Ich bin kleine Japanerin

Castrop-Rauxelの生活をご紹介。


テーマ:

と言っても、まだまだ日本の猛暑とはかけ離れた暑さ。

ドイツは、冷房とか全くないので、35度以上になると、学校が閉鎖になるんですー。

日本で、大雪降ると閉鎖になるように、ドイツは暑すぎると学校閉鎖。最初にこんなことを聞いたときは、35度って、普通の夏じゃんって思ったんだけれども、ドイツ人本当に夏の暑さに耐えられないのよ。

 

 

夏日が来るやいなや、ドイツ人によく起こるのが

 

「暑いあつい」って機嫌が悪い。

市役所の人とか、レジの人とか、みんな機嫌悪い。

 

 

「暑い」って理由で、学校の宿題がない

 

「暑い」って理由で、短縮授業

 

「暑い」ってなると、なぜか、職場の病欠が増える。

=働く気ないから、病気になって、家の庭でゴロゴロ

 

「暑い」って張り切りすぎて、白人の若い子たちみんな真っ赤に日焼けしすぎる

 

「暑い」のにクーラーが効かないから、電車がかなり遅れる。なぜか、故障が増える

 

もともと地黒で、猛暑を十分経験して来た私にしたら、ちょっと夏日になったぐらいで、真っ赤になるとかありえないし、「暑い」って理由で、みんな浮かれすぎだし、天気に左右されすぎだし!

 

 

だいたい、市役所とかで病欠が増えたりするこの時期、よく思うのは、「暑さ」で働く気がなーいっていうこの精神、やっぱりドイツの文化の一つで、学校時代から学ぶんじゃないかって思う。

 

だいたい、ルナが学校から帰って来ると、今日は、「暑いから」宿題なしだってー。とか、「暑いから」体育は、短縮だったーとか。何かと暑いから暑いからって。だいたい、学校の先生も休みが何かと多くなるこの時期。絶対おかしいだろって。一気に暑くなった途端に、みんな病欠って。

「ママに言わせると、大して暑くないし、この暑さの中で辛い思いしながら、学べないようなしょうもない大人になってほしくないわね」って言ってる。

 

旦那さん曰く、ドイツはクーラーないし、学校とかも暑いしっていうけど、日本の学校だって、クーラーがある学校なんてあんまりないし、私が小学校、中学校の頃は、汗ダラダラしながらマラソンしたり、朝から午後まで授業とか普通だったわ!

 

 

 

話変わって、我が家に新しい居候さん。

と言っても、我が家のゲストルームに新しいアパートが見つかるまでの間いる住居人。

 

もともとは、我が店にバイトさせてくださーいとあると聞きたスペイン人。

見た目は全くもってスペイン時じゃないので、またもや私のボロボロなスペイン語で、どこ生まれって聞いてみたら、モロッコ。

 

面接でいろいろ話してみると、モロッコ生まれといっても、3歳の時にスペインに家族で引っ越して、スペイン国籍を持ってるスペイン人。モロッコ語?も喋れるものは、書けないとのこと。

それも、スペインといってもイビザ島で20年以上パティシエさんとして自営業していたと。スペインの経済危機で大きな影響を受けて、自営業を続けていられなくなって、ドイツの親戚を頼りに引っ越したと。でも、その親戚の家も、小さく、それも新婚家族の家なので、なんだか片隅にいさせてもらってる感があるということで、我が家の一室を提供。

 

我が家で、やっぱり、保険とか年金とか社会保険に入りたいってこともあって、正社員希望をして来たんだけれども、我が店でも結構満杯なので、ちゃんとパティシエ職人としてドイツでやっていけるように職場を探してあげることに。旦那さん、一緒に労働局に回ったり、我が店からの推薦書を出したりと手伝った結果、うちの市では結構有名な巨大パティシエ店の面接まで登り、正社員として雇ってもらえることに。まだまだ、ドイツ語が全然喋れないからって自信がなかったものの、運良く億万長者の社長さんが、スペインに別荘持ってるってことで、スペインにもよく行くからスペイン語もしゃべれるのよーってことで、意思疎通がよくいったそうで。

ほんとよかったよかった。

 

一緒にご飯を食べたり、うちの家族とお酒を飲んだりすることも増え、私のボロボロなスペイン語で(笑)通訳しながら、お互いのことをいろいろ話して行くと、パティシエとして自営業を始める前、若い20代の頃は、スペインの国を代表する陸上競技選手だったと。だから、スペインの国籍も、親がモロッコ人だったから、移民手続きの結果に国籍をもらったんじゃなくて、スペインの陸上選手になったから、スポーツパスポートをもらえたんだと。当時は、あるスペインの企業から投資を受けて走っていた陸上選手で、それはそれは、毎日40キロを走っていたと。当時の若い時を振り返ると、食事制限、時間制限、友達制限がつけられてて、好きなように身動きも取れず、あまり楽しい思い出はないと。でも、いい経験になったよ。と。

