kmsshigotoのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

前篇に続き、漫画家としてお仕事をされているTaroさんにお話を伺っていきます。

Q.引き続き、お話を伺わせていただきたいのですが、漫画家の収入についてはいかがでしょうか。


A.収入に関しては厳しい世界ですね。漫画収入のみで生活していけるのは単行本が出るぐらいの漫画家だけだと思います。多くの人は他の仕事もしながら漫画を描いていますね。

ちなみに私は、漫画を描く以外の仕事として、空いている時間を利用してイラストを描く仕事もしています。ゲームやご当地プロジェクトのキャラクターをデザインしたり、企業の漫画パンフレットを制作したりもしています。


Q.そんな厳しい漫画家という仕事に求められるスキルには、何があるとお考えですか。


A.忍耐力ですね。

もちろん売れるまで時間がかかるという意味もあるんですが、漫画を完成させるのにも長い工程があるからなんですね。

その工程と言うのは、文章でストーリーやキャラ設定を行う「①プロット」、ラフの「②ネーム」、「③下書き」、「④ペン入れ」、「⑤仕上げ」があります。

「③下書き」は漫画を描いているという感覚で楽しいのですが、「④ペン入れ」や「⑤仕上げ」は単に作業という感覚がして、まさに忍耐力が必要だと感じているからです。

 
  上段が「②ネーム」、中段が「③下書き」、下段が「⑤仕上げ」


Q.では、漫画家を夢見るお子さんがいらっしゃるご両親に、親として、してあげてほしいことにはどんなことがありますか。


A.お子さんが漫画を描いて持ってきたりしたときに、口を出さないことをお願いしたいですね。というのは、大人からしたら、「もっとこう描いた方がいい」とか、「こういう展開の方が分かりやすい」とかあると思うのですが、子どもは子どもの世界でイメージをして描いているので、温かい目で見守ってほしいですね。

あとは、道具が高いので、本気で漫画家を夢見ているなら、道具を揃えてあげてください(笑)

Q.また、お子さんへ向けてのメッセージはありますか。

A.「しっかり勉強をすること」ですね。

漫画を描くという仕事には、絵を描くことの上手さも必要なのですが、それだけではなく、様々な分野の知識が必要になってくるんですね。ですから、しっかり勉強をしておくと、知識の引き出しを持っておくことができ、大いに役立つからです。


Q.最後に、今後のTaroさんの目標というか、活動方針をお聞かせいただけますか。


A.そうですね。最初に描く雑誌のジャンルによってTaro以外の名前もあると言いましたが、この先の将来は1社のみとして、Taroを中心に活動をしていこうと考えています。

  
こちらは先日制作された『ヨワムシノモノガタリ』(ZINE:自費出版雑誌)。


 
 こちらは昨年のクリエーターズマーケットのLIVEペイントの完成作品。

 

■プロフィール
【ペンネーム】Taro(たろ)
【 趣 味 】  津軽三味線、津軽三味線漫画日記の更新

三重県出身、愛知県在住の漫画家、イラストレーター。
大学卒業後、飲食業界に就職するも漫画家になることを諦められず、漫画を描き始め持ち込みを繰り返す。
そうこうするうちに、デザインやイラストのお手伝いが増え、さらにそうこうするうちに、個人的にもお仕事をいただけるようになって現在に至る。
最近ではイベントでのライブペイントやZINE制作も行っている。

■サイト
http://www.taros-studio.com/ (ホームページ)
https://www.facebook.com/taros.studio/ (facebook)
http://ameblo.jp/taro-v-maru/ (ブログ)
http://p758.jp/ (参加プロジェクト)



≪インタビュアー:廣江淳哉(ひろえFP社労士事務所 )≫

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

kmsshigotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。