奈良市の春日大社参道で3月、ボーガン用とみられる鉄製の矢が刺さったシカが見つかり、その後死んだ事件で、奈良県警は13日、文化財保護法違反(天然記念物のき損)の疑いで津市の飲食店経営・稲垣銀次郎容疑者(39)と知人の伊達恵容疑者(37)を逮捕した。

 奈良県警によると、稲垣容疑者は「シカ肉は高く売れると聞いた。金に困っていた」と供述。伊達容疑者は「一緒に奈良に行ったが、私はやっていない」と否認。県警は以前にシカを殺した可能性もあるとみて、鳥獣保護法違反(弓矢による狩猟)の疑いでも調べる。

 2人の逮捕容疑は、共謀して3月12日夜から13日朝にかけて、春日大社の境内で矢を放ち、シカを傷つけた疑い。県警によると、3月15日に「シカ肉を食べないか、というような話をしている男がいた」との情報提供が三重県警を通じてあり、稲垣容疑者が浮上。現場付近の防犯カメラに姿が映っていたことから特定された。矢が刺さったのは、天然記念物に指定されている奈良公園のシカ。推定10歳くらい、体重約44キロの雌で、死後の解剖で妊娠していたことが分かっている。

 兵庫・丹波市のシカ肉処理業者によると、殺されたシカと同種のホンシュウジカの平均的な体重は40キロで、食肉として利用できる部分は13キロ程度。そのうちフランス料理店やホテルなどと取引されるのは、1キロあたり5000円とされる背ロースなど、4、5キロ分だけ。1頭あたりの売り上げは、2万円に満たないという。

日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
<村本博之さん>18日に葬儀 東京・南青山(毎日新聞)
<枝野担当相>「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補(毎日新聞)
<プラダジャパン>元部長が解雇無効の確認など求める(毎日新聞)
恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める-河村名古屋市長(時事通信)
AD