未公開株上場のもうけ話を持ち掛け、株を渡さず現金をだまし取ったとして、沖縄県警与那原署は21日、詐欺容疑で、同県南城市佐敷佐敷の投資会社社長白上敏広容疑者(58)を逮捕した。「株の売買はした」と話し、容疑を否認しているという。
 被害は県内外約30人で総額計約3億円に上るとみられ、同署が詳しく調べている。
 逮捕容疑は2002年4月8日、那覇市内のホテルで、県内の私立大教授(67)に、都内のベンチャー企業の株上場話を持ち掛け、株を渡さず現金約1200万円をだまし取った疑い。 

【関連ニュース】
工藤会会長宅など捜索=暴追運動住民宅銃撃
元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取
私学補助金4分の1に=投資詐欺事件で減額
元学校事務職員ら逮捕=架空請求、45万円詐取容疑
就職資金融資悪用、175万円詐取=容疑で男4人を逮捕

<クロマグロ>「よかった」禁輸否決に首相(毎日新聞)
<バイオ燃料>アオコから高効率抽出…従来の70倍に成功(毎日新聞)
外国人介護士受け入れに意欲=鳩山首相(時事通信)
野焼きの男性3人死亡=陸自東富士演習場-静岡(時事通信)
開港1週間茨城空港の暗い未来 格安航空会社誘致も「色よい返事なし」(J-CASTニュース)
AD