 

 

イビザ島といえば、日本人にとってのハワイのようなもので、ドイツ人が旅行に行くといえば、マジョルカ島かイビザ。その中でも、イビザは、本当に全てが高い島。彼がいうに、道を歩けば、10件のディスコ、2件の普通の家、5件のホテルを見つけることができるって割合で、パーティだらけの島だと。

比較的、今でもヨーロッパの中でも生活用品が安いと言われてるドイツにきたもんだから、買い物に行くと、全ての安さに驚き!

 

今年の春に、1年間我が家にホームスティしてた子がいなくなってしまってちょっと淋しいなーなんて思ってたけれども、また、新たな住居人が増えて、ちょっと楽しかったり。

子供達も、我が家に新しい住居人がいるのが普通のことと思ってるのか、ドイツ語が喋れない人が来ても、あまり抵抗を持たずいるようになってるのでいいかっと。

 

 

あっ、ところで、我が家の車庫に数十年寝てた、アンティークバイク500ユーロで売れました。

{72EEE232-BE30-4419-9A0D-01CFF78133A7}

{EBC9DC2E-3E49-44E3-8C5B-F0F27A7A0250}

{F18AA600-9510-454B-9F3B-7EF0745B8671}

{D40E7416-B6F0-40A7-921A-726C547A4760}

旦那さんのお母さんとお父さんがよく乗り回したとか、旦那さんがいとこと2ケースビールを飲んだ後に、腹が減って二人でこのバイクに乗って、凸凹な丘をボンボン乗り回して、パンを買いに行ったんだーとか、たくさん思い出が詰まったバイクも、結構ボロボロで、修理代にコストがかかりすぎるし、旦那さんも今やそこまでバイクに興味があるわけじゃないし、義父も足が利かないから乗れないしーってことで、ずっと車庫に寝てたこのバイク。

買い手は、毎日ハーレーダビットソンを乗り回してる、ツーリンググループの一人の知り合いさん。ほんと典型的なハーレーダビットソンを乗ってるおじさんで、ヒゲがビヨーンと長く、声がガラガラで、日焼けしてて、白毛の長髪で。修理するのが楽しみだし、嬉しくて嬉しくてしょうがないよとハッピーな顔をしながらバイクを持って行ってくれました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長男リアム アレクサンダーさん。

{5EEDBB5B-8FEB-45A3-AF92-2D8C4936BED6}
 
{4394592E-6B9F-4D71-8D17-BCFD9C8C75E0}

ママが節約したい一心で、無知、無技術なくせにでしゃばって、自分でバリカンを握ったため、jackassのバツゲームみたいな髪型にされ。
 
仕事から帰宅後のパパが、ムスコの髪型をみてヒステリーを起こして、街中の美容院に直行。節約のはずがかなりの金額を払う羽目に。
 
カッコいいアシベにするはずが、みんなにガラ悪いトルコ人と言われ泣
 
 
カラテキッズだよってことで。
 
 
そんな彼、5月4日で3歳。
 
{2976D666-4F94-410F-8845-E776C4DC78F8}

はやいなぁ。
 
ルナは3歳半で幼稚園入園。
リアムは2歳半で幼稚園入園。
そのかいあってか、成長がかなり早い気がする。
2歳半でオムツサヨナラしてくれたし。
あっというまに、しっかりしゃべれるようになったし。
夜は、ぐずらず一人でベットへいって、朝起こすまでまタップリ寝てくれるし。
最近じゃ、パズル64ピースとか楽勝だし。
おもらしも今までに1度もないし。
 
 
早く幼稚園に入ったせいか、弟くんが生まれちゃったせいか、早く成長をせざるを得なかったのかぁと思い返したり。
 
 
さて、誕生祝い。
ドイツでは、幼稚園でも、学校でも、職場でもお祝いをしてもらう。というよりも、おもてなししてお祝いしてもらう。ってことで、誕生日の人は、自分でケーキ、マフィン、アイスの大箱などなどを持って行って、みんなに分けてお祝いしてもらう。
 
