以前、下の記事を書いたときに、「北畠親房(きたばたけ ちかふさ)」が書いた「神皇正統記(じんのうしょうとうき)」を参照にしました。


「日本書紀と聖書にみる「この世の始まり」~新井白石「すべてを造った神を造ったのは誰か?」~ ④  

今回からは、この本の内容を紹介したいと思います。

これが、鎌倉時代の日本人が世界や日本を、どのように認識していたかを理解する手がかりになりますよ。





「北畠親房(ウィキペディアより)」

「1293~1354 後醍醐・後村上天皇に仕えた南朝の重臣

。吉野や常陸小田城などで作戦を指揮し、南朝勢力の保持・拡充に努めた(日本史用語集)」



「神皇正統記」

「北畠親房が常陸小田城で北朝と対戦しながら執筆した歴史書。1339年成立。『大日本国は神国なり』に始まり、神代より後村上天皇までの皇位継承の経緯を述べており、大義名分論に基づいて、南朝の正統性を主張している(日本史用語集)」


以下の文は、「神皇正統記(慈円 北畠親房 日本の名著9 中央公論社)」からの引用になる。


・「大日本は神国である。天祖国常立尊(あまつみおやくにのとたこた

ちのみこと)がはじめてこの国の基をひらき、日神すなわち天照大神

がながくその伝統を伝えて君臨している。わが国だけにこのことで

あって他国にはこのような例はない。それゆえわが国を神国という

のである」



まあ、日本が「神国」であるかは別として、親房が生きていた鎌倉時代

からの現在まで天皇がいることは変わりません。

このことが、日本はギネスで「世界最古の国」として認めらたことにもつながっていますね!


神代には豊葦原千五百秋瑞穂国(とよあしはらのちい ほあきみず

ほのくに)といった。天地開闢の初めからこの名がある。それは天祖

国常立尊が伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)に授け

た詔(みことのり)に見えている。

また天照大神が天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に国を譲ったときの神勅にもこの名があるから、これは国の初めからの根本だと思われる。


平成の今でも、日本は「瑞穂(みずほ)の国」と呼ばれることがあります


「豊葦原(とよあしは)の瑞穂の国:〈神意によって稲が豊かに実り、栄える国〉日本国の美称(大辞泉)」



*伊弉冉(いざなみ)は、「日本神話で、伊弉諾尊と結婚し、国生み

を行った女神。火神を生んで死に、黄泉の国を支配する黄泉大神

となった(大辞泉)」

*伊弉諾(いざなぎ)は、「日本神話で伊弉冉尊とともに天つ神の命

で磤馭慮島(おのころじま)をつくって天降り、国生みと神生みを

行った男神。黄泉国(よもつくに)の汚穢(けがれ)を禊(みそぎ)し

た際に、天照大神(あまてらすおおみかみ)・月読尊(つきよみのみ

こと)」・素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神が生じた(大辞泉)


神話では、日本という国は、伊弉諾と伊弉冉が結婚してつくられたこ

とになっています。

天照大神は、言うまでもなく、伊勢神宮に祀られている神様です。


・大日本とも大倭とも書くのは、この国に漢字が伝わってのち、国の名

を書くとき文字としては大日本と書くことに定めて、しかも耶麻土(や

まと)とよませたからである。

3世紀の魏志倭人伝では、日本は中国から「倭」と呼ばれていました。

「日本」という 国名ができたのは、7世紀の後半とされています。

国名に「大」をつけるのは、中国がしていたことで(大隋や大唐など)、日本もそれにならったのでしょう。

日本と中国は、今ではもう「大」の字を国名にはつけいませんが、韓国は今でも、「大韓民国」と「大」の漢字をつけています。


・中国はとりわけ文字・書物を尊ぶ国であるが、世界の創生について

はたしかでない。儒書には伏犠(ふくぎ)氏という王より以前のことは

ふれていない。ただし異端の書(道家の説など)に、混沌未分の形、

天地人の初めを説いているのは、わが国とよく似ている。


日本書記の天地開闢(てんちかいびゃく)の考え方が、中国の影響を受けているとされているのだから、「よく似ている」というのは、当然といえば、当然せしょうね


・わが国は天祖以来皇位の継承に乱れはなく皇統が一筋であって、こ

の点は天竺とちがうところである。


この時代、日本人はインドを「天竺」と呼んでいました。

「わが国は天祖以来皇位の継承に乱れはなく皇統が一筋であって」

というのは、日本は、天皇家以外の人間が日本を支配したことはな

く、ずっと同じ血を引く天皇が日本を治めていたことをさしています。


この部分は、日本史用語集の「大義名分論に基づいて、南朝の正統

性を主張している」というところにつながっていて、親房がこの書で伝えたかった最も重要なものだと思います。


実際、この時代のインドは、「皇位の継承に乱れはなく皇統が一筋で乱れはなく」という状態からは、ほど遠いものでした。


この神皇正統記が14世紀に完成しています。


インドは、13世紀からイスラム教徒の異民族からの侵略を受けて

支配されることになりました。

それまではヒンドゥー教徒が支配していたので、このとき、インドが歴史上、初めてイスラム教徒の支配下におかれました。


この時代は、インド史では、「デリー=スルタン朝」と呼ばれています。


「デリー=スルタン朝」

「1206~1526 デリーを首都として、君主がそれぞれスルタンを名乗った五つのイスラーム王朝の総称(世界史用語集)」



「クトゥブ=ミナール」

「デリーの南にあるインド最古のモスクの塔。デリースルタン時代に、

アイバクが、北インドを征服した記念に建てた塔」



ここから親房は、日本と中国との違いを述べています。

それは、次回に。



ブログランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。






*このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧くだ

さい。


・英会話ブログ「英会話で『ええ会話』」は、http://yukashisekai.com/

へ。
今、英会話のレッスンで、習ったことを復習代わりに、ここで紹介し

ています。内容は、中学レベルの英語が中心です。


ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

英検2級と学ぶ英語㉞ 「607年、小野妹子は隋に派遣されました」



・旅行ブログ「http://yukahsikisekai.com ゆかしき世界」では、ボクが今

まで26ヵ国を旅してきた経験から、「見て、聞いて、感じた」を書いて

います。

「伊弉諾と伊弉冉(ウィキペディアより)」

AD