世界を旅する年収1億円ブロガー 川島和正オフィシャルブログ Powered by Ameba

世界を旅する年収1億円ブロガー川島和正のブログ


テーマ:

私は、震災発生以来、
震災関連の特集が組まれている雑誌を
ほぼ全部チェックしています。


毎日数時間読むこともあり、
ほぼ日課になっています。


そんな風にたくさんチェックした中で、
一番オススメの雑誌が「週刊現代」です。


「週刊現代」は4年前に大相撲の八百長を告発したほどの
骨太メディアなのですが、今回も取材内容が多く深いです。


例えば、3月21日発売号では、
206ページ中105ページが震災特集です。


広告ページを除くと、ものすごい割合になるのですが
この中に、他の雑誌と同じような軽い話題や写真から
ものすごく濃い内容まで詰まっています。


内容についても、例えば3月28日発売号に
「体内被曝はすでに始まっている」という記事の中で
チェルノブイリなどの放射能汚染状況と
現在の東京の放射能汚染状況などを数字で比較していて深い内容です。


ちなみにこれによると、
チェルノブイリの汚染地帯基準 37000メガベクレル/平方KM
21日のひたちなか 13000メガベクレル/平方KM
21日の東京 5300メガベクレル/平方KMとなっており、
多くの人が思っている以上に、チェルノブイリに近いことがわかります。


また、当時のソ連の対応と今の日本の対応との比較まで掲載されていて
ソ連は「人体に影響なし」と言い続け、
実際に原発事故によると思われる「がん死者」が100万人を超えても
「これらの死者と原発事故は関係ない」と無視したことまで書かれています。


そのため、テレビや新聞を見ているだけではわからない
もっと深いデータを知りたい場合には、
週刊現代をチェックすることをオススメします。


週刊現代に書いてある情報を知るか知らないかで
人生が大きく変わる可能性があるほどです。


なお、週刊現代ほどでなくても、
フライデーや週刊朝日など他の雑誌にも
参考になる記事が多々あります。


雑誌ごとに少しずつ切り口が違いますので
ぜひたくさんの雑誌をチェックしておくことをオススメします。


あと、話は変わるのですが
「SAVE IWATE」http://sviwate.wordpress.com/  や
「日本の森バイオマスネットワーク」http://www.kurimoku.com/blog/  など
活動状況がはっきりしている被災地支援団体情報を募集します。


こういう団体の活動状況と、今必要としているものを知ることで
本当に役立つ支援ができるようになります。


それと、大きい団体に寄付をしても、いつ何に使われるかわからないので、
せっかく寄付するなら、上記団体のように今すぐ必要としているところに
寄付するのがいいのではないかと個人的には思います。




★「この記事は役に立った!」という場合には

ランキングをクリックしていただけると助かります↓

 ⇒ 今何位? <人気ブログランキング>



29歳で年収1億円&著書37万部になった、世界を旅するヒマリッチ社長川島和正の日記-ranking2


読者数日本一の『川島和正メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
毎日配信しています。


↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン  読者数日本一の『川島和正メールマガジン』

(読者数32万部、まぐまぐ!総合ランキング1位のメルマガ)

