韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国・韓国語の見つめ方を伝授します。


テーマ:
「末伏」の夜、妻と息子と一緒に美味しいチョッパルを囲みました。ヾ(≧∇≦)〃♪



昨日は「末伏」の「安東チムタク」をご紹介しましたが、実は家に帰ると、家でも娘が「チョッパル(豚足)」を家族のためにふるまってくれたんですね。しかも自分は職場から帰っていないのに、3人で食べろということだったのですが、まあ、「末伏」の夜でひさびさに弟が帰っているから、ということでしょうね。♪ヽ(´▽`)/


娘が注文してくれたのは、我が家の近所にある「チョッパル夜市場(족발야시장)」(02-990-4969)という店のもの。配達のチラシには「伝統の熟成醤が伝統の味を作ります」と宣伝しています。そこの、ふつうのチョッパルと「直火プルチョッパル(직화불족발)」の半々セット(반반족발SET)が届きました。レシートを見ると36000ウォンでしたが、マッククス1人前がサービスでついていましたね。


後者の「直火プルチョッパル」というが、辛くて炭火風味でとても美味しかったです。「直火」の後についている「プル」という言葉も同じ「火」なわけですが、この場合の「火」は「火のように辛い」という意味で、辛さと炭火の香ばしさが舌を魅了します。ただ、問題はそれが刺激的味で引っ張る分だけ、本来のチョッパルのほうの美味しさがあまり感じられなかったのが多少残念でした。


ということで、私はお昼にお肉をお腹一杯食べていたので、今回は数切れ味見しただけだけにして、主に妻と息子が食べていましたが、妻も食後に、「美味しかったあ!でもせっかくチョッパルを食べたのに、チョッパルを食べた気はしないかなあ」ということでした。今度は、半々にするよりも、どちらか一つを食べるほうがいいかなあと思いましたね。(ぜいたくな悩み)ヾ(≧∇≦)〃♪



辛いソースを絡めて炭火の直火で焼いた変り種チョッパルです。♪ヽ(´▽`)/



おかず類やサンチュもついてきます。



香ばしくて美味しいですよ。(*´ヮ`)/



ニラと一緒にサンチュに包んでいただきます。



で、この横に見えるアルミホイルが何かというと。



その下にふつうのチョッパルが入っているのでした。これで半々ということですね。



ふつうのチョッパルも柔らかくてとっても美味しいですよ。



こんな感じに包んでいただきます。



これは我が家にあったケールの葉っぱです。この間、ご紹介しました。



サービスでついてきたマッククスです。



ビニール手袋で混ぜる妻。



一人分ですけどね。



これも美味しくいただきました。肉よりもこっちのほうが触手が動いたし。ヾ(≧∇≦)〃♪



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

non sugarさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。