反時代的洞察

人間と時代から遠く隔たった世界の果てより革命のメッセージ。


テーマ:
今年に入ってから携帯電話販売店のauへのMNP(携帯電話番号ポータビリティ=番号そのまま他社から乗りかえ)に対するキャッシュバックが荒れている。

百聞は一見に如かず、以下Twitterから生情報を引用する。

【コンテンツ無し】大好評★auのMNPキャンペーン!EVO3D/PHOTON/INFOBAR/MIRACHが本体一括0円でさらに現金55000円キャッシュバックです。お早めにどうぞ!

【#auキャンペーン】3/17・3/18限定! #EVO3D #PHOTON MNP現金6万円CB(翌々月末口座へ振込み)条件は誰でも割・ISNET・スマートパス・安心サポート・コンテンツ7,000円分加入です。コンテンツなしでも5万CB

#au #MNP 祭だ祭だぁぁぁ☆☆平日もやってますしィィ♪♪ #EVO3D #PHOTON #INFOBAR A01 ←本体一括ゼロ円!!!→OP有で60000円!!!ナシでも55000円現金還元!!!『単品...ダカラ...』

在庫少量【#au #MNP】#PHOTON (#ISW11M) 一括0円!キャッシュバック55000円! 誰でも割、安心サポート、ISNET、auスマートパス ※Eプラン(780円)でもOK★その他コンテンツはありません。


本体一括0円で5~6万円キャッシュバックは異常としか言いようがない。

MOTOROLA PHOTON ISW11M」は機種変更では本体一括68,250円もするのだ。

(参考)au端末価格調査:2012-03-15 - ケータイ Watch

そして機種変更で値引きしている店は皆無である(オプション未加入で値上げする店はあるだろう)。

継続利用とダブル定額orISフラット加入で「毎月割」が機種変更で最大2,845円x24ヶ月付くが、MNPでも1,200円x24ヶ月付く。(今日現在、[auショップいの]携帯価格表より)

MNPと機種変更の差額は、

MNP: 本体0円+新規事務手数料3,150円+キャッシュバック△50,000円+毎月割合計△28,800円=△75,650円

機種変更: 本体68,250円+毎月割△68,280円=△30円


すなわちMNPの方が75,650円-30円で「75,620円」も安いことになるのだ。

ちなみに「MOTOROLA PHOTON ISW11M」も「HTC EVO 3D ISW12HT」も2011年の冬モデルで発売からまだ半年しか経っていない。


【国産ハイエンドモデルも...】

異常なキャッシュバックは上記海外メーカーモデルだけではない。


【#au】WiMAX搭載 #DIGNO #MNP 一括0円 45000円キャッシュバック。誰でも割、安心ケータイサポート+、ISNET、auスマートパス※Eプラン(780円)でもOK★コンテンツ契約なしです。

【コンテンツ無し】大好評★auのMNPキャンペーン!Wimax対応スマホDIGNOが本体一括0円でさらに現金40000円キャッシュバックです。お早めにどうぞ!

【#auキャンペーン】3/17・3/18限定! #ISW11K MNP本体代金0円+現金5万円CB(翌々月末口座へ振込み)条件は誰でも割・ISNET・スマートパス・安心サポート・コンテンツ7,000円分加入です。コンテンツなしでも4万CB


DIGNO ISW11K」の機種変更本体価格はなんと「73,680円」である。

73,680円→0円になるだけでも異常だが、さらにキャッシュバック45,000円もらえるのである。

数年前に総務省が問題にした「0円ケータイ」どころではない。

もう何が何だか分からないが、少なくとも私の知る限り同一商品・同一時期でここまで価格差がある事例をあらゆる業界で聞いたことがない。


【新機種や人気機種、iPhone 4Sさえも...】

2012年3月10日に発売したばかりの「Xperia acro HD IS12S」(機種変更一括価格:59,760円)もいきなりこの様である。

【auキャンペーン】【週末】17日(土)・18日(日) #予約開始 #IS12S xperia acro HD #他社からのお乗り換えで 一括0円 ☆ 更に15000円キャッシュバック♪ コンテンツ加入ありません!!


ドコモでも人気シリーズのGALAXY SII WiMAX ISW11SC(機種変更57,960円)やARROWS Z ISW11F(73,680円)もauにかかればこの通り。

【au】在庫限りの限定企画!!#ISW11F #ARROWSZ がなんと乗り換え一括0円!!条件は(誰でも割+ISNET+ケータイサポート+スマートパス)のみ!!

auへお乗換え一括SALE! #ISW11SC (#GALAXYS2 #WiMAX )MNP一括0円!更に15000円キャッシュバック!誰でも割isnetパケット定額のみ!土曜日、日曜日に大量入荷予定!先行予約受付中です!

