岐阜県医師会の政治団体「岐阜県医師連盟」は30日、今夏の参院選岐阜選挙区(改選数2)で立候補予定の民主現職、山下八洲夫氏(67)を支援することを決めた。同医連が民主党候補者を支援するのは初めてで、政権与党に一定の配慮を示した。自民新人の渡辺猛之県議(42)に対しては、「支援」より強い「推薦」とする。民主新人、小見山幸治(よしはる)氏(47)については支援を見送った。【岡大介】

【関連ニュース】
新党改革:鳩山邦夫氏の長男を擁立 参院選比例
普天間移設:与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先
参院選:政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく
中山太郎氏:自民離党へ 参院選に新党から出馬か
新党改革:現職3人立候補せず…参院選の第1次公認発表

経営改革「病院の使命・役割の明確化を」(医療介護CBニュース)
<天皇陛下>皇居内で田植え(毎日新聞)
<薬物依存症>現状説明と治療のためのフォーラム 名古屋で(毎日新聞)
<自民党>中山元外相が離党届(毎日新聞)
<阿久根市長>職員、市議らのボーナス半減を専決処分(毎日新聞)
AD