ってことで、幼稚園用には、クッキーモンスターとエルモのマフィン計30個を。誇らしげにマフィンを持って行ってみんなにお祝いしてもらえたそうです。
 
{0CAAD353-387F-4939-B070-381EC67DF547}

{66544272-76A5-4855-9C8D-1577D49605B7}

{0CB59840-DF9A-4B45-B44F-2446BEFAEB7B}

 
ほんと、毎回子供達の誕生日となると、家用にケーキ、学校とか幼稚園用にマフィンとかってなって、誕生日前日あたりから、オーブン付けっ放しで、ケーキ工場化する。
 
今回は、隣の家のママがリアムのために作ってみたいケーキがあるんだけど、いいかしらーと聞いてきて。こんなのを作ってくれた。
{5398F348-2205-4A5A-8A2F-F9B44FA08ABF}



 
こちら、ドイツで男の子たちに人気のウィッキーくん。
                 
中は、チョコケーキ。
もちろん子供達大満足。
 
食べ物の他にも、洋服、DVD、プレイモービル、ブリオの列車セットをまたまた追加で色々もらえまして、我が家が「トイザらス化」する状態に。
子供が3人いるとなると、年に3回の誕生日プレゼント、クリスマス、イースターの大イベントプレゼント✖︎3人分ってことで、年に9回は大きなおもちゃをもらってることになるんだなー。
 
レゴのおもちゃも箱に入りきらず、大きな洗濯ボックスを代用するようになったし、プレイモービルとレゴの人形が40体近くもあって、人形専用の箱を作ったり。下の男の子たちが車にハマり始めたから、ミニカー専用の箱を作ったり。1個の消防車をプレゼントでもらったら、取り合いの喧嘩になったからって、いろんな人から譲り受けて、すでに消防車5台に、パトカー5台がゴロゴロ。ルナが馬の人形にはまりだしたと思ったら、やっぱり、下の男子たちもお姉ちゃんの真似したいとばかりに、馬の取り合い。それを知った近所さんが使わなくなったっていうレゴの馬やら、プレイモービルの馬やらで、馬も我が家に10匹ぐらいゴロゴロ。ブリオの列車は、高いから絶対自分じゃ買わないものだけど、旦那さんも小さい時に遊んだっていうし、ドイツじゃ列車玩具=BRIOみたいなところがあって、いつのまにかもらったり、買ったりでやっぱりこれも列車から始まり、橋が増えたり、貨物車が増えたり、ヘリコプターが増えたり。
 
おもちゃはいっぱいあるから、自分たちでは買わないものの、やっぱり誕生日、年のイベントとなるともらいにもらって増えること増えること。
 
と、話は逸れたけれども、何よりも、あっという間にリアムも3歳。なんだか、あっという間に大きくなっちゃったてのと、手間が本当にかからない子だからか、勝手に大きくなってくれたなーって気がする。それにしても、最近とても目立つのが、私よりも旦那さんに懐いてきてる。私が、幼稚園に迎えに行くと、パパはー?朝、ベッドに起こしに行くと、「パパが起こしに来るってはずだったじゃない?」とか。てんとう虫恐怖症のリアムに、てんとう虫を見つけて持って行くと、泣いて鼻水垂らしながら「ぱ、ぱ、ぱ、パパにいいつけるからね!」てガン飛ばされ。赤ん坊の時は、あんなにママっ子だったのにー。そんな時は、「じゃ、パパのとこ行けばいいじゃない、ママは蓮のところに行くカラー!」って、まだママっ子の蓮を抱っこしにく。そんな争いをルナは遠くからケラケラ笑いながら見てる。
 
こーやって親離れして行くのかね。
 
 
 
 
 


我が家の映画館。

予想していたよりも結構いいもんです。

マニアな旦那のおかげもあって、音響もプロ並みで、左右前後からいろんな立体的な音が聞けるし、もはや小学生の時に視聴覚室で使ってたプロジェクター時代とはかけ離れた、明確で綺麗なブルーレイプロジェクター。

3D映画もたくさん見れるし。こりゃー、まさしく立派な映画館。しかも、旦那さんの故おばあちゃんの立派なトナカイの皮製椅子を譲っていただき。

{C003634E-EAFD-4182-8A0A-7BD32EDD8747}

ある夜は、ポップコーンとワインで映画鑑賞。







最後に、ある日の我が家の昼ごはん。ははは。

{00008A55-5868-436E-90B2-73D01009D395}

{DEA61B9A-C7AC-4DF1-81B1-329F9765F197}

 

 


 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3,4年前から、失業者率が増えたスペイン人を受けいる対策をだしたドイツ。我が店にも、度々面接に来てくれて、ドイツ語が喋れない彼らと面接する最近。

残念のながら、わたしの錆びたスペイン語もボロボロで、英語やらジェスチャーで面接したりえーんガーン

と、お試し期間をあげて、働き始めたスペイン人。試し期間中は、日雇いということで、毎日就業時間後に給料を手渡しするので、いつものようにその日の給料を渡した。次の日、お店に来るなり、スタスタと私のところに来て、「こんなにもらえないぜ」とスペイン語でいい、先日払ったお金全てを机の上に置いた。

