韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国・韓国語の見つめ方を伝授します。

ソウルでの滞在に、メッチャ便利!! お勧め!チョ・ソンミンさんの明洞ゲストハウスにしばらく空き部屋があります!ロッテ百貨店の向かい側、空港リムジンバスのバス停から歩いて1分ですよ!飛行機電車走る人プレゼントメガネ

アンニョンハセヨ!「サランヘヨ・ハングンマル!」は韓国直送のフリーの韓国語講座!日本を元気にするために韓国の情報をお伝えしています。韓国について知りたい皆さんのお役に立ちますよ!(*´▽`)

NEW !
テーマ:
息子のために焼いた肉と思っているので、心なしか小さい肉を選んでいますね。(^ヮ^;)



先週末は、実はまた週末を利用して息子が帰ってきたということで、例によって滞在初日の金曜日の夜に妻が牛肉を買ってきました。しかも、ただの牛ではなくて高級な「韓牛プチェサル」ですね。ふつうの牛肉なら、ふだんでもあり得ますが、「久しぶりの息子」という要素がそこにプレミアをつけるわけですよね。ヾ(≧∇≦)〃♪


「プチェサル(扇肉、부채살)」というのは、牛の肩肉下部の霜降りのことで日本だとミスジというと思います。美味しい部位ですよね。韓国では別名「落ち葉肉(낙엽살)」などともいいます。


学生時代、私はやせの大食いで体重は今の息子と同じくらい(50kg)ではあったけれど、食べるのははるかにたくさん食べましたから、我が母を安心させられたと思います。うちの息子の場合は相変わらず食が細いので、妻が心配になる気持ちも、「韓牛」を食べさせたい気持ちもよく分かりますよね。


今はSNSもあるし、私が要求して息子の日常の写真をたくさん送ってもらったりしていますが、やはり心配な思いは消えないものです。いつの間にか、私の話しかける言葉が、さだまさしさんの歌『案山子』のお父さんのようになっているなあと思いながら苦笑いしている日々です。(^ヮ^;)



これが妻が買ってきた韓牛の「プチェサル」ですね。



牛肉を焼くのはいつも私の仕事。妻が、火の使い方は私のほうが得意だと思っているからですね。



ひと口サイズにハサミでちょきちょき。



息子の腕です。もっと太くなってほしいものですね。



この後、サムギョプサルも追加で焼きましたが。ひさびさに一家全員揃って楽しい夕食でした。



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

韓国の夫婦を代表する『あなた、その川を渡らないで』のハラボジ、ハルモニ。(*´ヮ`)/


●「夫婦は1つ」が当たり前でなくなった?


今日は韓国の国家が指定する「夫婦の日」ですね。家庭の月である5月の、「2人が1つになる」という意味での21日ということになっています。♪ヽ(´▽`)/


昔から韓国では「夫婦は1つ」ということを当然のようにいうので、まさに韓国的な日だなあと思います。私たち日本人は、夫婦の間でもお礼や謝罪の言葉を習慣のようにいいますが、昔は妻がそれを「夫婦は1つなのに」といぶかしがったものです。今ではすっかり慣れてそれが嬉しいといっていますけどね。(^ヮ^;)


韓国の昔ながらの夫婦像というと、おととし韓国で大ヒットしたドキュメンタリー映画『あなた、その川を渡らないで』が思い浮かびますよね。日本でも昨年公開されて多くの人に観られたということで嬉しい限りです。(→過去の紹介記事


でも逆にいうと、かつてそのように「夫婦は1つ」のようなことが当たり前であった時代には、たぶんこんな日は制定される意味がなかったのであって、2001年にこの日が制定された理由は、現代に至ってその「夫婦は1つ」理想が一気に崩れ、離婚率が急上昇し、そもそも結婚に対する意欲が後退して晩婚化が進んでいる、という状況があるため、男女、夫婦間の理解を高めて健全な家庭文化を築こう、ということがいわれるようになったわけですよね。


ということで、今年はちょうど日曜日に重なったこともあって、各地で夫婦にまつわるイベントが行われているようで、私の友人も「夫婦幸せクリニック」というセミナーに夫婦で参加した、として写真を送って来ていました。


ある下着会社のアンケートによると、けっこうこの日に夫婦が、服(下着)、ファッション雑貨(アクセサリー、かばん)、化粧品などの贈り物を贈り合うようですが、我が家では特に何も準備しておらず、夕食を夫婦で外食するということにだけなっています。まあ、ふつうの日曜日にもよくすることではあります。


