政府が法制化を目指している「国と地方の協議の場」の設置に向けた検討会が18日、首相官邸で開かれ、「協議の場」設置法案の骨子がまとまった。地方側は会議の議長に首相が就くよう求めていたが、首相は会議メンバーから外れ、任意に出席する程度にとどまった。政府は骨子を元に法案を3月中に閣議決定し、開会中の通常国会に提出する予定。

 骨子によると、メンバーは官房長官や総務相、全国知事会など地方6団体の代表らで構成。首相は会議を招集し、議長を指定する。会議のメンバーは首相に会議を臨時に招集するよう求めることができる。【石川貴教】

地元産和牛の脂を活用したせっけん 佐賀市の精肉店(産経新聞)
幹部らの会社に34億円=短期融資、破綻前半年で2.5倍-トランス社増資に関連か(時事通信)
19日から迂回路開通=登山道がけ崩れで-鹿児島・屋久島(時事通信)
<ソーセージ>BSE発生国の牛肉使用…中部空港で見つかる(毎日新聞)
エビ養殖詐欺、元幹部に無罪=「故意認められず」-東京地裁(時事通信)
AD