1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-22 23:18:33

作ってみたのよ

テーマ:高橋大輔
前のiPhoneの時は黒地に金色のD1SKロゴシール貼ってたのですが、スワロがポロポロ落ちるので、今度は自作しましたあ


photo:01


因みに2200円程掛かりましたが、出来は満足。
あたしのiPhoneちゃんはゴールドなので背景生かすデザインにしております。


iPhoneからの投稿
PR
2014-04-22 00:00:36

去就欠片

テーマ:高橋大輔
今日の関大のイベント、たぶんイベントだけならローカルニュースで終わると思ってたけど、今年は全休とゆう去就の欠片がきたので、話題として全国区になりそうです。

しかし、イベントは織田氏とのイチャコラが

((((;゚Д゚))))))) て驚いた。

いつかは君らそんな仲に(^◇^;)



わんこ的な可愛らしさだったのでTLの流れだけでも、楽しかったけど、平昌の時は募金しようと心の底から思いました。

さて、今季は試合を見に行く必要がなくなったので、その分貯金ですよ。

休戦明けには海外かもしれんからねー


iPhoneからの投稿
2014-04-11 21:45:05

東日本大震災チャリティー演技会に行って来たよ その4

テーマ:高橋大輔
お待たせ、出来れば明日の「誰も知らない高橋大輔」の前にレポを終えたい!

というわけで、頑張ります!!!


休憩終わって、

さて、誰が出てくるのかなって思ってたらなんと

宮本センセ&安原綾菜さんのダンス!!!!!
会場がものすっごい歓声に包まれました。

うひょおおおおおおおおおおおおおおおお です。

神戸で今まで聞いた中でもしかしたら一番でっかい歓声だったかもしれないです。

賢二先生はなんと8年ぶりの演技。どきどきでした。
流石、正統派ダンスという感じで、先生まだまだいけるんちゃうん的な気持ちでみさせていただきました。

終わった後、大輔さんがMC。「皆さん、今日来た人はレアですよ」と大興奮。大輔さん自体が大興奮だったのがよく分かりました。パートナーの綾菜選手にも拍手的な事を大輔さんが言ったので、「そりゃそうか。カップル初めてでたもんな、大変だったなぁ」とか思ってたら、後から出て来た後日談では綾菜ちゃんは大輔さんに「もっと賢二先生を労ってヽ(;´Д`)ノ」と言われていたそうな。うふふ。4日で形にしたそうで、先生流石です。

いっつも思うんだけど、アイスダンス出身の振り付け師の人は、やっぱりアイスダンスの振付けをするのが夢なのかなぁ~と。どうなんでしょうねぇ。。。


お次はとうとう皆勤は一人だけになってしまった、岳斗先生。わーぱちぱちの拍手の中、お弟子さんたちの「先生、がんばー」のかけ声が響き渡って、ちょっとテレテレの岳斗先生。なかなか斬新なかけ声だわ。
アダムスファミリーはフレンズでもすっごく楽しかったです。大輔さんMCにて「ものすっごく練習してました。笑いの影には努力は潜んでいるのです」みたいな事を言ってました。
で、途中フレンズでは照明落としてハンドくんだけ見えるようにする演出がありまして、どうするのかなぁと思ってたら、
あ、なんかごそごそいてるぞって大輔ウォッチャーなるワタクシの右目がアラートを出すと、大輔さん賢二先生の眼鏡を借りてリンクイン。
そして、岳斗先生のハンド君にビンタされてころんと転がる小芝居を。


なにそれ
かわいい
(〃∇〃)



もうね、一音一音に小芝居の動作が全部あってるんですよ。この人はホント根っから骨から骨髄からダンサー、音楽から切り離せない人。
で、ちょんちょんちょんって顔を動かすのとか、すっごい何だろうコミカルな動き。簡単にやってるんですけどね。意外とあそこまでタイミング合わせるの大変だと思うけど、たぶん無意識なんだろうなぁ。

で、出番が終わった後、賢二先生のとこまでちょんちょんって滑りながら、あかんかった~みたいに片手を顔の前でフリフリしてましたが、


いや、まだまだ 君の引き出しは無限大だ

と私は確信したのでした。


岳斗先生は終わった後、サブリンクまでご挨拶(足が長いから出来るんですよ、もちろん)
で、リプニツカヤの物まね付き。反対側にもご挨拶。
どこまでもエンターテイナー。。。素敵です。


それから、上野沙耶さんの時はまるでコーチの様に大輔さんはフェンス際でものすっごい演技のいっこいっこに「うん、うん、うっん」って頷きながら見てて、その動作が歌子先生にそっくりで私としては、たぶん後々エントリーするであろう歌子先生への気持ちもあって、とても切なくなっちゃったのでした。


宮原さんの二回目、織田氏の二回目の後、浅田さんのジュピター。

あたしがあんまり浅田選手のファンではない事は、ここのブログを読まれている方ならご存知かと思われますが、正直

えらい上手になったんやなぁって思って感心して見ました。

スピードもタメも優雅さも段違いというか

へえええええええええええええええ 綺麗なスケーターになったんやなぁって

幼子の成長を見る様な不思議な気持ちになりました。

結構彼女の演技も見てる筈なんですが、たぶんこのジュピターが昔に比べやすかったのかもしれません。

ちょっとすごくびっくりしてしまいました。
ああ、これはほんとに沢山ファンがいるのも分かるわあって

実は初めて思ったんですよ、
いや、申し訳ないヽ(;´Д`)ノ


で、フィナーレはいつものAIさんのストーリー。

そこに大輔さんが居ない事、私の目の前でバックヤードで氷の上で踊っている事、
大きな声で彼が歌っているであろうその口と、

本来なら彼が滑っている場所を目の前にして

どうして泣かずに居られるでしょう。

かんだは、大輔さんが出てきた時は泣かずに居られたのですが、
このフィナーレのときは駄目でした。


なんかね、ほんとあの時は「神も仏もあるもんか、二度と神様になんか祈らない」って思ったんですがね、

ああ、もしも本当にこの世にそういうものが居るのなら
あの人を
氷の上にもどしてやってください

って心から思ったのでした。。。しょんぼり。



で、大輔さんの閉会のご挨拶。暖かくも優しい声。
そしてわたくしの真っ正面で


絶対目あったと思う
これは間違いない!
間違いない(大事な事なので二回言いました)


出来る限りは続けたい

と彼が言うならば、私らはそれに応えるだけさ!


