愛犬アンの成長日記

我が家の愛犬アン(シェットランド・シープドッグ)の

日頃の生活ぶりを写真で綴る成長日記です。

折々の季節の花、昆虫たちの写真も楽しんで下さい。


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


 にほんブログ村ランキングに参加しています。


 必ず上のバナーをポチッとしてくださいね・・・ アンからのお願いです。



愛犬アンの成長日記










テーマ:

アン、今日の話題


 文化の森公園の紅葉、綺麗だったね~!


 

  11月も中旬、アン地方では今、山間部では紅葉の真っ盛り、紅葉の真っ赤や


  まっ黄色の素晴らしい景色が新聞で日々紹介されています。


  そして市内の公園等でも紅葉が色づき、散歩には絶好の季節となってきました。


  アンが若くて元気な時は、アンと紅葉を求めてお出かけしたもので、今もその写真を

  楽しんでいます。

  今日は2011年12月7日、アンが12歳の時、徳島県立文化の森総合公園へ紅葉狩り

  に行って撮った写真を振り返ってみます。



 これは当日、文化の森総合公園の紅葉を撮ってみました


 


 黄色い葉っぱもあるし・・・



こんな真っ赤な紅葉もあり、楽しめました



 これは徳島植物園で出会ったラクウショウ(落羽松・別名沼杉)の葉と実です。



そしてここからは2011年12月、文化の森総合公園の紅葉とアンです。 

 


文化の森の文書館横から知識の森への遊歩道の登り口の紅葉です



 背後のイロハモミジが綺麗です



アンのシェーブルの被毛と紅葉の赤が良く似合います



こちらの紅葉はあまり赤くなかったね



 黄色い葉っぱも綺麗だよね



 公園のカスケードの最上部の階段に乗ってポーズをとるアンです



真面目にカメラ目線、立派にモデルを務めてくれています



上の方は真っ赤な紅葉は少なかった・・・



 ・・・で、紅葉を背景にアンを狙って撮ってみました



大きく引伸ばしたらちょっとピンぼけになっている・・・、ごめんなさい!(・・。)ゞ



 これもピンボケだ・・・




これはお気に入りのアンの写真です。なんたって真ん丸の瞳がアンの魅力でした!


今日はこれまでです

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

55周年記念 徳島彫刻集団 野外彫刻展 その3-終り


 第55回 徳島彫刻集団 野外彫刻展の紹介も、今回の「その3」をもって終了です。


どの作品も力作で、中にはタイトルが難解な作品もありましたが、いずれも何かを感じ、


楽しませていただきました。今後もこの彫刻展がますます発展されますようお祈りします。




24.「彩の風景」  徳島大学美術部 作



  其々の4面の方向に、思い思いの絵が描かれている・・・



  作品全体の構図と個々の絵が楽しめる・・・



  まさに彩り豊かな風景が楽しめました



 25. 「Birth」  吉田 満寿美 作



七色の孵化前の卵かな、触角で懸命に生を探している…、美味しそうな飴玉みたいだな~


26.「そして未来へ・・」  いけばな草月グループ 作   力強い旅立ち・・・かな



 この日、11月2日、徳島中央公園のイチョウはもう少しで黄葉真っ盛り・・・だった。


 

27. 「五十五個の器」  野崎 窮 作 



  確かに五十五個だね、誰がどう使うのかな?



28. 「オクラファミリーの旅立ち」  峯山 聡 作



 レンコンの車輪の車に乗って…、どこに行くのかな~、オクラさん達。



29.「てふてふのいる風景 ”飛べ”」  四宮 達司 作



 手前に赤と黄色のてふてふがいっぱい居る・・・。



大きな輪の上にも大きな蝶が3頭、とまっています。蝶は1頭、2頭って数えるんだね。



30.「天空の方舟」  三原 博志 作   空を飛ぶ方舟なの?



 乗っているのは ノーム賢者?



31. 「ジダイ」  木下 順 作  ジダイ、時代、廃屋・・・?、まったく分からない。  



32.「あるでないで(阿波弁)」  中川 伸一 作


  犬が3匹いて…1匹の目は飛び出ていて・・・

 


  何かを懸命に見つめて、「あるでないで(あるじゃないですか)」・・・ 、何だろう


 多角形の塊は何だろう



33.「森のコンチェルト」 萬 知恵子 作  確かに何かメロディーが聞こえてきそうだね



34.「YURARA YURARA 2017」  なんとなくそんな感じだけど・・・?!?


