壁広告の是非

珍しく連日更新です。
GPSロシア杯も終わってグランプリシリーズ折り返し地点ですねー

さて、テレビを見ていて広告に苦言を言ってる方を沢山お見受けしました。
広告業の片隅に所属している身としては、
「そんなこと言ってもなー」
と思わざるをえない意見が多数流れてくるのを見かけます。 

確かにフィギュアスケートは美を競う採点競技。あのコッテコテの看板を見て閉口する方が沢山いらっしゃるのも分かるのですが、ちょっと待ったです。
そもそも「大●式やめてよ」とか呟いてる時点で広告成功とかカウントされちゃいますから。
広告とは色んな目的があるのです。

人気のスポーツのフィギュアのスポンサーである事で企業イメージを上げたい、社会に貢献してることを広めたいってレベルの企業も勿論あるし、高須先生みたく困ってるアスリートの支援にって広告出して下さってる方もいらっしゃいます。
が、あまり広く知れていない企業としては、知名度を上げる、認知してもらうが第一目的の可能性が高いです。
そんな企業を捕まえて、あんな悪目立ちするよーな広告を出すなんてセンス悪いとか、もっと目立たない広告に変えろとか

無駄な助言と言わざるをえません ( ˙-˙ ) 
というか、相手からしたら
やったー目だったーこれでいいんだー
とか認識される可能性が高いと思います。

あと、広告主の業種を捕まえてフィギュアに相応しくない。テニスやF1なんかは厳しい選定があるという意見を見かけました。

テニスとかF1とかと比べちゃダメです。
フィギュアスケートはめっちゃマイナー競技です。日本にいたら分からないと思いますが、間違いなく国際社会では、フィギュアの五輪金メダリストよりテニスの錦織くんの方が知名度は上です。
競技人口もファンの規模ももちろん動く資金の金額も全然違います。F1も昔ほどの煌びやかさはないかもしれませんが、全然メジャーです。メジャー故にスポンサーになりたい企業も山のように居るのです。なので、選定が可能なのです。

フィギュアの人気がここまで上がったのはこの5年くらいです。私は10年くらい前から熱心に見てますが、最初の頃は全日本なんて三千円くらいで見れました。大輔さんが男子初のワールドチャンピオンに輝くのに100年かかった事を考えれば、いかにこの状況が日本スケート界にとって、異次元の出来事で突発的臨時利益を得ている気分になるか分かってもらえるでしょうか。
昔飛ぶ鳥を落とす勢いだったアメリカのフィギュア人気の昨今の凋落っぷりを対岸の火事であると誰が言えるでしょう。

長年スポンサーやってくれてた企業もいれば新たに手を挙げる企業もいるでしょう。
果たしてそんな連盟が
君たちは我々のスポンサーに相応しくないよ
なんて言えると思いますか?
私には思えません ( ˙-˙ ) 

それと、壁広告に関しては各試合の開催元が決めてると思います。
勿論当然地元の企業広告を載せるのがベストですが、現在フィギュアの人気は日本以外は低迷しており、手を挙げる企業は日本放送での露出を当てにする日本企業ばかりとなっております。

スケートアメリカの壁に地元の企業広告が増えてたのは朗報です。あの国はやはりどーしてもフィギュアは女子のメダリストが居ないとダメなんですよねー( ;∀;)
バンクーバーもソチも金メダリスト出したのに( ;∀;)
男子とダンスの五輪の金より女子のワールド銅なのね( ;∀;)

というわけで、わりと無駄に腹を立てて無駄に抗議をしてる方が多いなあという印象を受けたのでした。

日本の連盟として壁広告はたぶん全日本とかの方がよく分かるんじゃないかなあと思います。
GPS日本大会はNHKが主催なので、それこそなかなかハードルの高い広告掲載規定があるんじゃないかなあと思います。
どーしてもアレとかソレの広告掲載をやめさせたい方は少なくても英語でツイートしないと主催側に届かないんじゃないかなあと思います。

まあ、流石にアコムでローン組んだらアフターパーティーご招待の企画は閉口しましたけど、それだってまあ、言ってしまえば
サラ金に自分の個人情報流してもアフターパーティーに行ければいいやって人がいれば、それはそれで個人の自由だしねー ( ˙-˙ ) 

という事をツラツラ考えてのでした。

AD

ユーリ!!! on ICE

テーマ:
いやー
なかなかびっくりなアニメが始まりましたねー
ユーリ!!! on ICE

放送局がテレ朝なのでグランプリファイナルの金メダルを目指しちゃうとこがなんともビミョーなのですが、それ以外はアニメの荒唐無稽さと、本番さながらの振り付けや衣装デザイン、取材考察に裏打ちされたリアルさが絶妙な混ざり具合で、世のアニオタのみならすスケオタ果ては本物のスケーターまでが楽しみにしてる次第。