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

震災の影響で、失業者が急増しているという
ニュースを見ました。


被災地に職場があった人はもちろん、
被災地以外の人でも非正規雇用者を中心に
解雇が進んでいるようです。


また私のところにも
「川島さん、お金が無くて困っています。」というメールが
何通も寄せられました。


そこで、今日は、
お金に困っている人は、今何をすべきか?について解説します。


お金に困っている人が何をすべきかというと、
まず仕事のある地域での求人を探します。


今、福島県で被災して、福島県で職探しをしても
かなり難しいので、西日本など仕事がある場所で探すのです。


贅沢しようとしたらきりがありませんが、
生きていくだけのお金を稼げる仕事でしたら
まだまだあります。


また、住み込みで出来る仕事だってあります。



そのため、まずは、求人情報を探して、
かたっぱしから申し込んでみるようにします。


なお、審査や面接で落とされないようにするには
自分のことをなるべく詳しく伝えることが大切です。


また、寝場所と食事さえあれば、
タダ働きでもいいことを伝えることが大切です。


次に、どうしても仕事をできない状況の人は
生活保護を申し込むようにします。


日本は憲法で基本的人権が尊重されているので
どうしても生きていけないような状況の場合には
国がお金を出してくれます。


ただ、被災地はひどい状況で、
それどころではないと思いますので、
これも被災地以外で申請する必要があります。


あと、お金が1円もなくて
何も行動出来ない場合には、配給を受けるしかありません。


この場合には、被災地の避難所か、
各地の職安そばの公園などに行って、そこで配給を受けます。


職安に行くと、失業して困っている人がたくさんいるので
そこで情報収集すれば、配給を受けられる場所がわかります。


なお、就職出来て、少し落ち着いてきたら
副業でネットビジネスをやるのが良いと思います。


ネットビジネスでしたら、自分1人で出来るので、
失業してしまった場合にも継続収入を得ることができます。


いずれにせよ、ただ待っているのではなく、
自分で行動して生き抜くようにすることが大切です。




★「この記事は役に立った!」という場合には

ランキングをクリックしていただけると助かります↓

 ⇒ 今何位? <人気ブログランキング>



29歳で年収1億円&著書37万部になった、世界を旅するヒマリッチ社長川島和正の日記-ranking2


読者数日本一の『川島和正メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
毎日配信しています。


↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン  読者数日本一の『川島和正メールマガジン』

(読者数32万部、まぐまぐ!総合ランキング1位のメルマガ)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ダメージの大きい被災地は
まだ輸送手段がないようですが、
被災地周辺では輸送手段が回復してきたようです。


ゆうパックやクロネコヤマトなどのサービスエリアも
じょじょに広がっていっています。


そこで、今日は、今、物がなくて、

送ってくれる親戚や友人もいなくて、

本当に困っている方の情報を募集します。


どこまで出来るかわかりませんが、
私が個人的に物資を買って、お送りいたします。


もちろん、費用は全額私が負担します。


個人的に行うので、どこまで出来るかわかりませんが
送れるものは私が買いに行って送ろうとおもいますので
ぜひ、住所と氏名と必要なものをご連絡ください。


なお、依頼が多すぎて全部出来ない場合には
本当に危機的な状況にある方や、小さいお子さんを優先しますので、
現在の状況についてもご連絡ください。


それと、この企画は、
本当に困っている方を助けようという企画なので
「なんとかなってるけど、タダならもらっとこう。」くらいの気持ちで
申し込むのはご遠慮ください。


★ 救援希望はコチラから ⇒ http://8ds.jp/iken.html  




★「こういう企画はいいと思う!」という場合には

ランキングをクリックしていただけると助かります↓

 ⇒ 今何位? <人気ブログランキング>



29歳で年収1億円&著書37万部になった、世界を旅するヒマリッチ社長川島和正の日記-ranking2


読者数日本一の『川島和正メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
毎日配信しています。


↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン  読者数日本一の『川島和正メールマガジン』

(読者数32万部、まぐまぐ!総合ランキング1位のメルマガ)

