を書いてメールで送ったりしていたら、
ある人から
『実際に日本で暮らしている限り、どうしようもない』
と言われ、ちょっと引いてしまいました。
確かに、ボールが落ちてくる可能性も皆無に近い球場の外から、
球場内でも外野にいる人に、『あぁせい、こぅせい』と言っても、説得力ありません。
これは実際に日本へ帰ってみなければ、同じ日本人としての意見は言えないな、と思いました。

それで帰る機会をもったのです。

突然決めたので、11日間という短い期間でしたが、帰ってみると、
「東北地方の各県の位置関係が、今回初めてようわかったわ」
等という声が聞こえる私の地方では、放射能に関する危険感、ゼロ。
皆、1年前に帰った時と変わらない生活をしていました。
雨が降っても、ちょっとぐらい濡れたって構わないし、
ましてやマスクなんかこの時季にしている人はいません。

実際に私もそこにいると、その雰囲気に迎合するしかないという感じでした。

イタリアに居る時よりも、原発事故に対する興味すら少なくなりがちなのです。
東京の放射能値だけでなく、名古屋、大阪、西日本の放射能値は、確実に事故前よりも上がり、
必ずしも安全ゾーンとは言えない値すら出る日も多いのに。
そして、その放射能は、毎日、どんどん、地中や海中に蓄積されていっているのに。
確かにテレビでは放射能のことを取り上げる番組もありましたし、
しきりにソーラーパネルの宣伝をしているのも見ました。
でも、それは生活の中のほんの一部の出来事なんですね。
日本の生活って、あまりにも雑多な情報や、やらなければいけない事にあふれていて、
通勤→仕事→ネット→メール→お付き合い→お中元→お買い物→電車→定期券→財布→携帯→テレビ→プロ野球→高校野球→スポーツ→子供のスイミングスクール→ママ友→同窓会→...etc, etc
とてもとても、原発事故が生活の中に深く入りこむ隙間など、なさそうなんですね。
平和ボケ、と言ってしまえばそうなのですが・・・。

そこにつけ込む政府。


福島の果物や野菜を食べましょう、等と、農家の生活保障をする気がないがために

テレビの目の前で食べてみせる首相。なんということ!
食べたいならそれは自由、貴方とあなたの家族だけ食べていてください、
でも自分とこの作物を放射能にやられたすべての農家に、
事故を起こした東電と国は補償金を出すのが筋でしょう。
彼らは風評被害なるものの被害者ではない、確固たる原発事故の被害者なんです。
補償ができないから、野菜を売らせるために、皆で放射能野菜を食べましょう、と?
福島県下にいて、ただでさえ他県よりも強い放射能を浴びて暮らすことを余儀なくされた
放射線に一番敏感な子供たちに、
放射能の許容値を上げて許容値とし、それを給食で食べさせよと?
非常時に許容値を上げるなんて、何のための許容値を制定したのか。
一体、日本はどういう国なの?
自分とこの子供に平気で毒を盛れる国なの?
最近、親の幼児虐待が増えたのどうのこうのって、国がそれを率先してやっているではないの。
負けると重々わかっていた終戦まじかの時期に、日本の次世代を担うべく若い純真なエリート少年達を、
行きだけの燃料を積んだ飛行機に乗らせて爆弾となるのを見殺しにした、
あの時代と何も変わっていないのではなかろうか。
あの時に二つも落とされた原爆で、本当に痛い目にあったのは日本という国家ではない、
広島や長崎で実際に被爆した人達と、それをすぐさま救助しに現地へ行った人達だけです。
あの時も被害者の多くは、市内でお国のためにと働いていた多くの若い少年少女でしたよね。
今回の政府の処置をみていると、基本的にはあの時とそんなに変わっていない気がします。
原爆も2個目を待ってやっと終戦布告。
福島級の原発事故も、一つでは足りないのでしょうか?

もうすぐ戦後ずっと続けられてきた原爆の日の式典があり、その後終戦記念日も迎えますが、

福島原発事故で3月から放射能が出続けている状態の国として、
原発がまだあちこちで運転され続けている国として、
核のない世界を希求する『平和宣言』を、日本はどういう名目で訴えることができるのでしょう。