なんと20ユーロ(約2000円)札一枚余分に手渡してた私。


あー。あの日は、会計処理が溜まりに溜まってた上、ずっとパソコン仕事をしてた途中で、帰りまーすって急に事務所にやって来て、日給払ったから、なんだか集中きれて間違えたんだ…



もらった彼としたら、「なんでこんなにもらえたんだ?」「試されてんのか?」「お札がくっついてて、知らずに渡されちゃったかな」とかいろんな憶測が飛んだだろうなぁ。


そんな矢先、ある大きなパーティのケータリングを依頼された我が店。ケータリング終了後、私が書いた請求書より100ユーロ多くお金をいただいてら帰って来た旦那さん。何度もなんども札束を数え、「なんでこんなにもらえたんだ?」「試されてんのか?」「お札がくっついてて、知らずに渡されちゃったかな」と頭を悩ませる。次の日100ユーロ多く入ってましたがって話したら、チップだよと。

正直者は損しないんだね笑。



最近は、事務仕事が多くて、従業員さんだけでまかなえる時は、旦那さんと二人事務仕事。週末のピークはお店に出て。従業員さんのママたちには、オンナは大変よねー、と家事と仕事の間、子供の迎え、我が家、我が店の行き来で、もじゃもじゃになってる髪を整えてもらったり笑

髪を整える暇もないし、トイレ行く暇もないし、毎日コーヒー1リットルはあっさり飲めちゃうし、急ぎすぎてTシャツ裏返しで出勤したり。風邪引いたらドーピング並みの風邪薬飲んで、偏頭痛感じたらすぐさまイブプロフェン。母親と自営業は、仮病も病欠もできなくて、ボーナスも有給も給料もない仕事。でも、長らく一緒に働いてる従業員さんたちは、そーゆーことわかってくれて、いろんな面でサポートしてくれて助けられてます。
雇われてたときは、社長さんとか自営業とかって楽だよなーって思ってた。いまや、雇われてたときのほうが、休みあるし、見返りあるしなぁ、ラクチンだよなぁと思う。


OL時代には主婦って楽だなぁなんて思ってたけど、いまや、母親をやってると、就業時間が決まられてて、仕事にキリがあるOL時代がほんと楽だってなぁ渋々思う。









我が子たちと言えば…

7歳ルナは、ティーネイジャー並みにオシャレにうるさくなったり、生意気になったり。一緒にお絵描きしてっていうから、お互いに描きたいものを書いて見せ合うと、ママが書いた目がすごい可愛いけど、私にはそんなの描けなーい!と怒りな号泣したり。
{8140CC99-E6DC-4B0A-A148-BB0B82D577AF}


3歳になるリアムは、しゃべるしゃべるしゃべる。マシンガン並みにしゃべる。大人みたいに、長い文章をかっこよく喋りたいらしく、〜だから、〜だから、〜で、〜だから、って永遠に話が切れない。その上、「ルナがねー…」とか、「蓮がねー…」とかチクるのが大流行なこの頃。
{AC0BF3BD-5141-40B4-9A1A-D0D8F4AE72A2}




1歳半の蓮は、他の二人より大幅に遅れながら、やっと歩き始め。もちろんハイハイは全くせずに。魚のフンみたいに、どこにいっても付いて来る。一瞬私が消えただけで、泣きわめく。そんな中、やっと「ママ」が言えるようになってるラブ
やっぱりこの瞬間、こっちをみてママが言えるようになる時期は、一番幸せで楽しい時期だゎー。

{3204F133-D590-40A8-85C5-D05434A3DC68}

{F89109F4-56E5-44A5-A949-27518E79855F}

{B8676052-FE66-4B76-8203-8D50F68CA6CF}



こんな楽しいことばかりじゃなくて、
蓮のオムツ替えしてる最中に、リアムがトイレー!ってばたばたして叫び始めて、そんな最中に、ルナが、ママー腹減ったーっとかぐずって、同時に、インターホンがなって宅配業者が来たり…とか、こーゆーシュチュエーションかなり多くて、つねにばたばたしてる。


昔は、子育てなんてなぁーってちょっと自分には向かないと思ってたけど、たぶん今の3人の年頃が一番子育てで楽しい時期なんだろうなってしみじみ思うこの頃。



こんな中、旦那さん我が家の地下に映画館つくってる。
{DFD254EA-74B1-475E-86E9-E90F68589760}

壁一面のプロジェクター買っちゃって。
防音壁作って。
子供達が、何観よーかーってうずうずしてる。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。