1978年から直木賞の選考委員を務める作家五木寛之さん(77)が、同委員を辞任する意向を関係者に伝えていたことが20日分かった。
 19日発行の「日刊ゲンダイ」の連載エッセーで明らかにした。22日発売の「オール読物」(文芸春秋)3月号の中で、佐々木譲さんの同賞受賞作「廃墟に乞う」についての選評に「大きな間違い」があった責任を取るとしている。同誌編集部によると、五木さんは作品中になかった「破顔する」という表現について論じた。文芸春秋側は慰留している。 

3人組が身ぐるみはがして逃走 下着まで… 東京・北区で路上強盗(産経新聞)
「子どもたちを守るワクチンの普及を」(医療介護CBニュース)
<訃報>雨宮淳さん72歳=彫刻家、日本彫刻会元理事長(毎日新聞)
玩具映画後世に 戦前の名作 よみがえるチャンバラ(産経新聞)
山下が勝ち1勝3敗=囲碁棋聖戦(時事通信)
AD