KJS「関西ジュニアスポーツ能力開発協会」のブログ

ダンス、トレーニングを通じて、子供達の運動能力を発達、発展させていきます!


テーマ:

7月17日zooメソッドアカデミー今回はベーストレーニングでバレエを取り入れてみるということで1時限目を担当しました、バレエといってもまずは基礎的訓練から入るダンスですから、ベーストレーニングとして役割を担うにも適しているといえますね。


今月はイノシシということでテーマは瞬発力、

単に瞬発力といっても筋肉だけを強くするわけでもないので、まずは柔軟から入りました

急激に筋肉を動かすとどうしても筋繊維を痛めてしまうので、まずは可動域の確認と少しの拡張、これが大切ですね、

伸ばしすぎると筋肉が戻ってこないので(伸びてしまったゴム)最大値の柔軟は避けて程よく伸ばして確認する程度に収めました

やはり硬い子と柔らかい子、別れますね、

軸を作るにはある程度体が硬いほうが有利です、柔らかすぎるとぐらぐらしてしまって安定性にかけます、

とはいっても硬すぎると可動範囲がないので体のいろいろな部分を使って表現するスポーツには不利といえましょう、大事なのは自分の体の特徴を知り、改善することでバランスを整えるということに尽きます、硬い柔らかいの差異を改善することでより使いやすい体と怪我のリスクを減らすことになります、この事にきずかせるのも指導の一部分といえます。

 

柔軟性を確認したところでスクワットの仕方を指導、

膝の曲げ伸ばしはどの分野にもある共通項(特殊なスポーツになると変わるとはおもいますが)とても重要ですね、全身を使った膝の曲げ伸ばし、やはりハムズトリングが硬すぎる子はどうしても腰を前へ落として曲げてしまいます、膝への負担と全体のスプリング性能が落ちますね、

柔らかすぎるとお腹が前に落ちてしまったり足首を限界まで押し込む傾向も見られます

この小さな特徴を捉え指導するのも教える側の重要な点だと思います。
 






膝の曲げ伸ばしを指導したところで床にお尻をつけたまま膝を曲げ伸ばしして前へ進んだり後ろへ下がったりしました

これは脇の力と腹筋力背筋力がとても使われます、また体の準備運動としても熱くなるとおもいます、皆さん必死に進んだり下がったり楽しんでました、

瞬発力といっても体幹が安定しないと、どれだけ下肢に力をいれても上部への伝達がないうまくいかずその力は生かしきれないでしょう、、柔らかく繋がりがない物を手のひらに乗せて猛ダッシュしてもすぐに手から落ちてしまうでしょう、下肢との伝達および上部との繋がり、体の中心の力はとても重要だといえます








 床の運動がおわったらさあバーを持って基礎的で簡単にしたバレエのトレーニング

上体を上へ維持しながら足を動かしていく、軸作りと体幹を支えながら行っていくのでどんどん下肢に対しての上部の動きも安定してきますね、上体を支えながら体を作るのはどのスポーツでも役立つトレーニングの一つと考えます







 
 足に対しての上半身の繋がりができたところで最後に様々なジャンプをしました、前半で体の支え方を指導したので力いっぱい足を使いながらも上体を維持することに努めていました、やはり色んな動きをする上でも連動し繋がっていることはパフォーマンスとしての質もぜんぜん違うものに見えますね、

皆さん限界まで足を使い切ってもらって1限目終了しました、体幹を作ったままでの最後のジャンプやはりいい感じにトレーニングできていました。











 
2時限目に進むと足がしんどいなどの子供もいましたが、それでも種目が変わりやることが変われば

なぜか動けてしまうんです、興味が変わるのと、限界まで使ったと思っていても案外まだまだ使っていない筋肉があってなぜか動けてしまう、

やる気を引き出し筋肉を使いまた興味を変化させ良質にトレーニングしていく、

zooメソッドアカデミーこれからもまだまだ目が離せません。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
みなさん、こんにちはニコニコ

関西ジュニアスポーツ能力開発協会 PILATES担当のTAKAKOです爆笑

梅雨に入り、ジメジメする季節になりました。
そんな時こそトレーニングをすると、体も心もスッキリ音譜しますよ!!  




さて、先日ZOOアカデミーのワークショップは
「猫」というテーマで行いましたニコ


今まさに空前のネコブームですので、トレーニングでも世の波に乗っていきますウインク


猫といえば、皆さんどんなイメージを持っていますか!?
動きとしては、何ともいえないしなやかで柔らかい動きをしていますよねグラサン


そこに着目し、

①筋膜を柔らかくキラキラ
②関節・脊柱の可動域を広げるキラキラ

をテーマに子供達には動いてもらいました。



またまた登場のミニスタビリティーボールを使い、様々な動きを流れるようにやってもらいました。

{68DAE81A-048D-4E8E-938B-79BF675F80C6}


すると最後には、全員身体の柔軟性がアップ!!




そして恒例のゲームは

「体全体でじゃんけん」

を行ないましたチョキ

柔軟性が上がった状態だったので、大きな動きでよく表現してくれましたルンルン

まだ体が柔らかい子供達でも、トレーニングによって更に動きの可動域を増やす事が出来ますねキラキラ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日5月15日ZOOメソッドアカデミーバレエを担当した藤田です。

今月のテーマは馬で強化内容は持久力

1限目はピラティスの岡本先生、内容を事前に話しているとお尻を特に強化するということで

なかなかハードにお尻まわりの筋肉を刺激していました、踏ん張る力、ダッシュ力、ジャンプ力全てに有効に働きそうですね。

このアカデミーのすごいところはやはり違う分野が運動能力を開発してまた違う分野に渡していくところ、そう、繋がっているんです。

1限目40分、さあ子供達もだいぶ筋鍛錬をして集中力を使い切ったところで、2限目バレエに移る

そうするとなぜか子供達の興味が変わりまた集中力が回復してる、

こうして学校の授業のように国語、算数、理科、と変わっていけばおのずとまたやる気だったり、興味だったり、好き嫌いだったりで、子供達のポテンシャルは持続していくのです。

これは画期的、頭を使うことと、体を使うことは興味の上では同じなのです、

ただ学校には体を本格的に指導する専門知識を持った先生は少ないと思います、

このアカデミーではそうした専門分野のプロ達が自らの運動学を子供達に教えていく、その形は体を動かすための総合塾とでも言いましょうか、

専門分野だからこそ見出せる運動学を提供し、そしてまたその先生達で連携し情報を提供しあい子供達の体を開発していく、これはもう体の能力はおのずと向上していきますね。


心と体の関係とよく言います、やはり体が心、または頭の働きにも繋がっていて、体をより快適に保てばよく頭も働き、心の調子もよくなる、

体を良い状態に保てなければよく考えれなくなるし、心もうまくコントロールできなくなるでしょう、

自分の体と早い段階から向き合い成長とともにコントロールする事を学べば、子供達のこれからの人生にとってこれほど大切なものはないと思います。

























































AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。