今回紹介するのはこれ!

「もぐらの父さん宝を探す。」

対象年齢: 4才以上
プレイ可能人数: 2-4人
プレイ時間: 15min
製作: TAGAMI GAMES(タガミゲームズ)
http://tagamigames.web.fc2.com/mog1.html

袋に入っています。

説明書とカード、それからたくさんのタイルが入っています。

カードには、もぐら一家の日常のワンシーンが描かれています。

ほのぼのとした絵でとってもかわいい!
この絵も、このゲームの魅力の1つです!

表と裏とで、少し絵が違います。
「ドア」が描かれているかどうかの違いがあります(「ドア」については後述)
「家カード」と呼びます。

タイルには、いかにもお金になりそうな宝物が描かれていたり、
ツルハシ、お守り、怪しげなねずみ、おばけが描かれているものがあります。

枚数は種類によって異なります。

【ゲームの準備】
1人1枚家カードをとり、ドアがないほうを表にして自分の前においておきます。

タイルは、中身が見えない袋にいれて、準備完了!


【ゲームの概要】
さて、どんなゲームかと言いますと。

ストーリーとしては、
*********
もぐら一家のお父さんになって、家族を養うために宝物を探しに行きます。
頼りになるもぐらの父さんですが、苦手なものがただひとつ。
「おばけ」です。
宝探しの途中でおばけに遭遇してしまうと、集めていた宝物を落としてしまいます。

宝物をなくさないようにおうちにもって帰りましょう。
**********
と、言ったもの。

じゃあ、具体的にゲームはどのように進めていくか、と言いますと。
********
プレイヤーが手番に2つのアクションから1つを選んで実行します。

その1つが「宝物をほる」アクション。
袋からタイルを1枚引くことができます。

これで宝物を10点分先に集めた人の勝ちです。
ただし、袋から引いてすぐに得点になるわけではありません。

引いたタイルはまず「家」の「上側(探索中タイル置き場)」に置きます。

これはもぐらの父さんの持ち物ってことなのだと思います。
いくら取っても「探索中タイル置き場」にあるうちは得点にはなりません。

では、どうすれば得点になるか、
それが2つめのアクション「宝物を家に持って帰る」になります。

このアクションを選ぶと、「探索中タイル置き場」にある宝物タイルを、家に持って帰ることができます。
宝物以外のタイルは袋に返します。

持ち帰った宝物は家カードの横に並べておきます。
(僕の場合、横ではなく下に置くようにしてます。)


この家に持ち帰った宝物だけが得点になります。
こうして、家に10点分の宝物を持って帰った人が勝ちです。

(家族を養うのが目的なんだから、家に持ち帰らないといけないってことですね)
**********

ゲームの流れはご理解いただけたでしょうか?

では次に、タイルの効果を説明しましょう。
タイルには種類によって特殊な効果を持つものがあります。
上手く使えば勝利にぐっと近づくことができるかもしれませんよ。

「宝物」
特殊な効果はなし。おうちに持って帰ると勝利点になる。
点数によって枚数が違います。
3点のお宝がとれれば嬉しいですねー。



「おばけ」
もぐらの父さんの唯一にして最大の弱点です。
「おばけ」を引いてしまったら、探索中タイル置き場のタイルをすべて袋に戻します。
ただし、後述の「お守り」を持っていればセーフ。



「ツルハシ」
これが持ち物にあるうちは、1回追加でタイルを引いても良い。
(タイルは1枚ずつ引き、引く度に処理を行います)
「おばけ」が出るまで持ち物に残る。


「お守り」
「おばけ」の効果を1回無効にできる。使用したら袋に戻す。



「ねずみ小僧」
他プレイヤーの探索中タイル置き場、もしくは「ドアの付いていない家」の宝物から1つを奪い、自分の持ち物に置く。
ねずみ小僧タイルは、すぐに袋に返します。



「ドアの付いていない家」とは、ゲームスタート時の家カードの状態。この状態の場合、家に持ち帰った宝物はねずみ小僧に盗られてしまう可能性があります。
しかし、ドアがついていれば、ねずみ小僧の攻撃を防ぐことができるのです。
ドアは、「宝物を持って帰る」アクションを選んだ時に3点分の宝物を袋に戻すことで取り付けることができます(カードを裏返してドアのついている面に変えます)

【感想】
ルールは簡単、手番での選択肢もシンプルなので、気軽にできてオススメです!
絵もかわいいので、遊んでてとても癒される。
おばけ達もかわいくて、宝物を失うことになっても憎めないのです。

「宝物を家に持って帰る」アクションを実行するタイミングが悩ましい。
宝物以外は袋に返さなくてはならないので、「ツルハシやお守りを失ってしまうのは惜しい、でも粘っておばけが出たらそれこそ大惨事」というジレンマがほどよいです。
小さいお子さんと遊ぶ場合はおばけで返すタイルを少なくすることで、難易度を調整できそうですね。

「もぐらの母さん」をテーマにしたLINEスタンプが出てるので、絵が気に入った人はダウンロードすると良いですよ!


ゲームで父さんを、スタンプで母さんをと、もぐら一家をどこでも堪能できちゃうのでオススメです。

ちなみに、僕はこのゲームを「もぐパパ」と略して呼んでいます。
AD