最後は「こどものためのワークショップ」


 「虹に願いを」  内町小学校5年生の参加作品 



グラデーションのテルテル坊主の虹


 

子供たちが描いたテルテル坊主の顔が可愛いね


最後にちょっとお遊び


 天国の虹の橋のたもとに居るアンを、無理やり連れ戻し?、急遽モデルにしてみました。

 

 

 

 懐かしい思い出です。

 


 久しぶりのモデルだよ、しっかり撮ってね!



 阿波の狸さんとだって仲良くできるよ!



ワンちゃん達に仲間入りしたよ・・・



今日はこれまでです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

55周年記念 徳島彫刻集団 野外彫刻展 その2

 

 第55回・徳島彫刻集団・野外彫刻展の紹介、今日はその2回目です。


 芸術、特に彫刻の世界は全く分からないアンコロ7にとっては、難解な作品ばかりで、


 作者の意図する所はほとんど読み取れませんが、ま~、何か共感できるものがあれば


 それでいい・・・と納得をして、この記事を書いています。ピントはずれなところは、どうか


 ご容赦ください。 


12. 「3.11への思い」 中南 弘史 作   復興への息吹?、新しい生命力・・・かな?。

 


 3.11東日本大震災および福島第一原子力発電所災害への思い、復興への…難しいですね


13.「ドラムカンと空カン」 北田 孝雪 作 まさにその通りだね、パンフと作品で空き缶の位置が変わっている?。


14.「Landscape Situation~ある日の情景~」 吉田 正純 作


 巣箱?かな…、後ろの力強い木と一体になっていい感じですね、でも、難解です。


15.「メモリー」 山端 篤史 作   思い出?、記念?、


 複雑に折れ曲がった白い板、連綿と連なる過去の記憶・・・?、難しいね。


16.「向こう側~2017」 浅岡 憲介 作


17、「希望の詩2章」 島崎 將 作



  不思議な形ですね、どんどん成長する・・・、明日に期待と希望…でしょうか


18.「あれ!?」 北川 雅佳 作



 ムカデ?、カマキリ?、アリ?! 、アレ、何だ? なんか気味悪い存在ですね



19.「縷々」成田 浩彰 作  縷々とはこまごまと話す、細く長く途切れない糸筋、綿々・・・。



  襤褸とは「ボロ」、使い古しの布 人が入っていないヒト型の布なのかな?



20.「阿波のたぬき」 居上 真人 作  阿波の狸合戦は全国的にも有名・・・



 

 そして女性タヌキはこんなにボイン…だったのかな~、「フクキタレ」もこの方の作品です。



21.「ワンダーバード2017」 北田 洋子 作



  ハシゴの段の上で育つ色とりどりの小鳥たち・・・、卵も育っている


 

  赤い小鳥と公園の桜の紅葉がマッチして綺麗ですね



22.「卵型のコンポジション」 三原 敏文 作



  作者が何を想い形にしたのか…それを考える楽しみが彫刻にはありますね



23.「Fantasia・Spirit」 アキホ・タタ 作



首を擡げる力強い生命力を感じます。で、色模様は何だろう?。



野外彫刻展 その2 終り

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

55周年記念 徳島彫刻集団 野外彫刻展  その1

 

1962年に、坂東先生が徳島大学の教え子達と徳島彫刻集団を結成し、徳島中央公園での


彫刻展を始めたのが野外彫刻展の始まりだそうで、今年で55周年を迎える「第55回 


徳島彫刻集団 野外彫刻展」 が2017年10月1日から11月10日(金)まで、徳島中央公園で


開催されています。    http://43774377.at.webry.info/201511/article_2.html  


                 http://tokushima-tyoukoku.com/about/



ところで、アンコロ7がこの野外彫刻展を始めて見たのは、第48回野外彫刻展から今回の

 

55回まで、8回連続して通っています。

そのうち2014年の52回迄は、このブログの主人公アンが元気だったので、一緒に出掛け、

アンをモデルに彫刻を撮影し、ブログに載せさせて貰っていました。

2015年9月にアンが亡くなってからも通ってきて、作品をこのブログで紹介を続けてきました。

今年は遅くなりましたが11月2日に出かけ、撮影をしてきましたので紹介をします。

コメントは、彫刻のことは全然わからないアンコロ7の戯言です、ごめんなさい。 


1.「地ー平ー球」 二木 泰生 作 公転軸上の地球?…だから地ー平ー線なのかな、太陽は?、逆円錐形は何だろうな?。



2 「風景へのはじまり(空へ)」 松永 勉 作



  確かに大きな空が映っている、そしてその下にはアンコロ7の姿が映っている

 


3. 「TOWER58」 堀 信二 作   ???


