Locations of visitors to this page
2011-01-04 20:41:39

◆ ドイツはいいなぁ・・・

テーマ:◇ ブログ

イタリアよもやま話

こののどかな風景は、去年の秋に行った、フライブルグの郊外の様子です。
日本の紅葉に勝るものはないと思っていましたが、
アルプスの向こうでの紅葉は、なかなかのものでした。

今回のドイツ行きでは、ほんと、
『何で、イタリアにしちゃったんだろ・・・』
と思うばかりか、周りの同僚すらも、
『なんでイタリアに生まれたんだろ・・・』
と言っていたくらい、ドイツの心地よさに感心しました。

ドイツにもいろいろあるのでしょうが、
フライブルグくらいの手頃な大きさの町だと、こんな感じなのでしょうか。
働く人々は皆朗らかだし、町と自然が共存しているし、
(フライブルグは、特に環境保護意識の発達した町ということで有名なんです)
物価もそこそこで、食べ物にもバラエティーがあって美味しい。

(つまり、今のイタリアは、それの全く逆なんですよね・・・)

イタリア人の同僚達は
『ビールが安い!!!』
と毎回の食事でガブ飲みしてました・・・・。

あんたらの行きつく所はそこかいな。


イタリアよもやま話


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

kndchkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■>ウルコさん

イタリア人のよさは、ある程度融通がきくことだったんですが、最近はなんだかわがままさが目立ちますね。今回の仕事でも、結局ドイツ人の方がもてなしが上手く、融通を利かせていました。10月末に、すでに最低気温が零度という寒さで、それが未だに続いていて、根雪状態だっちうのを聞くと、その長い冬に耐えられる私ではないような気がするけれど。でも、室内はどこも暖かっていうのは、イタリアではないです。却って、冬場はイタリアの方が寒く感じます。

9 ■>グイドさん

ドイツ人って、昔はカチコチだったようなイメージがあるけど、最近はちょっと柔らかくなった気がします。気のせいかな。

8 ■>旺角さん

一時のイタリアなら、まだよかったかもしれませんが、今のイタリアははっきり言ってすべてがめちゃくちゃですから、そこに住んでいるイタリア人も、相当すさんでいる気がします。
ドイツではたったの一週間だったので、まぁ、満足できました。しかも秋とは言え、最低気温が零度になってましたから、冬です。冬場の食べ物としてはよいのですよ。一ヶ月もいると、お魚料理が恋しくなるでしょう。さすがにNORDSEEがあったのはよかったけど(イタリアにはない!)

7 ■>あきさん

食べ物が豊富というか、結構美味しいと思いました。スープ類とかイタリアにないものが充実していましたし、国際色豊かで。もう大分寒かったので、そのせいかな。食材の多さからのレシピの多さではイタリアが断然勝りますね。(まずはお魚!)

6 ■ドイツ人は

反対にイタリアのお日様や陽気キャラに惹かれるんでしょうね。
私もknchkさんのように、北ヨーロッパに憧れるところがありますよ。
街並みがさりげなくオシャレだったり、ぬくもりを感じるようなイメージがあって。
ビールも美味しいし・・・って、私もラテン系発想あり。

遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いします。

5 ■ドイツよもやま話

やはりドイツは知っておきたいですね。
どこか日本にも似ているような景色。

4 ■無題

先日友人が数年のドイツ生活から帰国したのですけど、、、行く前と実際の生活のギャップはカナリ変わったようで 住んでもいい今後ずっと住んでもいいといってました。確かに 食べるものは、満足はいかないようですが、郷に入ったら郷に従えで 慣れるようです。
美味しいのは、ハムとサラミとソウセージだけとか。(笑)
でも 仕事環境も教育環境も日本に比べいいですし、、、
やっぱ 何が違うって、、、日本人がひねくれてて実生活が生活しにくいとか、、、、
仕事も生活も日本式ってのが、どうもいけないみたい。

3 ■食べ物が豊富なんですね

なんだか意外です。

ウインナーとビールとシュトーレンの国ってイメージしかないですから。

イタリアでは、ビールはドレハー・モレッティがピッツァに本当によく合って美味しいんですよね。

2 ■>ほり子さん

確かに、地続きってのはいいですね。
近いと言っても、行きは車で行きました。10時間ぐらいかかったかなぁ・・・。人数的にローコストの飛行機よりも、安かったんだそうです。(そこまでケチるか!!)まぁ、結局飛行機って早めに空港へいって、早めにチェックインして、遅れたりして、着いてからも空港から町までちょっとあったりするので、時間的にはそれほど差は無かったのだろうか、と思っています。
私もドイツ人の国民性っていうのがしっかりと分析できるほどの付き合いの経験ありませんが、イタリア人のちゃらんぽらんさはありませんね。(実際今回の仕事でも、そういったことでぶつかりそうになりました)
食べ物は、イタリアの方が国内産の新鮮な食材は多いでしょうが、イタリアでは余程の大都会でもなければ、イタリア料理しか食べれないけど、ドイツはちょっとした町でも国際色豊かですから、そういう意味では面白いし、サービスを見ていても、ていねいさ、親切さ、が見られました。

1 ■無題

ドイツに行かれましたか。近くてよいですねw
学生の頃ドイツに嵌ってドイツ語や地理や歴史の勉強を
独学でやっていました。
知り合いはいないのですが、何となく国民性が好きなんですよ♪
食べ物はイタリアの方がバラエティ豊かなイメージですが
違うのでしょうか?(^▽^;)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。