第2回 Lifting Meister

テーマ:
こんにちは、セカンです!

今日は今年最初の外での練習でした。
天気はなんとかもち、悪くない外一発目の練習となりました。

交流戦がメインとなった今日の練習の横で、去年から始まった新しいKSSのイベント「Lifting Meister」が実施されました。

これは子どもたちのリフティングスキルを測定するもので、みんながリフティングに対する目標を作るきっかけとなって欲しいという思いから始められました。

リフティングそれだけではサッカーが上手な選手か測ることはできませんが、上手な選手は必ずリフティングも上手なので、間違いなくサッカーに必要な要素となります。

このLifting Meisterは3つの競技から構成されています。
競技1は何分ボール落とさずにできるかという「時間の長さ」。

{175E02C9-E752-4EBB-88B0-4F24EE66570C}

競技2は何メートル落とさずに進めるかという「距離の長さ」

{C02E4C21-B66A-4939-9EE7-34FA0E70BC58}

競技3はどの足の箇所でリフティングができるかという「テクニック」
を測ります。

{236B721E-B1B1-43D9-B04B-D69979243E64}

みんな自分の限界にチャレンジする姿勢が見られ、やれば出来るということを肌で感じることができるのではないでしょうか。

できなかったことがこのLifting Meisterでできて喜んだり、普段できたのに上手くいかず少し落ち込んだり、色んな子ども達の一生懸命な顔がみることができ素敵だなと思います。

大事なことはいつもチャレンジ!
難しいことも立ち向かう姿勢を無くさない限り道は開けます。

このLifting Meisterがそんな人生のちょっとしたヒントも伝えられたらいいなー。



AD