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

「村から出て行った者は、二度と帰ってくるな!」


その昔、田舎の村に住んでいる人が
「都会に引っ越す。」なんて言うと、
みんなから非難されたそうです。

村を捨てて、都会に行くなんて裏切りものだと言われ、
戻ってきても無視するぞなんて言われたみたいです。


そして、田舎に残った人は、
残った者同士が仲間で、
出て行った者はもう仲間ではないと思っていたようです。


と、昔話風にすると、少し冷静に考えられると思うのですが、
これは、今関東や東北で起きている出来事です。


関東や東北に住んでいる人が
関東や東北から出て行く人を批判し、裏切り者扱いし、
「二度と帰ってくるな!」と言っているわけです。


また、関東や東北に残った者同士は、
自分たちは仲間だと確認しあい、
出て行った人の悪口を言いあっているわけです。


これも、昨日メルマガで解説した
震災による「思考の幼稚化」の影響です。


震災前だったら、誰がどこに移動しようが
それほど何とも思わなかったのが、
急に昔の価値観に逆戻りしているわけです。


日本人の根底にある「村社会価値観」や
小学生時代の「同じ行動をしない人は仲間外れ価値観」が
復活してしまっているわけです。


そのため、自分がこんな発言をしてしまっていた場合には
ちょっと冷静になることをオススメします。


震災が落ち着いて、みんなの価値観が普通に戻った時に
「二度と帰ってくるな!」と言っていた人ほど
恥ずかしい思いをするはずです。


冷静に考えれば、リスクが少ない場所に
避難したほうがいいわけですし、
友達が避難できたのであればそれは喜ぶべきことです。


また、友達が安全に暮らせることを批判するのは
友達の幸せを願っていないことを証明しているようなものです。

田舎から東京に上京する友達に
「頑張れよ!都会での活躍楽しみにしてるぞ!」と言えたり、
避難する友達に
「安全な場所に避難できて良かったな!健康には気をつけろよ!」と
言えたりする人の方が、友達思いで魅力的ですね。




★「この記事は役に立った!」という場合には

ランキングをクリックしていただけると助かります↓

 ⇒ 今何位? <人気ブログランキング>



29歳で年収1億円&著書37万部になった、世界を旅するヒマリッチ社長川島和正の日記-ranking2


読者数日本一の『川島和正メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
毎日配信しています。


↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン  読者数日本一の『川島和正メールマガジン』

(読者数32万部、まぐまぐ!総合ランキング1位のメルマガ)


いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、友達の会社経営者と会話したり、
普段は冷静な人のブログやメルマガを読んだりしていたところ、
震災をきっかけに理論的に考えられなくなってしまった人が
多いことに気づきました。

どういうことかというと、
意思決定するときに理屈で考えて決めるのではなく
感情的に決めて行動するようになっているのです。


特に、自分が年月をかけて学んだ大人の価値観ではなく、
小さいころに親やテレビから無意識のうちに影響を受けた価値観で
行動してしまっている人を何人も見かけました。


もちろん、普段から、
何を食べるかとか、どこで遊ぶかなどは
ほとんどの人が感情的に決めています。


しかし、ビジネスや投資などにおいては、
結果を出しているビジネスマンや投資家ほど
ビジネス書などを参考にして

理論的に考えて決めているものなのです。


それが、今回の震災をきっかけに
小学生レベルの価値観に戻ってしまい
理論的に考えられなくなっているのです。


おそらく、本人は自覚が無く
直感的に行動しているだけなのだと思いますが、
冷静に観察すると理論的に考えられていないことが伝わってきます。


理論的に考えず直感的に考えること自体は

悪いことではないのですが、
これを続けてしまうと、
ビジネスや投資で失敗する確率が高くなります。


ビジネス書などから学んだノウハウではなく
小学生のころに親やテレビから
無意識のうちにインプットされたノウハウ優先してしまったら
当然失敗する確率が上がるのです。


そのため、今一度最近の自分の行動を振り返って
震災前と震災後で何が変わったか
チェックしてみることをオススメします。


そして、理由や目的なくやっていた行動があれば
その点を見直して、震災前のように
冷静に理屈で考えて行動することをオススメします。


世の中が混乱しているときこそ、
冷静に考えて行動することが大切ですし、
特にリーダーはそうあるべきです。




★「この記事は役に立った!」という場合には

ランキングをクリックしていただけると助かります↓

 ⇒ 今何位? <人気ブログランキング>



29歳で年収1億円&著書37万部になった、世界を旅するヒマリッチ社長川島和正の日記-ranking2


読者数日本一の『川島和正メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
毎日配信しています。


↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン  読者数日本一の『川島和正メールマガジン』

(読者数32万部、まぐまぐ!総合ランキング1位のメルマガ)


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み