初めて来てくれた方のために、まずは、「シドモア」という女性について紹介します。

前回の記事でご存じの方は、ここを飛ばして先に進んでください。

春になると、ワシントンで「桜祭り」が開かれます」

これは、日米友好親善のシンボルとなっている大事なイベントです。
この桜祭りの始まりをたどると、「シドモア」といアメリカ人女性に行きつきます。



1885年、ナショナルジオグラフィック協会初の女性理事であったエリ
ザ・シドモアは初の日本旅行からアメリカに帰国し、公共施設・公有地庁のアメリカ陸軍管理者に対して埋め立てが行われたポトマック川河畔沿いに桜の木を植えることを提案した。この提案は拒否されたが、シドモアはすべての管理者にその後24年間提案し続けている(ウィキペディア)



シドモアのこの提案が、全米桜祭りが開かれるきっかけとなりました。

明治時代に日本を訪れたシドモアは、桜の美しさに魅了され、このように褒め称えています。


世界の花の中でも、サクラの花、日本の桜ほど愛され、褒めら
れ、崇(あが)められている花は他にありません。それはたんなる国
の花ではなく、清廉(せいれん)と騎士道と名誉の象徴であり、少なく
ても二000年の間、はためく情熱をもって尊重されてきた春の祭典の
紋章(シンボル)なのです(シドモア日本紀行 講談社学術文庫)




今回の記事では、彼女の目に映った明治の日本を紹介します。

以下のこの色の文章は、「シドモア日本紀行 講談社学術文庫」からの引用になります。


ちなみに、シドモアが日本にいた1885年には、こんなことが起きています(ウィキペディアからの引用)。


2月9日 - 日本人移民がハワイ王国 へ到着


3月1日 - 日本鉄道 : 品川線開通(品川 - 澁谷 - 内藤新宿 - 板橋 - 赤羽 )


3月30日 - 清仏戦争 : 仏フェリー 政府瓦解


4月18日 - 日本(伊藤博文 )と清国(李鴻章 )間で天津条約 締結


5月9日 - 日本銀行券 発行開始(拾圓券 )


7月16日 宇都宮駅で日本初の駅弁 を販売(にぎりめし2個+たくあん,5銭)


12月22日 太政官 制度廃止・内閣 制度創設



伊藤博文 が初代内閣総理大臣 に就任(第1次伊藤内閣 )




ここからが、シドモアの旅になります。



清水寺




「1633年の創建。前面を崖に張り出した懸造りとし、広い舞台をつくった。独特の観音堂の形式で、創建以来の姿を伝える。
日本史用語集 山川出版)」





「ここには二つの仏塔、無数の石灯籠、堂廟があり、その上には祈祷の際投げた小石が積まれています。投げた石が上に残るならば祈祷者の希望は叶えられ、巡礼は明るい気持ちで旅が続けられるのです



今でも、神社の鳥居の上に石があることを見かけることがあります。

あれも、鳥居の横向きの木の上に石が乗っかると、願いがかなうと言われているからだと聞きました。


石を投げて乗せるという願掛けは、昔から行われていたようですね。

山道を歩いていて、ときどき、石が積まれた小さな塔のようなものを見かけます。あれも、山中での無事を願って積んでいるのかもしれません。



「ある幸運な午後、清水の祭りに参加する機会に恵まれました。ティーポット・ヒル全体が、まばゆい彩りの縮緬や紗を着た民衆、少女、子供たちで混雑し、飾り立てた家々は鮮やかさを競っています。」



ここに、僧侶の一団が登場します。

このときは、僧侶が座っている毛布の上に、硬貨を投げ入れるという喜捨が行われてたようです。

先ほどの仏塔の上に投げ入れることにも通じる考え方かもしれません。



「喜捨(きしゃ)とは進んで金品を寄付・施捨すること。本来は仏教用(ウィキペディア)」


この文字を読むだけなら、良いことのように感じるかもしれませんが、喜捨される僧侶の方は、とんでもなかったようです。



「こうして布施を準備した巡礼たちが各僧侶集団に慎んで喜捨します。しかし、巡礼が上品な習慣に従い柔らかな紙切れに包んで献金する場合は、銀貨を投げようが銅貨を投げようが、僧侶たちは一切文句を言いません!」



ということは、そうではない場合には、僧侶が文句を言ったということでしょうか?

初詣のときに私も経験したことがありますが、後頭部に後ろの人が投げた硬貨が当たると、けっこうな痛みです。


「硬貨を投げるな!」と言いたくなる気持ちも分かります。

この信者による「賽銭投げ」を、逆に、僧侶の側から見てみましょう。

「喜捨される側」は、どう思っていたのか?



「懐旧録サンスクリット 東洋文庫」にそれが分かる記述があります。

この本は、南條 文雄(なんじょう ぶんゆう)という人が書いています。


この人は、「日本の明治・大正期に活躍した仏教学者・宗教家(ウィキペディア)」という人物です。


この南条氏が明治時代の初めごろに、真宗大谷派のトップであった法主(ほうしゅ)のお供をして名古屋を通過したときのことです。



当時法主のお通りといえば生如来さまのお通りだというので、道の両側は門信徒で埋まったものである。それだけならいいが念仏とともにバラバラと賽銭を投げつけるので、少し大袈裟な言い方だが法主の身辺が危い。駕籠を目がけて来る賽銭が簾を抜けて法主の体にあたるので『なんとかこれを防げ』と命ぜられた。全くあの賽銭を投げつけられるのはたまらくなく痛いものである(懐旧録サンスクリット 東洋文庫)」




私も、初詣で後ろの人が投げた硬貨が頭に当たったときは、激痛でした。

硬貨が雨あられと投げこまれるというのは、お布施をしているのか「攻撃」をしているのか、分かりません。

なんとかこれを防げ」と命令しているところからすると、襲われているような感じですね。

はたまた、庶民にとっては、的当てゲームの感覚か。


とにかく、この信徒の「攻撃」を受けた結果、「生き如来」とされていた法主は、頭に傷をつくることになってしまいました。


顳顬は、「こめかみ」です。


「このとき厳如上人はどこで投げつけられたか顳顬の横に賽銭の傷痕があった(同書)



これでは、罪人に石を投げることとあんまり変わりません。


この南条氏は、賽銭が当たった痛みをこう書いています。



「路傍の善男善女から投げつけられる賽銭がビシリと一つ私の後頭部に当ったが、目がクラクラする痛かった」


きっと無邪気でひた向きな善男善女だった思います。

信心とは恐ろしいものですね。


この「投げ銭」がいつから消えたのか分かりませんが、僧侶にしてみたらありがたいことですね。

外を歩くたびにコインを投げつけられたらたまりません。


現在の日本で「投げ銭」が行われるのは、バンド演奏や大道芸に対してすることくらいのようです。

これなら、誰も傷つかずにすみそうです。




ブログランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。
とても、励みになります。


*一番下にあるボタンも押してもらえると、うれしいです。








このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。


・英会話ブログ「英会話で『ええ会話』」

今、英会話のレッスンで、ネイティブ・スピーカーに習ったことを復習代わりに、ここで紹介しています。


中学レベルの英語が中心で、旅行や日常会話が内容になっています。
ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。


・旅行ブログ「ゆかしき世界」

私が今まで26ヵ国を旅してきた経験から、「見て、聞いて、感じた」を書いています。











AD