兵庫県警川西署は21日、署内で保管中の退職予定者の警察手帳4冊を紛失したと発表した。保管場所を知っているのは数人しかおらず、同署は紛失前後の状況について確認を急いでいる。
 同署によると、警務課の巡査部長(39)が10日から15日にかけ、3月末で退職する署員4人から警察手帳を預かった。別の警務係員が19日午後、県警本部に返納するため同課のキャビネットを確認したところ、警察手帳が入った封筒が見当たらなかった。
 警察手帳の保管場所を知っているのは署内に数人しかおらず、巡査部長は「15日に4人目の警察手帳を預かり、4冊あるのは確認した。その後キャビネットに入れたと思うが、はっきり覚えていない」などと話しているという。
 楠田一英川西署長の話 警察手帳の適正、慎重な取り扱いを徹底し、再発防止を図りたい。 

【関連ニュース】
警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書
2病院で麻酔薬盗難=兵庫・尼崎
福祉事務所で窃盗被害=事務所窓から侵入か
現金など盗んだ男性尉官を免職=盗撮陸曹は停職
乾燥機使用でタオルのオイル発火か=5人死傷の高齢者施設火災

あのSFやファンタジー小説はこんな環境で書かれた…著名作家たちの書斎いろいろ
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕-宮城県警(時事通信)
パ・リーグ 開幕 西武ドームに4000人が行列(毎日新聞)
ひき逃げ女米兵「話もできないほど泥酔」(読売新聞)
墓はどこへ(上) 「改葬」と廃れる墓地(産経新聞)
AD