妻子に頼まれ2人とも絞殺したとして嘱託殺人の罪に問われた愛知県知立市堀切、無職、中村豊被告(68)の判決公判が20日、名古屋地裁岡崎支部であった。丸田顕裁判官は「重い病を患っていた妻子を献身的に支えた労苦は、並大抵のものではなかったが、犯行は安易で短絡的」として懲役6年(求刑・懲役8年)を言い渡した。

判決によると、次男(当時38歳)の入院などで家計が苦しくなり、借金返済に中村被告が苦しんでいることを知った妻(当時63歳)が、次男と中村被告に「そんなに大変ならみんなで死のうか」と言い出し、次男も同意。中村被告が今年1月19日午前8時ごろ、自宅で睡眠薬を飲んで寝ていた2人の首をビニールひもで絞めて窒息死させた。【佐野裕】

【関連ニュース】
五輪スピード:岡崎帰国「不完全燃焼」 ソチ目指し続行へ
五輪スピ-ド:岡崎、新調の靴不調「神様に突き放された」
バンクーバー五輪:スピードスケート・岡崎選手ら特別表彰--釧路市 /北海道

<みんなの党>三重選挙区に矢原由佳子氏を擁立(毎日新聞)
大阪・府営住宅から小5男児が転落?死亡(読売新聞)
ダイヤ鑑定 元社員「一律に甘く」 多い日は100個以上(毎日新聞)
口蹄疫 10キロ圏の全家畜処分 政府決定(毎日新聞)
13市議が「松山維新の会」 道州制掲げ参院選は自民系支援(産経新聞)
AD