フィギュア人気のフィーバー半端ない日本で、世界のオタク大国ニッポンだからこそできるこのアニメの企画。
どっちからの企画だったのかなー
製作会社からの企画だったら、最初フジに持ち込んだかもなー( ;∀;)
それならワールドの金メダルを目指せたのに…

さてこのアニメ、テレビ放送と1日違いでの配信がある事もあり、地上波はあんまないのですが、昨今のアニメは円盤やグッズの売り上げで制作費を回収するモデルケースなので、今の人気っぷりなら十分採算取れるんちゃうかなあーと思います。蓋を開けてみらば、今期の覇権アニメのダークホースでした。

また、たぶんなのですがテレ朝のグランプリシリーズの販促的な側面もあるようなので、円盤で回収する前にある程度の制作費があったのではないかと予測。

実際に観に行くスケオタというのはかなり資金力と時間に自由のきく層以外はなかなかなれないものでして、かくゆう私もかなりキツイ( ;∀;)
値上がり半端ねーよと嘆いているわけで

これだけ人気があるにも関わらず動員数やなんかはソチ前と同じかもしくは微増、或いは減っているかもしれません。そこで、新たな層の掘り起こしが考えられたのだと思われます。
今まで会場に足を向けなかった層、もしくはテレビを見なかった層の獲得にに白羽の矢が立ったのが、資金も時間も情熱もスケオタに勝るとも劣らず、さらに数が圧倒的なアニオタの皆さんなんだろーなーと思います。

その点ユーリは新たな層の掘り起こしにがっちり成功したんですが、どーも何というか今のテレビとか選手に向かわせようと思って居たところビミョーに曲がった気がしないでもないというか

想定以上に我らが大輔さんを思い出した人が多いようで、偏にその戦犯は
振付師宮本賢二その人だと思われます( ;∀;)

まあ、テレ朝としては現放送のグランプリシリーズの視聴率アップが最優先目的だったんやろーなーと思うのですが、リアリティ追求の為本物の振付師である氏を起用したところ
 
アニオタの皆さんに物凄い既視感を覚えさせることになったとw

高橋大輔のファンとしては

腰がくびれてないし
頭も首もあんま動かさないので
勇利くんにあんまり大輔さん感は感じないのですが、振り付けはやっぱ物凄い宮本賢二臭がしてるので

普通の人なら然もありなんなのですがね

というわけで、私も凄く毎週楽しみにしております。

1クールらしいので、あとはもうグランプリシリーズの話で終わっちゃうかな
金メダル取れるといいね( ̄▽ ̄)

しかし、私的にはヴィクトルはプルってよりステファン感半端ないんだけど( ̄▽ ̄)

AD
実はかんだはAOIツアーに行った最大の理由は

もしかしたらこれが最後の海外ツアーになるかもしれないだったのです。


そもそもあのシーズンの大輔さん

臨海から始まって怒濤のごとく

カザフ、幕張、味の素トークショー、終身名誉店長、富山、新潟、東京、アイスのゲスト、フレンズ、プーマトークショー、引退宣言、学生教室、クリスマス、プーマトークショー、スターズ、AOI、チャリティー


怒濤の様にショーに出て、トークショーを開催して
あんまりしないのにフレンズの行きにサインとかもしてて

まるで何だか

さよなら、さよならって色んな人に、場所に、ものに言っているような気がしてたのです。私は。

勿論、「辞めるなんて思ってなかったよ」っていうお友達が沢山いて、今の状況を考えるとそうなんだけど、私は

沢山の場所や色んなアイスショー、それに携わる人、地域の人、地域のファンに向かって、その時できる限りのサービスをしてくれて

さようなら

って言われている気がしてたのです。

10年近くファンしてて、欲しくて欲しくてもらえなかったサインが2枚、この年手に入りました。今となってはもう二度と手に入らないjapanの付いた最後の方のサインを貰えたのは、本当にラッキーだった。
でも、そういうのは大輔さんがそれまではとは比べ物にならないくらいそういう機会を設けてくれて、少しでも沢山のファンにそういったものを返そうとしてくれたからだろうなって、今でも実は思ってる。

アイスのゲストや、クリスマスのcobaさんとの競演も「やるって約束したから」だったんじゃないかと。今やっとかないとこれから出来るか分からない、あるいはもう無いかもしれないからって気持ちだったんじゃないかなと。

その中で、実はこの年は本当に私にしては珍しく皆勤に近いような形でショーに向かってたのはたぶんどこかで大輔さんがアレを滑るのではないかと思っていたから。

「Time to say good bye」を。


旅立ちの曲だと分かっていても、それは大輔さんにとっては新しい世界の旅立ちであって、残されていく我々はもう彼の姿を見る事はできない「さよなら」のプログラムなんじゃないかなと。

