Locations of visitors to this page
2005-07-28 06:20:02

◆ ヴェネツィア式屋上~アルターナ~

テーマ:◇ ヴェネツィア裏散策

252

ヴェネツィアには、ALTANA(アルターナ)と呼ばれる屋上バルコニーがあります。
すべての家にあるというわけではなく、
家の改造には、小さいことまでやたらと厳しい法律があり、

どの家も自由に設置できるわけでもないのですが、
写真のアルターナは、その下のアパートについて、
「ミラノのお金持ちがあの家を買ったらしいよ」という噂が飛んだ数ヵ月後には
なかったはずのアルターナが新しく出来ていました・・・・。

さすがイタリア。

裏金がまわったんでしょうね・・・。
(いやいや、これは単なる個人的な推測ですよ。)

アルターナのある家の人々は、今の時期になると
日よけ布を張ってそこで涼んだり、日光浴したり、
夕食を食べたり、花火見物をしたりします。
バルコニーなんですが、
屋上なので、比較的誰からも見られない場所、ということが多いのです。

何世紀も前、ヴェネツィアの貴族女性は、
髪の毛だけが出る帽子をかぶって
(昔、日本で子供の洗髪用に売られていた穴のあいたドーナツのようなカサのある帽子に似ています)
夏にアルターナで髪の毛だけを日光にさらして
金髪をますます輝かしい金髪にするのが流行り、
そうやって出来た金髪はヴェネツィアン・ブロンドと呼ばれ称えられたとか、られなかったとか・・・。

いつの世の中も、女性の美への探究心には涙ぐましいものがありますね。

随分昔にヴェネツィアの街の美しい航空写真集の本が出版された際にも、
その販売を促すためか、
「あるアルターナで全裸の美女が日光浴しているのが撮影されていた」
などという噂が飛びましたっけ。

虫眼鏡で見なければ、わからない大きさですから、
嘘か本当かも、確かめる気もありませんが、
一生懸命目を凝らして捜し求めた殿方も多いことでしょう・・・。オホホホホ。






いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

kndchkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

14 ■>vitafeliceさん

ええっ!?あのすざましいスモッグの中で?
なんだかお金の無駄遣いですね・・・。

13 ■ミラノで

ヴェネツィア風物と言うことを知りながら、ミラノの建物にこれをつけているところもあります。
 やっぱりお金持ちが、ですけど。

12 ■>photo-couranteさん

いえいえ、まんざら初めてじゃないからあまり感動が無かったのですよ、我々日本人には。ヨーロッパではこういう木造の屋上テラスってあまり無いですが、これってちょっと日本の一昔前のサザエさんの漫画本とかに出てくる、布団干し場に似ていませんか?私は、そういう感覚ではじめ見ていて、特別視していなかったんです。イタリアの他都市からの友達が特別視したのをきっかけに、ヴェネツィア風物なんだとわかりました。

11 ■>じんべいさん

私はアルターナのある家には住んだこと無いですが、あったらいいなぁって思います。夏だったらマットレス持って上がって、一晩中星空を眺めながら寝転がっていたい!

10 ■>BONさん

私も若い頃バカみたいに手入れもせずに肌を焼いていましたが、秋になるとすぐに戻った。・・・のに、今は秋になると後遺症が…。イタリアでは焼きたくなくても周りのペースに影響されてなかなか難しいです。いやはや…。

9 ■なるほど・・・

こうして改めて指摘されると、そ憂い言えばあった、見た。と言う感じです。初めて見たものだから、そういうものだと思っただけでした。

こうして色んな情報を聞いてから改めて訪問してみたいです。
行きたいなーまた。

8 ■おもしろかったです

アルターナのお話おもしろかったです、やはり海外のお話は新鮮でいいですね。

7 ■これはいいですね♪

イタリアの男性は高いとこに住まなくちゃいけないですね(笑)
日本でもベランダでバーベQとかしてる方もいるし、いいですね~♪
でも最近は年のせいか、しみが恐くて外に出ると開放感に浸れなくなってしまいました(ノ_・。)

6 ■>旺角さん

同感です。すべてがお金ですね、今の世の中。イタリアの凄いところは、裏金の回るコネだけでなく、お金の回らないコネ(家族・親戚・友達)が大きな顔で通用することです。コネなしでは何もできません。

5 ■イタリア

やっぱりイタリアでも なんでもお金で解決できるんですか?
世の中 汚職ばっかりでいやになります。

4 ■>和菓子屋さん

たまたま家についてた、という場合がほとんどですね。ほとんどが最上階の家の場合ですが。この記事の例のように「もともと無かったところにつけちゃう」ことが出来たのは、相当のコネがあったか、裏金が回ったかのどちらかだと言われています。ヴェネツィアは歴史保存のために、自分の家の中をちょっと改造するのにも市の許可を受けるのが大変なようで、ましてや外回りとなると、外観に伴う法律とかにも関わってきますから。

3 ■>indonesia-chutsuma さん

うんうん、いいですねぇ~。私も下からいいなぁ、って見てるだけ。たまに友達のところにお呼ばれで行く程度です。でもindonesia-chutsumaさんの記事見ていたら、インドネシアこそこういうのんびり(ダラダラ)できるオシャレで素敵な作りの家が多いみたいで、毎回羨ましがってる私ですが・・・。

2 ■う~ん。

いいですねぇ。屋上バルコニー。お金持ちでないと所有する事が出来ないのかなぁ。自分の家にあったら最高だろうなぁ。昼はビール飲んだり、夜もビール飲んだり(爆)

少し前に、ルーフバルコニー付きマンションが近所で売りに出されていて夫と買いたいね!と盛り上がったことがありましたが・・・。お金がありませんでした(涙)

1 ■誰にも邪魔されない空間♪

う~ん、自分がアルターナの上で、のんびりカプチーノ飲んで読書したり、ベネツィアの夜空の中、誰にも邪魔されずにワイン飲んで、まったりしている姿を想像してしまった!!いいな~。ステキな生活だわ☆

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。