という訳で、演技会は無事終了。

募金までの間にオークションの落札者の発表です。

ええっと。今年もだめだったんだけど。もちろん。
でも今年は結構張り込んだんだけどなぁ。
来年リベンジ!

まあ、ぽっぽさんとこご夫婦で参戦だったそうなので
でかいのはもってかれるわな、そりゃ。。。

で、それからご存知募金の死のロードです。
なぜ死のロードかと言うと、長いんです。ハンパ無く長いんです。
それもC席B席から始まって、数字がどんどん大きくなっていくブロック退場。
毎年数時間かかるのですが、S席ならば2時間近くは当たり前。

なので、今年はちょっと賢くなったので、パンを買って来たのでした。
夕飯に。うん。終わったら11時くらいかもって事で。

で、毎年神戸にこれの為に行くのですが、いつも駅に美味しそうなパン屋さんがあったので、今年はそこでパンを買ったのですが、


びみょー(-。-;)

4年越しの恋だったのに…しょんぼり


というわけで、ぼちぼち待っておりましたら、賢二先生が登場。
去年はeyeの振付けをバックステージ側にだけ見せてくれて、メイン側悲鳴だったので今年は氷の真ん中で

ちょっとだけ物まねを数回に渡って披露してくれました。

以下演目

欧米女子のキレキレの時のバッククロスの切り替え

全米選手権で、1人はいるであろう振り付け

キレキレの高橋大輔がやりそうな動き 
眼鏡を外しておられました。大輔さんの振付けの時はいつもそうしてらっしゃるそうです

田村岳斗先生のフリップジャンプ

勝ってる人は座れない勝ち抜きジャンケン

逆イナバウアー

初めてのスケートで、ちょっとスピードが出た時のこけ方

ここまでは私も見ていたのですが、私の順番になったので退場。

この後はなんと曲付きでeye、曲なしでソナチネだった模様。
僕が高橋大輔の振付けをしてると分かってもらえたでしょうかみたいなMCがあったとか。


で、募金。はしっこに大輔さん、その横に真央さん、そして織田氏~みたいな感じで全部で11個の募金箱。

少ない。

いつもより少ない。。。15個分用意してきたのに…

というわけで、かんだの心に悪魔が囁きました。
その分を袋に残して、大輔さんの募金箱に最後にざざっと入れるのよ(///∇//)

というわけで、募金箱にちゃくちゃくと入れていくのですが、どの子もお疲れの中、頑張ってます。
なんかね、今の子ってほんと
顔小さいし、手足長いし、妖精みたいだなぁって思います。人種が違うね、ほんと。

で、ぞろぞろ前の人についてく訳ですが、色々と大輔さんに何と言うか考えておるわけですよ。今年こそ、「がんばってください」を卒業したい。

いつも応援してます ←当たり前やん

これからも応援してます ←おしつけがましいかな

ずっと待ってます ←嫁か

みんなといっしょにずっと待ってます ←みんなって誰やねん

今日来れなかった友人一同ずっと応援してます ←長いわ

みたいなやり取りを頭の中でしつつ、一緒に並んでいたお友達としゃべっておりました。

真央さん。目の下にくっきり隈。お疲れモード。思わず
「お疲れさまです」
って言ってしまいました。お前はどこの同僚か(;´▽`A``

で、焦っていたおり


だ、だ、だ


大輔さん


きたーーーー


ヽ(゜▽、゜)ノ



とテンパッたわたくしは
さあ、今こそ
ざざっと作戦よ!と袋を逆さにしたのですが


出ない!!!!!!!!

という焦りから

「あれ?あれ?」

と袋を逆さにして振り回しているとですね、

耳元で

「大丈夫ですか?」




耳元で


わたくしの

耳元で

ええ、ええ、

あなたが跳べる様にと
ずっと付けておりました
金色の鳥のピアスのついた

ワタクシの耳元に

直接


ええええええええええええ
(*´σー`)




腰が砕けるかと思った


そして、


間近の大輔さんのビジュアル的記憶は
全てこの声に塗りつぶされたのでした。



うひゃあああああああああああああああ


っとなって、並んでいる間色々考えてた言葉は

「が、がんばってくださーい」

ダッシュ退場


という


4年間毎年変わらぬ顛末を迎えたのでした。。。


というわけで、わたくしの東日本大震災チャリティー演技会はいつもの幕を閉じたのでした。

当日滑ってくださったスケーターの皆さん、

一緒にお話してくださったお友達

一緒に歓声を送ったスケートファンの皆さん

運営に関わった皆さん

神戸の皆さん

そしてそして

我らがヒーロー

高橋大輔



毎年の事、お疲れさまでした。


ありがとう!また来年も絶対行きます!


大輔さんが大輔さんである限り
私の夢は終わらないのだと

再認識した日でありました。



[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>