6月4日 木曜
『サーカス学誕生』出版記念トークショー

映像でたどる「サーカス学誕生」

5月28日に発売予定の『サーカス学誕生-曲芸・クラウン・動物芸の文化誌』は、
古書カフェ・くしゃまんべの「サーカス学」講座から生まれました。
この本の内容をより立体的に知ってもらうために、
関連する映像をたっぷり見てもらいます。
「サーカス学」講座ではとりあげられなかったクラウン・エンギバロフの話しもします
し、この本の中でとりあげられた彼のレプリーズの映像も見ていただきます。

新刊『サーカス学誕生』は定価が2400円。この本が込みで3000円の料金は、
イベントとして破格です。
ぜひお誘い合わせの上、
『サーカス学誕生』の記念すべき出版記念トークショーご来場くださいませ。


講師 大島幹雄

6月4日 木曜
開場 19:00開演 19:30

料金3000円 新刊『サーカス学誕生』付(定価2400円) 1ドリンク別



講師 大島幹雄
アフタークラウディカンパニー(ACC)勤務。
サーカス・プロモーター、ロシア研究家。
早稲田大学非常勤講師。デラシネ通信社を主宰.
不定期刊行の雑誌『アートタイムス』を刊行。

いままでのサーカス学講座

第一回 空中ブランコの愛と科学
第二回 綱渡りの詩学
第三回 パーチ芸の民俗学
第四回 熊の神話学
第五回 インディアンロープの謎を追う
第六回 旅する象・叛乱する象


近著:「明治のサーカス芸人は なぜロシアに消えたのか」、「サーカスは私の〈大学〉だった 」

著書:
『サーカスと革命 道化師ラザレンコの生涯』平凡社 20世紀メモリアル 1990 復刊/水声社/2013
『海を渡ったサーカス芸人 コスモポリタン沢田豊の生涯』平凡社 1993
『魯西亜から来た日本人 漂流民善六物語』広済堂出版 1996
『シベリア漂流 玉井喜作の生涯』新潮社 1998
『虚業成れり 「呼び屋」神彰の生涯』岩波書店 2004
『ボリショイサーカス』東洋書店 ユーラシア・ブックレット 2006
『満洲浪漫―長谷川濬が見た夢』藤原書店 2012 
など


古書カフェ・くしゃまんべ
東京都北区豊島1-7-6
JR京浜東北線・地下鉄・都電
王子駅徒歩5分









AD