kmsshigotoのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

前編に続き、“お豆腐屋さん”のとうふ屋しろ山内謙次さんにお話を伺いました。



kmsshigotoのブログ

↑山内さん。



Q.続いては、「子ども」というのを1つのキーワードにお話を伺いたいのですが、山内さんはどんなお子さんでしたか。また、子どもの時の体験が今のお仕事に結びついていると思いますか


そうですね。とにかく、勉強が嫌いでした(苦笑)ただ、大人になって学ぶことの楽しさを知れたという意味では、今の仕事にプラスになっているのかもしれません。


Q.お豆腐屋さんや食料品の製造販売自営業をしていく上で、子どもの頃からしておくといいことはありますか。


「本物を知っておく」ということですね。豆腐で言えば、1丁1丁手寄せで作った豆腐もあれば、量産の機械で寄せた豆腐もあります。食べ比べると、やはり味が全然違うんですね。ですから、味の違いを知っておくというのは大切だと思います。



Q.親として、食料品の製造販売自営業を夢見る子どもにできる他のことは何かありますか。


全力で反対をしてほしいです!!


自営で独立するにはお金もかかるし、先も見通せないので、本当に厳しい世界です。親の反対を押し切ってでもやりたいという強い意志が必要だと思いますので。


ちなみに私は、独立する前に3年ほど独立資金を貯めるためだけに働きました。そこで、1,000万円ほど貯めましたが、設備購入などの開業準備や大豆の仕入れなどの当面の運転資金で使い切ってしまいました。


ですから、独立まではとにかく反対。ただ、独立したら全力で応援してあげてくださいね。


kmsshigotoのブログ
↑歩き売りにもチャレンジされた山内さん。


Q.なるほど。それだけ厳しい世界だということですね。反対するにしても、何か将来の独立時に役立ちそうなことで、親が子どもにできることはありませんか。


そうですね。お金を回す感覚を身に付けさせておくことですかね。


例えば、子どもが商店をし、母親が銀行、父親が消費者になります。子どもはお小遣いで駄菓子などを買い、父親に売ります。値段は子どもが好きにつけ、父親は欲しい物だけを買います。売れ残ったら、子どもが自分で食べてもいいし、値段を下げて売ってもいいし、銀行である母親に売却してもいいという感じです。


つまり、子どもが自分で考えてお金を回すゲームをすると良いと思いますよ。


Q.それでは最後に今後の山内さんの“夢”を聞かせていただけますか。


豆腐を中心にしたランチを提供するレストラン併設SHOPをやりたいと考えています。本物を適正価格で提供する店を出したいですね。


kmsshigotoのブログ

↑愛知県瀬戸市石田町のお店。


≪とうふ屋しろ≫

国産の大豆100%、国産の天然にがりを使用し、昔ながらの手作りにこだわっているお豆腐屋さん。
〒489-0951 愛知県瀬戸市石田町253
TEL&FAX : 0561-83-5657
HP  : 
http://www.tofuya-siro.com/
ブログ: http://ameblo.jp/tofuya-siro/
FB  : https://www.facebook.com/tofuya.siro



≪インタビュアー : 廣江 淳哉(ひろえFP社労士事務所 )≫


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kmsshigotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。