だから、どうしてもこれだけは見たい
でも見たくない
お別れなんか言われたくない

待てと言われたら犬の様に
雨の日も風の日も嵐の日も雪の日も

私は待てるというのに

大輔さんは「待っててくださいね」とも言わず居なくなってしまった。


後には演じられなかった、或は音無で不完全な形の「Time to say good bye」だけがぽつんと取り残された。



それがなんと 今度ハワイ〜で演じられるという

何と言う事だろう


ああ、もう私はあの曲を怖がらなくていいんだ


ぎゃーーーーーーーーーー
Time to say good bye
見たい見たい見たいーーーーーーーーー

初演うらやまーーーーーーーーーー

ハワイ行きてええええええええええ!!!!!!!!!



と素直に思う自分に驚いたのです。



あの日、ぽつんと取り残されたお別れの言葉は
単なる音の羅列になり

高橋大輔というスケーターの
素晴らしいプログラムの一つになるのです

それもハワイで。

あの韓国のよく分からないどんよりとした胡散臭いリンクで
音楽の化身が音楽を消された状態の不完全なプログラムが

青い空と白い雲と綺麗な海の湿り気の無い空気の中で
踊られるのだ
(ごめん、天井と壁はあるけど今は考えない)


AOIツアーは本当に楽しかったし、大輔さんが沢山色々やってくれて本当に嬉しかった。
ショー自体も素晴らしかったし、日本でもこんな凄いのが見られたらなった今でも思ってる。

でもあのお高いツアーに参加できたのはソチに行けなかった貯金があったのと、今まで一回も行った事が無い海外観戦に行ってみたかったから。

大輔さんが引退しちゃったので結局一回も試合を海外には見に行けなかった。
最後のチャンスだったソチは自分で潰してしまったので、それはもう仕方ないけど。

私にはとても分不相応なツアーなので、たぶん今後行ける見込みはサマージャンボ様とかに託される訳だけど

それでもその一回を何度も何度も噛み締めるくらいは楽しかった。

だから、きっとハワイも凄く楽しいと思う。

でも、残念ながら私はもう行けないし、行く人が羨ましい事には変わらないけど、ハワイツアーを親の仇のように嫌ってて何かっていうと文句付ける人の気持ちはさっぱり分からない。

格差があるなんて、前からじゃん。

元々フィギュアの観戦なんて地方差もあるし、ショーだっていい席に毎回座っているマダムや、なんかがいるのは百も承知しているし、そういう人が支えている部分がある事も知ってる。
中には今回タイミングあって初めて海外ツアー参加を決めたって私のように毎度行けない人が頑張って行く人だっているだろう。

別にそれはハワイが東京になったって、スターズグリーティングがLOTFになったって変わらないのに。

初演だって言ってるんだから、いつかやってくれるだろうし、今回は動画撮影オッケーだからきっと誰かが撮って来てくれるだろうし、TBSが入ってるからもしかしたらどっかで流れるかもしれない。

SOIあたりでやるかもしれない。


そもそも、大輔さんと私たちの間にはマリアナ海溝くらい深い溝があって、
我々は単なる一ファンで一視聴者で、後援者でもスポンサーでもなければ、
それこそ、彼えの靴のエッジの先くらいになるかならないかの存在にしか過ぎない。
自分たちがいなくてはあなたはやっていけないのよ、私たちがあなたを支えているのよなんて、私はとても言えないよ。
出された物を美味しく食べるか、これは口に合わないからほどほどにって思うか、これは高くて買えませんってなるかの三択の余地しか無いのに。


確かにあれは特別な曲だったけど、特別なのは私たちにとってであって、大輔さんにはどうか分からない。
特別だったかもしれないし、もう特別じゃないのかもしれないし、意外とケロっと勿体ないから使おうかかもしれないし、忘れないうちに滑っておこうかもしれない。


ハワイで滑ってもいっかって思ったんならそれでいい。

もうアレを見てもさよならって言われないならそれでいいのだ。


そんでも、いつかやっぱりそういう時はきて
私たちは彼が靴を脱ぐのを見なくては行けない。
アスリートにはいつか必ずその日が来る。
フィギュアスケート選手は選手が終わってもスケーターになれる分、他の競技よりそのリミットまでの時間は長い。

いつか、今度は違ったさよならの曲が出てくるんだと思うけれど
きっとそれは違う曲と違うプログラムなんだと思う。

だから、私はTime to say good bye が good byeじゃなくなった日をとても心の底から喜んでいる。

取り敢えず、怯える日々は終わったのだから。

ああ、ブログの名前変えよ…
AD