鳩山首相が公邸に入居した際にかかった費用が、政府が公表した413万円ではなく、実際は約700万円にのぼっていたことが10日、政府関係者の話でわかった。

 清掃費など約280万円を含めなかったためで、「過少申告」との批判が出そうだ。

 政府は9日の閣議で、障子の張り替え、フローリングの床の補修などの「内装補修」に計約413万円を支出したとの答弁書を決定した。答弁書は、これまでも首相交代の際は「点検・清掃」や「内装補修」を行ってきたとして、安倍元首相の場合は約222万円、福田元首相は282万円、麻生前首相は382万円を支出したとした。

 鳩山首相の場合は「内装補修」だけを公表し、過去3代の首相の支出額には含めた「点検・清掃」費約280万円を外したことになる。「点検・清掃」費を除いた過去3代の首相の支出額は数十万~百数十万円にとどまっている。

京都大「iPod」などに講義配信へ(読売新聞)
民主 複数人区、擁立進まず 「政治とカネ」が影(毎日新聞)
宗男氏「首相側近は政治オンチ」(産経新聞)
准看受験可など提言―EPA受け入れで四病協(医療介護CBニュース)
<裁判員裁判>父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決(毎日新聞)
AD