下記、私は3,4回戦の解説を致します。
実況は可愛い女流プロが行います。
麻雀好きな方、ニコニコ生放送にて是非、ご覧下さい。

2015/08/31(月) 開場:15:57 開演:16:00

侍リーグとは!?

侍リーグとは、最高位戦の平賀聡彦プロが主宰し、三ヶ島幸助プロが補佐を務める私設リーグ。
参加資格は、最高位戦選手でリーグ戦・最高位戦クラシックに参加しているもの。
ルールは、節ごとに最高位戦ルールとクラシックルール交互に行い、クラシックのポイントを2倍にしてトータルポイントを争う。

---
平賀プロ主宰の侍リーグ決勝の様子を生放送でおとどけ!
麻雀界最強の侍となるべく日々研鑽を重ねる男たちの熱き戦いをご覧あれ!

【決勝ルール】
最高位戦ルール全4回戦
30000持ち30000返し、順位点10-30。一発、裏ドラ、カンドラあり。テンパイ料あり。テンパイ連チャン。

【対局者】
【解説・実況】
解説:石井一馬プロほか
実況:太野奈月プロ

※この放送は有料放送です。1回戦の東場までは無料で視聴可能です。全編視聴するにはチャンネル入会、またはチケットのご購入が必要となります。ご入会は以下のURLから手続きを行ってください。
https://secure.ch.nicovideo.jp/bylaw/ch5009
AD

闘争心と押し引き

テーマ:
2015-04-15 最高位戦Classic 第2節

ここ2年程、私の最高位戦B1での結果は酷い物である。
対照的にClassicのほうは好成績ではあるが、爆発力が足りなく
なっているのではと感じている。
看板を背負うならば、どんなルールでも圧倒的な成績を残し
結果で示さなければならない。
このB1やClassic2組の対戦相手のレベルが高いのは承知だが
それでも今の自分自身には納得がいっていない。

2年程前、若き頃に付き合っていた彼女からはチャレンジ精神
が足りないのではという指摘を受けていた。
無難・普通、私はこれらの言葉が嫌いである。
No,1になるならばリスクを背負うのが当然であるにもかかわらず
どこかに逃げの気持ちがあったのではないか。

銀座の会場に到着すると自然と気合いが入る。
第1戦相手は、三十段・スーパーデジタル・クラウンの強豪たち。
東4局6巡目、西家の私は僅差のトップ目にいたが、親の三十段から
リーチを受ける。
同巡、私の手牌はツモ 八筒五筒六筒七筒八筒八筒八筒九筒一索二索三索北北中中となる。 九筒切りは確定していたが、問題はリーチをかけるかどうか。
昨年までの私ならばヤミテンである。
北中は生牌。
北でロンアガリが出来ないというデメリットを考慮しても。
No,1になるならば・・・ どうなのか?
ツモ 八筒は迷いがない強いツモである。
体勢はじゅうぶん良い。
中ツモで1300・2600が最高打点、もし親リーチに放銃となると
一気にラス目になる危険がある。
また、私がアガリを逃し親のアガリとなったならば、南場での苦戦
は覚悟しなければならない。
私は上記の理屈面を理解したうえで、闘争心を剥き出し
リーチ棒を放つことにした。
出た結果に対して後悔することはない。
逃げるようなマージャンを打つことだけは許されないということである。






AD

『Classicプロ・アマリーグ』

テーマ:
『Classicプロ・アマリーグ』
◇システム
1節4回戦・全8節のリーグ戦を行う。
(4節以上の参加で準決勝以降の出場が可能。)

ポイント1~15位が進出。
また出場した節が最多の選手の中から、1節単位のプラスが最も大きい選手が準決勝進出。
(ポイント上位者と重複の場合は繰り下げる)

準決勝
勝ち上がり16名で総当りの5回戦を行い、上位1名が決勝進出。下位7名が敗退。
2位~9位で6回戦目を行い、上位3名が決勝進出

決勝
準決勝勝ち上がり4名で決勝戦4回戦を行い、トータル1位が優勝となる。

◇ルール
最高位戦Classicルールで行う。
詳しくはこちら↓
http://saikouisen.com/rule.php


◇副賞
・優勝 「第11期飯田正人杯・最高位戦Classic」の本戦シード
準決勝進出者最高位戦Classicポイント付加or4組昇級
一般選手には「第11期飯田正人杯・最高位戦Classic」出場権
その他10万円相当


◇日程 (全節 11時50分受付終了 終了目安18時30分 抜け番制の可能性あり)
第1節 5月4日(月・祝)
第2節 6月7日(日)
第3節 7月25日(土)
第4節 8月22日(土)
第5節 9月19日(土)
第6節 10月12日(月・祝)
第7節 11月28日(土)
第8節 12月5日(土)

準決勝 1月23日(土)
決勝 2月27日(土)

◇会場
第1~3節 柳八丁堀店
第4節 現在調整中、確定次第お知らせいたします。
第5~8節 柳八丁堀店
準決勝以降 柳八丁堀店
決勝 神楽坂「ばかんす」

◇定員
75名(各節先着順)

◇参加費
1節ごとに競技団体所属者・SSC会員4000円、その他5000円
準決勝以降無料

お申込みは以下のフォームからお願い致します
https://ssl.form-mailer.jp/fms/1dcff05c353005

その他質問等はこちらまでお願い致します
classic-open@saikouisen.com
AD