  「58」は何を意味するのかな,年齢?じゃないよね・・・



4、「フクキタレ」 居上 真人 作 「福 (河豚)よ 来い!」なのかな


  こんなに福が連なってきてくれると嬉しいね


5.「一日一歩」 佐藤 隆 作  確実に一歩一歩、二人で歩んでいきたいね~


6.「豆の木を食べた人」 松島 秀樹 作


 

  力強く、一番、存在感を示している・・・


  天まで登る活力の源かな、豆の木・・・



7.「再生ーイカロスの墜落」 安多 満 作 ギリシャ神話を題材とした「イカロスの墜落」・・・

 


  調子に乗ったイカロス少年が墜落して海面でもがく図、ペーテル・ブリューゲルの作?の絵の再生かな。



8.「A MESSAGE TO THE EARTH」 井下 俊作 作



 正面の木は、そして何を後ろの箱の中の物は、何を伝えようとしているのかな?
 

 


  阿波青石を写真で模した3点からなる作品です



9.「よんひゃくねんのしんこきゅうたいむ」 サトー キミエ 作



  400年…徳島城の歴史?、垂れ下がる異様な物体、寛いでいるけど、何なのかな~?




10.「南風2017」 岡田 直利 作  涼やかな風の気配・・・



  でも、風に乗って飛ぶ5羽の鳥の姿を撮りそこなったよ!



11.「風と…Ⅱ」 大津 文昭 作



 一枚の葉っぱと黒くて黄色い球?、身体を吹き抜ける風?、難解で分からない・・・。


55回野外彫刻展その1、今日はここまでです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

アン、今日の話題


 秋だよ!、皇帝ダリアだよ!


  今日からいよいよ11月、本格的な秋がスタートし、美しい紅葉の秋の始まりですね。


  毎年、春や秋には、アンとアチコチお出かけをして、紅葉や色んな花を楽しんだものです。


  今日は、2010年11月12日、アンが11歳直前に、徳島植物園へ皇帝ダリアとガリバーひまわりを


  見に行った時の思い出の写真です。


    最初は「皇帝ダリア」・(別名ツリーダリア)は、キク科テンジクボタン(ダリア)科の、塊根を持つ


  多年草で、樹丈は5mにも育ちます。


  11月中下旬に、花径約20cmの大輪の花を茎の頂上に沢山咲かせます。


  そして「皇帝ヒマワリ」は別名、ガリバーひまわり、宿根ひまわり、ボリビアンヒマワリ・ニトベギク、


  と呼ばれ、これはヒマワリに似ていますが「ヒマワリ属」ではなく「ヒマワリモドキ属」の別種だそうです。


  こちらは中央アメリカ原産で、皇帝ダリア同様宿根草で、茎から発芽させることもできるそうです。


  晩秋に樹高3m~5mにも育ち、ヒマワリに似た花を咲かせます。


  写真は2010年11月12日、アンが11歳前の時、徳島植物園で撮影したもので、もう手慣れた


  様子でモデルを務めていました。


   

4m程の茎の頂上に、沢山の花径20cmほどの大きさの花を沢山咲かせます。



 まさにダリアの花ですよね


 

樹高は4mあまりあり、皇帝ヒマワリと樹高を競いあっていました


 こんなに背高のっぽな花です


 これはちょっと小ぶりかな、でもデッカイ花ですよね



お姉ちゃんに抱かれて…甘えているアンです



 にっこりほほ笑むアン、いいモデルっぷりです



 そしてこちらは皇帝ヒマワリ、茎のてっぺんに沢山の花を咲かせています


 

樹高は、こちらも皇帝ダリアに負けず4m近くあります



 花の形は、ヒマワリというより菊に似ているかな・・・


今日はこれまで、また来てください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

アン、今日の話題


 懐かしいハロウィンの思い出写真だよ! 


