昨年の衆院選のマニフェスト(政権公約)に掲げた鳩山政権の重要政策である高校授業料無償化法案は16日午後、衆院本会議で与党と公明、共産両党などの賛成多数で可決される。引き続いて、中学卒業までの子ども1人当たり月額1万3000円を支給する子ども手当法案も与党と公明、共産両党などの賛成多数で可決し、自民党はいずれも反対する。

 両法案は参院に送付され、年度内に成立する見通し。成立すれば無償化は4月から実施、子ども手当は6月に支給され、政府・与党は夏の参院選に向けた「実績」としてアピールする。

 高校無償化法案は、公立高校では授業料を原則徴収せず、私立高校生には世帯の年収に応じて年額11万8800~23万7600円を支給する。民主、公明、共産の3党が施行3年後の見直し規定を付則に加えた。対象に朝鮮学校を含めるかどうかは第三者機関を設置して検討する。

 子ども手当法案は平成22年度の支給に限った内容。与党と公明党が政府提出法案を修正し、支給対象外だった児童養護施設の入所者らに対する支援検討などを付則に追加した。

【関連記事】
がんじがらめ…飛べぬハト 鳩山政権、発足半年
社民・福島氏 朝鮮学校も「学ぶ権利」 無償化求める
子ども手当「悪用必至」ネット上で批判
首相フラフラ 朝鮮学校の高校無償化「除外」一転「対象」に
中井国家公安委員長「あほなこと言うな」 朝鮮学校無償化問題
20年後、日本はありますか?

橋下知事、朝鮮学校に「公金は出さない」(読売新聞)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
高検検事が盗撮容疑 名古屋、書類送検(産経新聞)
パフォーマンス警戒?姿見せず元船長を移送(読売新聞)
宮城・福島・山形各地で震度4、震源は福島沖(読売新聞)
AD