1988年頃だっただろうか、トッププロたちはあまり自分の手牌を目で追っていないのではないか

そう感じたのは。

当時のプロの競技麻雀は、各自ノーリーパイで牌姿は頭に入れていたはずである。

もちろん、ノーリーパイが原因で手牌がわからずに長考なんてことは無い。

ノーリーパイはトレーニングとして良い面を持っており、リーパイするときよりも

牌をこぼす確率が減るというメリットがあります。

また、この頃はテンリーダーが無く相手の持ち点は覚えておく必要がありましたね。

 

現代では放送対局がメインのため、ある程度はリーパイをして初心者が見てもわかりやすい

ようにするのが重要です。

 

昔、先輩プロから言われて印象が残っているのは下記あたりです。

 

1、東初からオーラスまでどのように点棒が移動したか把握するように(オーラス点数申告無し、点差を覚えるため)

2、メンチンでもノーリーパイ(プロならば牌姿は記憶しておく)

3、左8は7残しでノータイムでブロックを取るように

4、チーはワンテンポ置く(ポンと重ならないように)

 

当時初めて最高位戦Aリーグを見たとき、全員がノーリーパイで衝撃を受けた

のは今でも鮮明に覚えていますね。

早速、帰宅したら牌を使用して一人麻雀でノーリーパイのツモ捨てを練習

しました。

これはほとんど違和感はありませんでした。

しかし、実戦ではほとんど無いメンチンが来たら出来るだろうか。

ノータイムで仕掛ける牌の選択をしながら、牌効率良くメンチンを

テンパイ出来るか・・・

わからないことをそのままにしておくのはダメだ。

早速、テストしてみたわけです。

 

まず、手牌13枚の内ランダムにピンズを6枚残りは字牌にしました。

ピンズだけで牌山を作ります。

つまり、ツモってくる牌はすべてピンズです。

配牌はノーリーパイのままで、牌の上下は揃えません。

1牌ツモったら必ずノータイムで打牌をします。

この時捨てた牌の場所にツモ牌を入れます。

これを毎巡繰り返します。

この作業の時に自分の手牌をじろじろと見てはいけません。

牌姿は脳に記憶させることと、他家に一色手を見破れにくくするためです。

繰り返していくことにより、自然と複合形に強くなります。

巡目が進みツモアガリとなったときに待ちの見落としとアガリ点が

正しいか確認します。

完璧に出来るようになるまで毎日このトレーニングを行います。

 

出来るようになるとノーリーパイは苦になりません。

あとはひたすら短時間の内に多数の情報を処理出来るように

脳を鍛えます。

脳を鍛えれば感想戦の時に手牌や局面を忘れることなどありません。

魔境の戦いとは・・・

テーマ:

魔境と呼ばれる最高位戦B1リーグ。

Aリーグが全員強者であることは過去の歴史が証明しているが

ここ数年、B1リーグがかなりのハイレベルになり魔境と呼ばれるようになった。

 

私の最高位戦入りが確定した2007年、当時のB1リーグを観戦したころとはかなりの差がある。

選手は各自さらに強くなるために進化を続けようと努力を

するわけであるが、新たな取り入れが自身の長所を消すこともある。

例えプレミアが付いたルールであっても年間48戦も戦えば

現在の実力が数字に表れるものである。

今期の私がこれに該当し11節終了時にマイナス300を背負うという過去最悪のスコアとなった。

この状況になるということは、私の新たな取り入れは失敗であったということを認識し、最終節を戦うことになる。

 

迎えた最終節、心に誓ったことはノーテンバップでは勝負は

決まらない、無理なテンパイ連荘はしない、勝ちに固執しない

この3つである。

点差で打つマージャンでは勝ちきれない、そう30数年考えて

きたのだから自分らしく敗北を受け入れようそんな気持ちであった。

 

最終節半荘2回を残し、最下位に転落していた。

それでも冷静沈着に点差では打たない、どこかワンチャンスでの爆発を待ち続けた。

最終戦降級回避まで51ポイント差、別卓のターゲットは坂井P。

同卓の曽木Pとは着順勝負。

この2名を捲らなければならない。

東2局 メンタンツモイーペーイコウドラ2の6000オールで

僅かな光が見えてきた。

 

南2局、親番約5万点持ち

もう少し稼いでおきたいところにターゲットの曽木Pからリーチが入る。

終盤、私は追いつき下記のテンパイとなる。

東東東發發發②③④⑤⑤⑤白

メンホンサンアンコウ役役のツモり倍満である。

次巡ツモ⑦で絶好の待ち替え、上家の河野Pが国士で受けに

入っていることもあり迷わず待ち替えとなった。

この局がすべてを決めるのでは・・・

そんな気持ちであるが、次巡のツモが白で顔面蒼白状態となった。

それでも心を揺らさずに平静を装っていたが、今度は一枚切れの中を引かされる。

当然待ち替えせずにツモ切るわけではあるが、2巡後にやって来たのは中であった。

心をえぐるようなツモではあるが、選択ミスではないと言い聞かせ流局となった。

この局が致命傷になるかもな、そんな心境であった。

オーラス追い上げる曽木Pをかわすべく、最後は河野Pへ差し込み終了とさせた。

別卓の坂井Pが3着以下であればまず降級回避となる。

 

最後は土壇場の強靱な精神力で凌いだ感じとなった。

過去に順位戦や八翔位戦でのギリギリの戦いの経験値が

生きたのではないだろうか。

結果的に降級回避とはなったが、無様な成績であったことは

数字が表している。

 

来期、B1リーグ、クラシック1組にすべてを・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

侍リーグとは!?