書きだすと怒涛のように言いたいことはありますから、
ぼちぼちブログ再開です。
もちろんイタリアのよもやま話にも、もどりながら。








いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

kndchkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■>もさん

何かと熱くなって暴動になったりするのも困りますが、ここまでお上の遠隔操作による意見がきっちり受け入れられる国というのも、なかなかありませんよね。

7 ■>marikoさん

marikoさんも私と同じ立場なのですね。パプリカさんのコメントを読んでも感じたのですが、ある意味、日本の外から見て勝手気ままなこと言えるのは幸せです。日本にいながら同じような意見を書いてる人は、立派だと思います。今回しみじみ日本社会の特異性を感じました。よきにせよ悪きにせよ、あの世界でも例を見ない均衡はこうやって保たれているんだ、と。

6 ■>パプリカさん

いつもありがとうございます。
パプリカさんのコメントは全く的を得ていると思います。まさに世界で唯一の国民性だと思います。とてもよいことも多いのですが、今回の『風評被害』については、汚染されたものを食べたくない、という正当な意見を持っている人が、社会の『秩序』を乱す、福島の人に対して不謹慎だ、という風に白い目で見られる・・・口に出すことすら憚られる・・・おかしなことです。福島の給食も食べるか食べないかは保護者任せなのだそうですが、子供が『皆と同じにしてほしい』と親にせがむのだとか読みました・・・子供の間ですらも給食食べないと白い目でみられる雰囲気作りがされているのですね。こういった学校での傾向は昔からありましたが、多いに疑問です。

5 ■>もとこさん

妊娠しているとなると本当に不安ですねぇ・・・。移住したくなる気持ちもわかります。この11頭の牛の件も、バレチャッタので『流通させません』と、さも正当なことを言っていますが、バレなかった牛・豚・鶏などが一体どれだけ流通していることでしょう。もう4か月になろうとしているわけですから、流通禁止という物がこれだけ少ないことにも疑問を抱く人がいてもおかしくないと思うのですが。それと、ちょっと危ないとわかった時に政府が出す『販売自粛』というのも、酷な通達だと思います。なんと曖昧な。『あんたの良心に任せる』ということでしょうか。売る方も、それを食べる方も生活がかかっているのに。

4 ■無題

ゆるいでしょう、、、、日本は。
戦後こうなるように教育されてきた結果がこれです。デモも暴動も無い日本です。
今回よく分かったのが、報道管制で 一般人に分からないように完璧なまでに報道管制されてて 知ろうとしても知れないのです。
それに 感じたのは、、、人権とか命の重さが、、、ソ連や中国より低いのです。
その表現方法が多少違うだけで、、、
まあ このしっぺ返しが、数年後に出てくると思いますけどね。。。
そのときは、今の政権は無いし、、、
また 泣き寝入り。。。。。。。。。
しかし、、、またしてもデモも暴動も起きないでしょうね。

3 ■深く同感しました。

こんにちは。はじめてブログを拝見しました。
自分もイタリア在住で、友人に注意メールを送ったところ高見の見物だとお怒りのメールが来て、いろいろ考えさせられました。このブログを読ませていただいて、最近思うことを上手にまとめていらっしゃると思い、深く同感しました。
実際にお帰りになられたという行動力に脱帽です。これからもブログ読ませていただきますね。

2 ■国民性??

初コメントですがいつも読んでいます!

結局日本は村社会の相互監視体制ということなんでしょうか、災害や有事においてこれほどまでに従順な国民は政府にとって扱いやすことでしょう。

私の周囲でも声高に叫ばれるのは『風評被害に惑わされず東北の野菜を食べよう!』であり、
意見と言えばTVやネットでよく聞くようなフレーズの受け売りばっかりです。
日本全体がここまで深刻な事態に陥っているのですから、皆もっとそれぞれに個性的な、独自の見解をもっていて良いと思うのですが、例え事実であったとしも不安要素を敢えて口にすることは、ちょっとした反社会的な行為のようです。
それがある側面では日本人特有の優しさと言えるのかも知れませんが・・・。

kndchkさんのブログで知る海外から見る日本の現状と、自己認識とのギャップを埋めることに特に今、意味を感じています。でも、大好きなイタリアの記事も楽しみにしています!

1 ■本当そのとうりです。

私は都内在住で妊娠中なのでかなり気をつけて
生活していますが、周りは気にしない人がほとんど!小さいお子さんのいる家庭でも福島近辺の野菜を買っていたり、風評被害に負けない!って言う風潮が警戒している人達の肩身を狭くしてるんですよね・・・。
風評被害ではなく実害だと思ってます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110709/k10014098061000.html
こんなニュース昨日話題になってました。
高濃度の放射線の値を出した同じ所の牛肉が
検査もされず市場に出回っていたんです。
警戒していて正解だと思いました。

政府は国民をどうしたいんだろう?
本当、先行き不安で移住したいです(^^;

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。