kmsshigotoのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

多くの子どもが興味を持つ食料品の製造販売自営業。今回は、昔ながらの製法にこだわり、丁寧に1丁1丁手寄せによる製法を守り作っている“お豆腐屋さん”のとうふ屋しろ山内謙次さんにお仕事のことや食料品の製造販売を夢見る子ども達へのメッセージを伺ってきました。


Q.お豆腐屋さんをしようと思ったのはなぜですか。


元々しようと思っていたわけではないのですが、豆腐屋に就職し、そこの研修で見学に行った豆腐屋さんの豆腐に感動し、「いつか、ここの豆腐を超える豆腐を作りたい」と思ったのが、きっかけですね。そして、就職先の豆腐屋が機械を入れて量販するようになり、こだわった豆腐を作る店を自身で持とうと決心しました。


Q.お豆腐屋さんのお仕事で、楽しいこと、あるいは大変なことは何ですか。


どちらにも共通するのが豆腐作りです。豆腐の原料である大豆は生き物でして、“ワガママな彼女”と付き合っているような感じなんですよ(笑)


どういうことかと言うと、同じ大豆でも気温や湿度などにより、味が異なる豆腐になってしまうんですね。ですから、その日、その時の状況を見て、炊き具合やニガリを打つタイミングを調整したりする必要があるんです。


この調整が難しく、大変でもある一方で、予想通りの豆腐に仕上がった時の達成感は嬉しくもある点ですね。


kmsshigotoのブログ
↑仕込中の山内さん。


また、豆腐屋の経営という面では、売上をいかに上げていくかというのが大変ですね。今年で5年目になりますが、やっと軌道に乗りつつあるという感じですので。


Q.経営面での売り上げに関し、工夫されていることなどをもう少し伺ってもよろしいですか。


いいですよ。同じ食料品でも豆腐って、今の若い世代の人には馴染みがあまりないのかもしれず、固定で買いに来てくださるお客さんには年配の方が多いんですね。ですから、口コミでジワジワと拡がっていく感じで、固定のお客さんが増えてくるのに時間がかかりました


また、お客さんを増やしていくための工夫としては、出張販売をしています。瀬戸市石田町の店舗だけでなく、月に25日ほど商店街やイベントなどで販売に行っているのですが、そこでも固定のお客さんができ、助かっています。


kmsshigotoのブログ
↑出張販売先の山内さん。


Q.いつものお豆腐以外に、かぼす豆腐など季節のお豆腐も作られていますが、新商品の開発はどうされているのですか。


一人でひっそりとやっています。じっくり考えて作ったのより、お菓子などからヒントをもらって、パパッと作った豆腐の方がヒットしますね(笑)


kmsshigotoのブログ
↑第2期「ニッポンの食、がんばれ!」セレクションで金賞を受賞した北海道産大豆100%使用の「すくい豆腐」。大人気のお豆腐です。


【後編へ続く。後編では食料品の製造販売自営業を子ども達へのメッセージなどを伺っています。】



≪とうふ屋しろ≫

国産の大豆100%、国産の天然にがりを使用し、昔ながらの手作りにこだわっているお豆腐屋さん。
〒489-0951 愛知県瀬戸市石田町253
TEL&FAX : 0561-83-5657
HP  : 
http://www.tofuya-siro.com/
ブログ: http://ameblo.jp/tofuya-siro/
FB  : https://www.facebook.com/tofuya.siro



≪インタビュアー : 廣江 淳哉(ひろえFP社労士事務所 )≫

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kmsshigotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。