住宅金融支援機構は2日、338の民間金融機関と連携した最長35年の長期固定住宅ローン「フラット35」(買い取り型)の3月の金利を発表した。返済期間21年以上35年以下は年2.55~3.55%(前月2.60~3.60%)、15年以上20年以下は2.34~3.34%(同2.39~3.39%)にそれぞれ低下した。金利の低下はいずれも2カ月ぶり。
 最も多くの金融機関が適用している利率は、21年以上35年以下が2.80%(同2.85%)、15年以上20年以下が2.59%(同2.64%)となった。フラット35の金利は指標となる10年物国債の金利動向を反映している。一方、フラット35保証型の3月の金利は3.13%。 

【関連ニュース】
二番底回避、効果に疑問=懸念残る1~3月景気-2次補正成立
財政支出7.2兆円=政府、追加経済対策を決定
事業仕分けの結果

阿久根市長の出席拒否、法の想定外に議会苦慮(読売新聞)
<アカデミー賞>長編アニメ賞に「カールじいさん」(毎日新聞)
アレルギー対策の方向性、新たな検討会で(医療介護CBニュース)
女性保育士が虐待?園児の口に粘着テープ(読売新聞)
<裁判員裁判>初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件(毎日新聞)
AD