【#auキャンペーン】3/17・18限定 #ISW11SC #IS12S MNP本体代金0円+現金2万円CB(翌々月末口座へ振込み)条件は誰でも割・ISNET・スマートパス・安心サポート・コンテンツ7,000円分加入です。コンテンツなしでも1万CB


そしてauのiPhone 4Sは携帯屋だけでなく、ビックカメラなど家電量販店でも軒並みMNPで

16GB 一括 0円
32GB 一括 9,800円
64GB 一括 19,800円

となっている。

これまで、ソフトバンクでは旧型のiPhone(例えば今ならiPhone 4 8GBのMNP一括0円が多い)を一括値引きすることはあったが、Appleがブランドにこだわるせいか、新モデルの価格を下げることは私の知る限り皆無に近かったはずだ。

もちろん、ソフトバンクでも今MNPで3~4万円キャッシュバックなどやってる販売店もあるが、あくまで機種代金がiPhone 4S 16GBなら1,920円x24ヶ月=46,080円かかった上での話である。

auには、もはや新機種も、ブランドも「お構いなし!」のようだ。


【群がる携帯乞食】

auの携帯をMNP(新規)契約すると、「誰でも割」という二年契約に加入することになる。これはドコモ(ファミ割MAX/ひとりでも割)・ソフトバンクと同じだ。

誰でも割の解約料金は9,975円、新規事務手数料3,150円とキャッシュバックまでの1~2ヶ月分の最低通信料金を合わせても2万円もかからないので、例えば5万円キャッシュバックなら解約しても3万円の利益+機種本体を入手できてしまう。

機種本体を中古携帯屋に1万円で売れたとすれば、紙一、二枚(申込書)を書くだけで一日で4万円ゲットできたことになる。

もっと言えば、このauのMNPキャッシュバックのためだけに、他キャリアの新規一括0円のしょぼい端末を踏み台にしても、他社携帯の新規契約事務手数料3,150円+解除料9,975円+MNP転出手数料2,100円+日割分通信料(少額なので割愛)=15,225円かかるが、上記の通り4万円利益があるので、やはり約25,000円儲かってしまう。

まるで現代の錬金術である。

そして、使用することはない「寝かせ回線」をブーメランのように他キャリアから他キャリアへMNPを繰り返し、一種の「せどり」のようなことを行っている人達を、言葉は悪いがネットで「携帯乞食」と呼ばれている。


その証拠に「携帯販売ランキング(3月5日~3月11日)」では、総合ランキングの6位に少子化のご時世にも関わらず「ソフトバンク みまもりケータイ005Z」が場違いに入っており(しかも前回3位)、ソフトバンクランキングの6位にはプリペイド携帯の「740SC(プリモバイル)」が入っている。

これらは明らかにキャッシュバック目当てでauへMNPするための「弾」として異常に売れたものと思われる。

そして、まず間違いなくそのために、ソフトバンクは3月5日に急遽、4月4日契約分からプリペイドの一年以内の解約に9,975円の解除料を設定したのだ。(本来プリペイドは放って置けば一年で自動解約になるので通常用途では一年以内の解約はあり得ない。なお、自動解約の場合は従来どおり解除料はかからない)


【既存ユーザーが馬鹿を見すぎではないか?】

合法的に、誰にも迷惑をかけずに儲けている人たちは別に問題ではない。

それよりも、auのMNPキャッシュバックは、auの既存ユーザーに対してあまりにも不公平ではないか?

まるでauの既存ユーザーが機種変更で組まされた6万円の割賦を、そのままMNP契約者へ6万円キャッシュバックとして横流ししているみたいだ。

(携帯販売は取次手数料ビジネスであり、個別の販売店はただauからの条件=インセンティブによって価格や特典を決めているので、販売店に一切罪がないことは断っておく。)


KDDIの田中孝司社長は新春のインタビューで

"純増数の部分はどうかといいますと、ここは「ちょっと荒れているな」と感じています。我々もTCAのデータを見ていますけれども、ソフトバンクモバイルが“機種変更=純増”みたいなスキームをやっていたりとか。そういった背景もあって、我々はもう純増数の数字を(指標として)追うのはやめようと考えています。"

(ソフトバンクのiPhone 4→4Sの家族無料キャンペーンiPadのゼロから定額キャンペーンなどを指していると思われる)

"ゲームチェンジをしたい。携帯(契約の)純増数の勝負が重視されているが、実態を反映しなくなってきている。実質的な純増は追うが、いたずらに純増を追うような考えからは一抜けしたい。"

(「実質的な純増」は「MNP純増」を指していると思われる)

"ただ、純増数については、NTTドコモは携帯型ゲームを含めて数えるなど、各社のカウントの仕方が変わってきた。これにどう対応していくかは先送りになっている。"

(携帯型ゲームはPSVita 3G/Wi-Fiモデルのプリペイドプランを指している)


私も昨今の純増数が無意味という意見には大いに賛成だが、荒れているのも、実態を反映していないのも、むしろauのMNP純増の気がしなくもない。

なによりauユーザーはこれを許せるのだろうか?

また、目先の金目当てで動く客を獲得しても、すぐに他所のうまい話に移って行ってしまうのではないか。

それが「自由」の意味なのだろうか。
いいね!した人  |  コメント(14)
PR

[PR]気になるキーワード