牛丼チェーンの「松屋フーズ」(本社・東京都武蔵野市)の埼玉県内の店舗で働くアルバイト従業員3人が19日、労働組合「全国一般埼京ユニオン松屋フーズ分会」の結成を同社に通告した。アルバイト時の食事「賄い代」の無料化などを求めている。同席した同ユニオンの嘉山将夫執行委員長は「安売り競争の激しい牛丼は低賃金に支えられており、改善を求めたい」と話した。

 松屋フーズ本社によると、勤務時の食事は商品の半額程度まで最大割り引く仕組みという。

【関連ニュース】
牛丼:大手の値下げ競争過熱 勝者なき最終消耗戦に(1/3ページ)
牛丼:吉野家が110円値下げ…4月7日から1週間
吉野家:牛丼並270円に値下げ 13日まで 他社追随へ
吉野家:肉が大盛りの2倍「特大盛」発表 ご飯、肉少なめ「軽盛」も
聞きたい:吉野家HD・安部修仁社長

<富良野市長選>能登氏が再選 北海道(毎日新聞)
元大和郡山市議に無罪=詐欺罪で起訴、懲役4年求刑-奈良地裁(時事通信)
都職員の活字離れ深刻 1割が「本読まない」(産経新聞)
新築住宅の省エネ義務化=エコポイント拡充も-国交、経産両省(時事通信)
<過労死控訴>障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)
AD