与信管理ブログ

与信管理、債権回収、海外取引や中国ビジネスのリスクマネジメントに関するノウハウや知識を学べるブログ


テーマ:

●与信管理で不動産登記簿を見るポイント


こんにちは!


与信管理コンサルタントの牧野和彦です。


取引先が会社として、不動産を保有していれば、その不動産登記簿を調べます。


また、中小、零細企業の場合、代表者の自宅の不動産登記簿も調べます。


与信管理で不動産登記簿を見るポイントは3つあります。


(1)甲区に所有権以外の権利が登記されていないか


(2)乙区の抵当権は誰が設定したのか?


(3)共同担保目録の有無



(1)甲区に所有権以外の権利が登記されていないか


甲区には、基本的に所有権が設定されています。


それ以外の権利が設定されている場合は、要注意です。


例えば、差押、仮差押え、競売申立、仮処分などです。


こうした登記は、債権者や裁判所が抵当権の実行や競売をするために設定するものです。


(2)乙区の抵当権は誰が設定したのか?


乙区に抵当権が設定されてなければ、それは優良物件です。


ほとんどの不動産には設定されています。


問題は、抵当権者が誰かです。


一般の銀行、信金、信組などであれば、問題ありません。


名前を聞いたことがない会社や金融会社らしき社名は要注意です。


資金繰りが厳しくて、高利貸しや闇金などから資金を調達している可能性があります。


(3)共同担保目録の有無


不動産登記簿を取得するときは、必ず、共同担保目録(共担)付きで取得します。


申請時に共担付きにすれば、追加料金はかかりません。


共担を確認することで、こちらが把握していない不動産の所在が知ることがあるからです。


以上が、与信管理で不動産登記簿を見る3つのポイントです。


もっと詳しく、学びたい方はこちら


与信管理の実務


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●与信管理で商業登記簿を見る3つのポイント


こんにちは!


与信管理コンサルタントの牧野和彦です。


与信管理で商業登記簿を見るポイントは、3つあります。


1.社名の不審な変更はないか?


2.本店所在地の不審な変更はないか?


3.法務局の管轄外からの移転をしていないか?


今日は、「社名の不審な変更はないか?」について書きますね。


企業が社名を変える理由はそう多くありません。


(1)合併や吸収、グループ再編によるもの


(2)会社のブランド力向上、イメージチェンジを狙ったもの


(3)倒産や、不祥事の過去と決別するためのもの


(4)意味不明な社名変更


(1)と(2)の場合、与信管理としては特に気にする必要はありません。


問題は(3)と(4)です。


最近の例でいうと、SFCGがこれに該当します。


元東証1部の企業であったSFCGは、かつて商工ファンドという社名でした。


悪質な取り立てが社会問題化した2002年、SFCGに社名変更をしています。


これにより、悪質な商工ファンドというイメージの払拭を狙ったのです。


しかし、その甲斐空しく、グレーゾーンの上限金利による過払い金訴訟が頻発。


2009年に民事再生法申請、その後、破産となりました。


このように、過去の不祥事や倒産と決別しようと、社名を変更することがあります。


また、意味不明な社名変更は、パクリ屋(取り込み詐欺)に多いので、注意が必要です。


商業登記簿を読む時は、まず、社名変更を意識して読んでください。


もっと、与信管理を学びたい方はこちら








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●与信管理における商業登記簿の活用


こんにちは!牧野和彦です。


自社調査で行えるものが2つあります。


1.営業担当者による情報収集


2.登記簿の取得


前回は、営業担当者による情報収集について書きました。


今日は、登記簿について書きます。


与信管理で活用する登記簿は2つです。


(1)商業登記簿


(2)不動産登記簿


取引先について信用調査を行う場合、この両方を取得します。


取引先が明らかに不動産を所有してない場合、どうするのか?


代表の自宅の不動産登記簿を取得します。


なぜなら、中小企業や零細企業の場合、「会社の経営状態=代表者の家計」だからです。


会社が儲かっていれば、家計も潤う。


会社が厳しければ、家計は火の車。


特に、後者の場合、個人の不動産登記にその兆候が現れます。


だから、個人の不動産登記簿を取得するのです。


まずはこの基本を押さえておいてください。



もっと、与信管理を学びたい方はこちら



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●与信管理において営業担当者ができる情報収集


こんにちは!牧野和彦です。


営業担当者が実際にどうやって、情報収集をすればいいのでしょうか?


管理部門から見れば、どうやって、情報を収集させるかということです。


チェックリストを作ることです。


管理部門が確認して欲しい項目をチェックリストにします。


顧客訪問時にチェックリストの記入を義務付ければいいのです。


全ての顧客だと大変かもしれません。


その場合、新規顧客だけとか


要注意先だけとか


絞ることはできます。


チェックリストを作るのは難しいことではありません。


A4一枚程度のもので十分です。


このチェックリストを活用することで、営業担当者によって、ばらつきがある与信マインドを一貫性のもあるものにすることができます。


チェックリストのテンプレートが欲しい方はこちらをどうぞ


●与信管理の実務



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●与信管理における取引先の自社調査


こんにちは!牧野和彦です。


前回は、取引先の信用調査には2種類あると書きました。


・自社調査


・外部調査


今日は、自社調査について書きます。


自社調査の方法は大きく2つに分かれます。


1.営業担当者による情報収集


2.登記簿の取得


登記簿を取得している会社は多いです。


ところが、営業担当者による情報収集を活用してない会社がほとんどです。


非常にもったいないと思います。


顧客との接点が一番密なのが、営業担当者です。


現場に行くことで、得られる情報は多岐にわたります。


こうした情報を等閑にしている会社が多いのが実情です。


例えば、信用調査の評点は、誰が見ても同じ点数です。


しかし、営業担当者が現場で得られる情報は、他では入手できません。


顧客のと関係性によっては、他では言わないことを教えてくれるかもしれません。


非常に貴重な情報なのです。


まずは、このことを知って下さい。


具体的な情報収集の方法は次回書きます。


もっと詳しく学びたい方はこちら


与信管理の実務


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。