  いよいよハロウィン近しですね、でも、我が家のアンが天国に旅立って2年余りが過ぎ、


  もう、ハロウィンを祝ったり、仮装をして写真を撮る楽しみが無くなってしまいました。


  今まで、もう何回もアップしているけど、今年もアンの仮装写真をアップして、思い出を


  振り返ってみたいと思います。



 先ずは画像遊びのアン、沢山あるけど4枚だけ選んでみました









そして小道具で飾ったアンのハロウィン写真です。


 このブログが始まったのが2006年に8月28日、もう11年余りが経ちました。

 そしてアンのハロウィン姿のシリーズが始まったのが2008年10月で、2014年10月まで、


 6年間、7回続きました。

 もうほとんどアップした写真ばかりですが、今年も振り返ってみたいと思います。




これは2008年10月、初めてのハロウィン写真、小道具も少なくあっさりしたものです


これは2009年の写真、似合いの帽子が見つかって、楽しい写真が撮れました


この帽子も面白く、お気に入りの写真となりました。アンが10歳直前の写真です


そして2010年、アンが11歳直前の写真です、高齢犬となりましたがまだモデル頑張っています


 ますます熟女?、モデルとして頑張ってくれていました


そして2011年、12歳直前のアンです


太陽の下での撮影だったので眩しそうなアン、頑張っています


そして2012年10月、13歳直前のアンです


13歳とは言え、まだまだ若くキリリとしたモデル振りです


2013年、14歳直前のアン、新しいハロウィンハットが似合い、見事なモデルですが・・・


やはり、撮影が長引けば、飽きてくるし疲れるよね!(≧▽≦)


そして2014年10月、15歳直前のアン、これがアンの最後のハロウィン写真となりました。


まだこの頃は、老いたとはいえ元気にモデルを務めてくれたのに


 翌年の2015年9月、15歳10ヵ月の天寿を全うし、天国に旅立ってしまいました


アンは結構飽き性で、撮影が長引くと、いつも大欠伸してたよな~。


今日はこれまでです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

アン、今日の話題


  お姉ちゃん、お帰り!


  今から約8年前、アンが10歳の頃の思い出です。


  その頃、お正月とお盆には、必ずお姉ちゃんが帰省していた。


  アンは、お姉ちゃんとはいっしょに生活をしたことは無いけど、帰省の度にお姉ちゃんと遊んで


  いたので、お姉ちゃんのことはよく覚えています。


  この日も、お姉ちゃんが駐車場に車を入れ、「アン」と呼ぶと、姿も何も見えないのに、塀越しに


  お姉ちゃんの声を聞きつけた途端、アンはすぐさま、塀に飛びついて早くも大興奮、大歓迎です。


  アンコロ7が2~3日留守にしていて帰ったときは、まったく知らん顔をしていて、お姉ちゃんや、

 

  お兄ちゃんが帰ったときは大歓迎、この落差にちょっと寂しい思いをしたものです。


  やはり、久しぶりの家族との再会は、アンにとっても大変うれしいことだったのでしょうね。



 塀越しにお姉ちゃんの「アン」との一声にもう嬉しくて大歓迎のアン・・・



 ワンワンワンワン・・・お帰り、大変な騒ぎようです



 耳を垂れて嬉しそうに、お姉ちゃんに対面です・・・



 そして、お姉ちゃんにお腹を見せて、大甘えに甘えていました



全身をお姉ちゃんに撫でてもらうのが嬉しくて・・・


 ただもう嬉しい…の表情で・・・



 しばらく、興奮が冷めません



5分ぐらい撫でてもらうと、さすがに興奮も覚めてきます・・・



 それでもまだ、喜びが一杯残っています



 でも、これだけ大歓迎されると嬉しいよね~と羨ましくなるアンコロ7です


今日はこれまでです

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

アン、今日の話題


 今日はアンの3回忌…早いものです。


  アンが突然天国に旅立ったのは2年前の今日、そう、今日が3回忌になります。


  2015年9月27日、アンは、朝から庭に出たがり、何周も何周も、庭の隅々まで歩き回り、


  裏庭、横の道、玄関、車庫まで・・・、16年近く過ごした庭の隅から隅まで、確認するように


  歩き尽くしたアン・・・、夜中に突然、強い発作を起こし、28日未明、15年10ヵ月で、天国に


  旅立ってしまいました。


  アンの2匹の姉妹が、11歳と12歳で旅立ったのに比べると、随分長生きはしてくれたけど・・・、


  20歳までとの願いも空しく、突然の昇天となってしまいました。


 


 亡くなる前日、朝早くから庭に出たがり・・・



 フラフラし、時には倒れながらも、別れを告げるように庭中を何回も何回も歩き回っていた・・・



 玄関横の車庫にも、よくお出かけをした自動車にも、別れの挨拶をしているようだった

 