侍リーグとは、最高位戦の平賀聡彦プロが主宰し、三ヶ島幸助プロが補佐を務める私設リーグ。
参加資格は、最高位戦選手でリーグ戦・最高位戦クラシックに参加しているもの。
ルールは、節ごとに最高位戦ルールとクラシックルール交互に行い、クラシックのポイントを2倍にしてトータルポイントを争う。

---
平賀プロ主宰の侍リーグ決勝の様子を生放送でおとどけ!
麻雀界最強の侍となるべく日々研鑽を重ねる男たちの熱き戦いをご覧あれ!

【決勝ルール】
最高位戦ルール全4回戦
30000持ち30000返し、順位点10-30。一発、裏ドラ、カンドラあり。テンパイ料あり。テンパイ連チャン。

【対局者】
三ヶ島幸助、平賀聡彦、関翔太郎、桐生美也子

【解説・実況】
解説:石井一馬ほか
実況:太野奈月ほか

※この放送は有料放送です。1回戦の東場までは無料で視聴可能です。全編視聴するにはチャンネル入会、またはチケットのご購入が必要となります。ご入会は以下のURLから手続きを行ってください。
https://secure.ch.nicovideo.jp/bylaw/ch5009

下記、私は3,4回戦の解説を致します。
実況は可愛い女流プロが行います。
麻雀好きな方、ニコニコ生放送にて是非、ご覧下さい。

2015/08/31(月) 開場:15:57 開演:16:00

侍リーグとは!?

侍リーグとは、最高位戦の平賀聡彦プロが主宰し、三ヶ島幸助プロが補佐を務める私設リーグ。
参加資格は、最高位戦選手でリーグ戦・最高位戦クラシックに参加しているもの。
ルールは、節ごとに最高位戦ルールとクラシックルール交互に行い、クラシックのポイントを2倍にしてトータルポイントを争う。

---
平賀プロ主宰の侍リーグ決勝の様子を生放送でおとどけ!
麻雀界最強の侍となるべく日々研鑽を重ねる男たちの熱き戦いをご覧あれ!

【決勝ルール】
最高位戦ルール全4回戦
30000持ち30000返し、順位点10-30。一発、裏ドラ、カンドラあり。テンパイ料あり。テンパイ連チャン。

【対局者】
【解説・実況】
解説:石井一馬プロほか
実況:太野奈月プロ

※この放送は有料放送です。1回戦の東場までは無料で視聴可能です。全編視聴するにはチャンネル入会、またはチケットのご購入が必要となります。ご入会は以下のURLから手続きを行ってください。
https://secure.ch.nicovideo.jp/bylaw/ch5009

闘争心と押し引き

テーマ:
2015-04-15 最高位戦Classic 第2節

ここ2年程、私の最高位戦B1での結果は酷い物である。
対照的にClassicのほうは好成績ではあるが、爆発力が足りなく
なっているのではと感じている。
看板を背負うならば、どんなルールでも圧倒的な成績を残し
結果で示さなければならない。
このB1やClassic2組の対戦相手のレベルが高いのは承知だが
それでも今の自分自身には納得がいっていない。

2年程前、若き頃に付き合っていた彼女からはチャレンジ精神
が足りないのではという指摘を受けていた。
無難・普通、私はこれらの言葉が嫌いである。
No,1になるならばリスクを背負うのが当然であるにもかかわらず
どこかに逃げの気持ちがあったのではないか。

銀座の会場に到着すると自然と気合いが入る。
第1戦相手は、三十段・スーパーデジタル・クラウンの強豪たち。
東4局6巡目、西家の私は僅差のトップ目にいたが、親の三十段から
リーチを受ける。
同巡、私の手牌はツモ 八筒五筒六筒七筒八筒八筒八筒九筒一索二索三索北北中中となる。 九筒切りは確定していたが、問題はリーチをかけるかどうか。
昨年までの私ならばヤミテンである。
 北中は生牌。
 北でロンアガリが出来ないというデメリットを考慮しても。
No,1になるならば・・・ どうなのか?
ツモ 八筒は迷いがない強いツモである。
体勢はじゅうぶん良い。
中ツモで1300・2600が最高打点、もし親リーチに放銃となると
一気にラス目になる危険がある。
また、私がアガリを逃し親のアガリとなったならば、南場での苦戦
は覚悟しなければならない。
私は上記の理屈面を理解したうえで、闘争心を剥き出し
リーチ棒を放つことにした。
出た結果に対して後悔することはない。
逃げるようなマージャンを打つことだけは許されないということである。