鳩山由紀夫首相は3日、都内で開かれた俳優船戸順さんと日本舞踊家岩井友見さん夫妻の芸能生活50周年と40周年を祝う会に出席した。岩井さんが「あやめ」という演目の踊りを披露した後、あいさつに立った首相は「司会者がアヤメは雨に打たれても美しく咲いていると(言っていた)。私もどんなに打たれても美しく行動できれば」と語った。
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設案を説明する沖縄入りを翌日に控えた首相は、地元の激しい反発を予想し、自らを鼓舞したようだ。 

【関連ニュース】
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~普天間配備の軍用機は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~

ラフティング 水しぶきに歓声…激流に春 札幌・豊平川(毎日新聞)
原爆の子 サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
マンション敷地内に女性の遺体 岡山、頭から血(産経新聞)
検審見直し議連、「見識を疑う」との批判も(読売新聞)
<東京都>職員の25%新聞購読せず 活字離れで対策チーム(毎日新聞)
AD