 そして横の通路を通って・・・



大好きだった玄関もキッチリと嗅ぎまわって、懐かしんでいたようだ



そして、裏の畑も念入りにチェックしていた・・・


 

 この日の月はスーパームーンで、アンが旅立った日は中秋の名月だった・・・



2015年9月28日、未明に中秋の名月に導かれながら天国への階段を登って行った・・・



 今も虹の橋の手前で、アンコロ7が来るのを待って居てくれている・・・はずだ。



今、天国を漂っているのか、いや、沢山のお友達と仲よく、楽しくやっているんだろうな~



沢山の方々から寄せられた、アンに対する温かい気持ちと綺麗な花々・・・



 遺影は、アンコロ7が一番気に入っていたアンの写真です



 それと365カレンダーの表紙を飾った写真・・・




 今は悲しみを超えて、楽しい思い出一杯・・・、でも連綿と未練一杯このブログが続いています。


今日はこれまでです。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

アン、今日の話題


 井の中の蛙ならぬアン


  我が家の庭は幸いなことに結構広く、以前は、アンが家の周りを一周して走り回ることができた。


  しかも表と裏が道路に面していたため、自動車が通るとワンワンワンワンと吠えて追いかける癖が


  あり、また、玄関の門からも外に向かって吠えることがあったので、玄関横と車庫の間を木製


  ラティスで囲い、玄関口に出られなくしたため、騒音で近所に迷惑をかけることが無くなった。


  しかしアンは、家の庭では朝から晩まで駆け回っているのに、ドッグランや公園に行くと、一切 


  走らず、いつも、アンコロ7とリードの距離の範囲でくっついて歩く・・・、そんな内弁慶な子でした。


  その後、時々玄関に出してやると、長い時間、外の景色を眺めるようになりました。


  そして、玄関の門扉を開けても、2~3歩外に出るだけで、それ以上は出歩かない・・・、まさに


  井(庭)の中の蛙みたいな子だったな~。


  今日はそんなアンを振り返ってみました。



 たまに玄関に出してもらうと、熱心に外を眺めているアンでした。



 そのままにしておくと、いつまでも外を眺め続けていた・・・



 そんなに外の景色がいいのかな~。



 玄関の門扉を開けてやっても、出てくるのはこの距離まで・・・。



 後は、久しぶりの玄関だったのでいろいろ撮ってみたよ



コマイヌさんとミニ盆栽とのスリーショット?・・・


 そしてライバルだった猫と・・・


 

ついでにポストも入れちゃったよ・・・

 


 みんな一緒に記念写真を撮っちゃったよ。


今日はこれまで、また来てください。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

アン、今日の話題 


 秋の小さな思い出


  早いもので今年ももう9月、狭い我が家の庭にもデュランタや、オキザリス、ニラ…等の花が咲き始め、

 

  秋の訪れを感じます。


  また、数年ほど前までは、我が家の周りには空き地が多く、雑草が繁り、色んな虫たちも居て、


  我が家を、訪れてくれたものでしたが、最近は、アパート等が建ち並び、昆虫たちの訪問が


  めっきり少なくなってしまいました。


  なのに、蚊や蜂、ウリハムシ等の害虫は殖える一方、段々住みにくくなっています。


  今日の写真は今から10年ほど前、アンが10歳過ぎの頃の写真です。


  9月に咲いたピンクのオキザリス・・・、その1輪をちょこっと頭に載せるだけで、アンの表情が随分と


  変わるものですね。



 今、数輪のオキザリスが咲いています。



 まだ暑いけど、季節は秋に向かって、確実に変わっているのですね。


 
額にオキザリス1輪・・・、7歳の頃のアンです。



 いい感じ・・・。



似合っているよね!


2007年9月、我が家の庭を訪れたオオスカシバです。



蜂に似ているけど、蛾の仲間で、長い口吻を伸ばして花の蜜を吸います


羽化後、鱗粉が落ちて翅が透明になるのでオオスカシバ、蛾ですが毒はなく刺すこともないようです


こちらはホウジャク、昼行性の「蛾」で姿が蜂に似ているので蜂雀(ホウジャク)だそうです



鋭い三角の翅を素早く動かし、長い口吻で、花の蜜を器用に吸います



 ホバリングもできるし、時速50km と高速で飛び、飛翔昆虫では一番速い部類に入るそうです。


今日はこれまで、また来てください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。