第15章へ
記事一覧
ダウンロード・紹介
攻略サイト・関連情報一覧

v375
続いて、第15章外伝。特殊マップなので、タイトル表示や画像は無し。外伝は12章にもあったが、こちらはスクロールなしのミニマップがある。攻略というのも変ではあるが、1記事にまとめる。クリアだけならゼイドでシルティンに話しかければ終わりだが、次章からの準備用マップのため、やることはそれなりにある。この章は特殊で、毎ターンセーブが出来るほか、ユニットは原則、行動済みにならずに自由に行動できる。
v376
全員強制出撃で、左にゼイド軍、右にシルティン軍が集結している。ここまで欠員がなければ、ゼイド軍は18名、シルティン軍は14名いるはずである。この2隊は、今後合流することは殆どない。次章からは、章ごとにゼイド軍とシルティン軍に分かれて攻略、メンバーは完全固定、シルティン軍はストックを使えない、といった条件になる。したがって、特にシルティン軍の方は入念に準備をしておかないと、行き詰ってしまう可能性がある。そこでこの章を利用して、アイテムの準備やレベル上げ、クラスチェンジなどを済ませておきたい。
v377
さて開始だが、最初にやっておきたいのは序盤でしかできない二つの事。一つはタリスの修理で、20ターン目まで何か武器を預けておこう。もう一つは薬草摘み。リリアとアッシュ(レベル15で習得)に23ターン目まで摘ませると、最大46束もの薬草をゲットできる。最大なら売れば6900デナリスにもなり、実にクラスチェンジアイテム2個分だ(買い物上手利用時)。ただし、二人が同時に摘む確率はわずか2%程度。毎ターン狙うのは気の遠くなる作業になるので、無理のない範囲で行いたい。なお、セリフの関係上アッシュが薬草を摘むのは、リリアが同時に出撃している場合のみである。
アッシュリリア2
アッシュ「おいリリア、こっちにも薬草生えてるぜ!ふ~っ、薬草摘むのも疲れたな・・もうやめようぜ?」
リリア「だめよ。ガーラン様から頼まれてるの。お前たちの薬草摘みに全てがかかってるって・・。何でも軍資金が底を尽きかけて大変らしいわよ?あっ、こんなところに薬草生えてる!」
アッシュ「そんなこと言ったって、もう限界だぜ・・。いいよな、他の奴らはのんびりしてて・・。ジャンなんて飯食いまくってるし。」
リリア「しょうがないでしょ・・私たちしか摘めないんだし。あっ、こんなところに薬草生えてる!・・っていうか、アッシュ真面目にやってよ。私10個とったのに、あなた2個しかとってないじゃない!」
アッシュ「無理いうなよ・・俺はまだ薬草摘みを覚えたばかりなんだ。おっと、あったあった。おいリリア、こっちにも・・って、ぎゃーっ!!カ、カエルが~~!ブクブク・・」
リリア「アッシュ!・・あーあ・・口から泡ふいて気絶しちゃった。後は私一人でやるしかないか・・。あっ、こんなところに薬草生えてる!あと残り何個だったかしら?まだまだ先が長いわね・・。」
v379
武器の修理と薬草摘みが終わったら、後はターンを気にしなくて良い。4か所にある民家を訪問すると、それぞれ敵が出現する。各所の敵は全員同じクラス・フェイスで一人ボス格がおり、セリフとアイテムを持っている。射程内に入らないうちは、ランダムに動き回る。全体的に弱めで、経験値が高い。成長が遅れ気味のユニットを、ここでしっかり鍛えておこう。なお、敵が出現している間は、これまでのように行動済みになる。また、叱咤激励が使えるのは敵が出ている間だけなので、リティアを鍛えるなら敵を残しておくと良い。
v378
南東部では、崖下にガードナイトが7体出現。崖上には登ってこられない上に、武器も普通のものばかりなので、比較的楽に対処できるだろう。崖を降りられる軽兵や、飛行兵を鍛えるのにちょうど良い。その他のキャラなら、崖に近づいたところを間接攻撃で狙うと良いだろう。
v380
北東部からは、馬賊が8体出現する。ドルチェと全く同じフェイスで、8人もいてはホエルンも真っ青である。力はないものの、毒の弓や致死の弓、あるいは暗黒の弓といった魔法の武器を所持している。対処としては、予め全軍を城内または西側に寄せておく。そのうちに馬賊たちは、ガーランやメルビンを優先的に狙いだす。しかし、ガーランたちはこの章では無敵なので、安心して盾に出来る。この隙に好きなキャラで倒していくと良い。
