文化庁は8日、高松塚古墳(奈良県明日香村)の飛鳥美人など国宝壁画を、5月8~16日(13日を除く)に一般公開すると発表した。1日約500人(時間は約10分)限定で、事前申し込みが必要。村内の修理施設にある壁画を窓ガラス越しに見学できる。

 希望者は往復はがきに、5人までの名前(ふりがな)、年齢、性別と、代表者の郵便番号、住所、電話番号、希望日と午前午後の別(第3希望まで)を記入。介護が必要な人や車椅子の場合は明記し、〒530-8090(住所不要) 郵便事業会社大阪支店留置「国宝高松塚古墳壁画修理作業室の一般公開事務局」係。18日消印有効。インターネット(http://takamatsuzuka.com/)でも申し込み可能。応募者多数の場合は抽選。

【関連ニュース】
平城宮跡:第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす
天皇、皇后両陛下:長岡宮跡を視察
イタリア:「ネロの宮殿」地下廊下の天井崩壊
高松塚古墳:保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告
奈良・観音寺本馬遺跡:縄文のクリ林発見 人為的に栽培

日本の高校生「授業・宿題以外勉強しない」 米中韓に比べ突出(産経新聞)
園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)
練習中に倒れ植物状態、4億円賠償求め両親ら提訴(読売新聞)
10年度予算「あり得ない姿」=仙谷担当相(時事通信)
民主党ITS議連会長に高木義明氏(レスポンス)
AD