ドルチェ北の馬賊奴隷商人長距離弓兵ヌーベホエルン哀
ドルチェ「ほーう、ほう、ほう。結婚式はいつにするのだ?ひひっ、楽しみじゃのう。先立って、ワシの親戚を紹介しにきたぞ。まだいるかもしれんから、見かけたら追加していくがな。ひっひっひ・・」
北の馬賊「ホッホー、綺麗なおねーちゃんはいるかしら?今日も元気に略奪するよ♪ワシら馬賊は8人兄弟、皆いい人よ~♪」
長距離弓兵「ぐふふ・・ドルチェ兄貴はずいぶんと可愛い獲物を捕ってきたな。こりゃあまるでウサギ狩のようだぜ。」
奴隷商人「おお!こりゃあいいな、たしかに上玉だ。ひっ・ひっ・ひっ・・・」
ヌーベ「おいホエルン、ドルチェ兄貴にお前の美しい姿をたっぷりと拝ませてやれ。ワシの言うとおりにしないと・・」
ホエルン「一体何人いるのよ!・・やだ、どうしよう・・ますます大変なことになっちゃった・・!助けて・・シルティン・・」
v381
南西部からは、バンデッド8体。セリフがちょっと大人向け。攻撃力が高めで、1体が火炎の斧を持ち、ボス格が防御無視のメシカの斧を持っている。対処法は馬賊たちと同じで、やはりメルビンたちを盾にするのが良い。トマホークが1体いるので、城内に隠れる場合は1マス離れておこう。
v382
無敵なのに、ビビるメルビンたち。その訳を、メルビン司祭に尋ねてみた(`・c_,・´)
メルビン
メルビン「ここだけの話、こんな奴ら別に怖くも何ともないんじゃ。じゃが、嘘でもこう言っておかないと、ゼイド公子たちの格好がつかんからのぉ。ガーラン軍師やオルフェリア公女とも示し合わせた上で、困った振りをしているわけじゃ。もちろん、公子たちには内緒じゃぞ?やる気を削いではまずいからのぉ。どこかの馬鹿が試したようだが、毒の弓にかけて毒殺しようとしても無駄じゃ。たとえ薬草が無くなっても、絶対に死ぬ事はないんじゃよ・・ふぉっふぉっふぉ」
(`・c_,・´)←どこかの馬鹿
v383
北西部からは、シーフ8体。さまざまなナイフを装備しているが、力がないので怖くはないだろう。
v384
問題は城内に出現するので、放っておくとオルフェリアに向かって行ってしまうこと。オルフェリアは無敵なので、もちろん倒される心配はない。しかし、空き巣狙いをオルフェリアが倒してしまうと、経験値やアイテムが手に入らなくなる。また、シーフは全員お金を落とすので、それも無駄になってしまう。こうならないためにも、予め武器をはずしたHPの高いユニットや、シルティンなどの弓兵をおとりにしておくと良いだろう。
v385
レベル上げが終わったら、まだ下級職のユニットをクラスチェンジさせておこう。手持ちの資金では足りないはずなので、これまで貯めたアイテムを売り払って足りない分を買う。吟味していれば、秘薬もほとんど不要だろう。全員出来れば理想だが、ここまでよほど計画的に進めていないと、現実的には難しいかもしれない。シルティン軍の方では、シルティン・デューンを優先させたい。ゼイド軍の方はゼイドはもちろん、ナイトや飛行兵、神官系からで良いだろう。
v386
メルディとリリアの二人は、クラスチェンジでフェイスが変わる。グッとビジュアルがアップして良い感じ(*´c_,`*)
v387
最後にアイテム整理。この先の章は、お店の数もぐっと減る。特にシルティン軍はストックも使えないので、専用武器は持ち主に渡しておくのと、それ以外にも2.3種類は武器がほしい。もちろんゼイド軍にもいえることだが、弱い武器・強い武器をバランスよく持たせると良いだろう。また、ゲーム内にも注意があるが、タリスのアイテムは空にしておく。
v388
NPCの3人とは、それぞれ話が出来る。オルフェリアに会話しておくと、ゼイドの幸運が1上がる。これからはゼイド軍にはメルビンが、シルティン軍にはガーランが同行することになる。最後にシルティンに会話して、そのままマップクリア。

次回は、第16章。(*´,_っ`)ノ゛ ヨロシク

トップへ 第15章へ 記事一覧
AD