毎年この日、韓国のネット上には誰がつくったのか分かりませんが、「夫婦十戒」なるものが出回るようになります。わりとふつうのアドバイスですが、ご紹介してみます。


1. 2人が同時に怒るなかれ
2. 火事以外で大きな声を出すなかれ
3. 目は欠点を見ず、口は失敗を話すなかれ
4. 妻や夫を人と比較するなかれ
5. 痛いところを引っ掻くなかれ
6. 怒りを抱いてベッドに入るなかれ(※韓国はほぼ同衾)
7. 最初の愛を忘れるなかれ
8. 葛藤があっても決してあきらめるなかれ
9. 隠し事をするなかれ
10. 互いの過ちをかばい合い、愛で不足を満たすべし



●公式ソング『2人が1つになり』


さらに、国家制定記念日“夫婦の日”公式記念ソングというものがあり、人気バラード歌手のキム・ジョンファン(김종환)さんが歌っているのですが、その題名がまさに『2人が1つになり(둘이 하나 되어)』なんですよね。ヾ(≧∇≦)〃♪


歌詞を見ると、とっても理想主義だけど現実的でもあるという、いかにも韓国の男性が語っているような歌詞ですが、最後にこれを訳してみますね。ハッピー夫婦の日!(*´ヮ`)/


■둘이 하나 되어
2人が1つになり


니가 보고싶어 널 만나게 됐고
あなたが恋しくてあなたに出会うようになり
니가 좋아 널 사랑한다.
あなたが好きであなたを愛する
죽고 싶을 정도로 슬픈 일이 생겨도
死にたいほどの悲しいことがあっても
변함 없이 사랑하게 해주오
変わることのない愛で愛させてほしい


우리들의 만남의 끝은 있겠지만
私たちの出会いの終わりはあるだろうが
그 날까지 너를 아끼며
その日まであなたをいとおしもう
아까운 시간들을 바보처럼 보내며
大切な時間を馬鹿みたいに送るような
우리 그렇게 살진 않겠다.
私たちはそのようには暮らさない
이 넓은 세상에 수많은 사람중에
この広い世界の数多くの人の中で
널 만난건 내겐 너무 특별해
あなたに出会えたことは私にはあまりに特別だ


둘이 하나될수 있도록
2人が1つになれるように
둘이 하나될수 있도록
2人が1つになれるように
어떤 현실도 서로 참아낼수 있어
どんな現実も互いに耐え抜くことができる
너 없는 이 세상은 생각할수도 없어
あなたのいないこの世界は考えることもできない
내 목숨 만큼 널 사랑해
私の命ほどもあなたを愛している


너의 가슴속이 마르지 않도록
あなたの胸が渇いてしまわぬよう
사랑의 물을 너에게 준다.
愛の水をあなたに与えよう
머뭇거리는 동안 세월은 지나간다.
ためらう間に歳月は過ぎていく
너를 사랑할 시간도 없이
あなたを愛する時間もなく
세상 살다보면 현실이 힘들어서
世間で暮らし、現実がつらくて
말 다툼에 상처도 받지만
言い争いに傷つきもするが


둘이 하나될수 있도록
2人が1つになれるように
둘이 하나될수 있도록
2人が1つになれるように
어떤 현실도 서로 참아낼수 있어
どんな現実も互いに耐え抜くことができる
너 없는 이 세상은 생각할수도 없어
あなたのいないこの世界は考えることもできない
내 목숨 만큼 널 사랑해
私の命ほどもあなたを愛している



キム・ジョンファン(김종환)さんが歌う『2人が1つになり(둘이 하나 되어)』。



映画『あなた、その川を渡らないで』予告編。

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆
韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
プルプルプルッとした、これが娘の大好物「骨なしタッパル」です!ヾ(≧∇≦)〃♪ 


日本の方からはたぶん「こんなゲテモノがあるのか?」といわれそうな食べ物ですが、れっきとした我が娘の大好物「タッパル(닭발)」です!娘がこよなく愛する珍味として、今日は私もお呼ばれに預かりました。実際には私のほうが多く食べたかもしれませんが。美味しかったです。ヾ(≧∇≦)〃♪


「鶏(タク)」の「脚(タリ)」ではなくて「足(パル)」であるということで、正確な発音は「タクパル」ですが、とっても辛くて、ふつうは酒のつまみとされます。娘の場合は、コリコリした軟骨と、柔らかくプヨプヨした皮のコラーゲンゆえに大好きだそうですが、実際、私と同じようにモツ類が好物でもあるので、その気持ちは父娘で同じなのだろうと思います。(^^;)


「タッパル」には2種類あって「骨ありタッパル(통뼈닭발)」と「骨なしタッパル(무뼈닭발)」です。娘は両方好きなのですが、私のほうは実は「骨なし」しか食べたことがありません。今日も娘は私と食べるということで「骨なしタッパル」を選び、さらに「チュモッパプ(握り飯)」と「ケランチム(卵蒸し)」とサイダーのセット(20,000ウォン)を注文していました。


「チュモッパプ(握り飯)」というのは、白ご飯とプチプチのトビウオの卵と細切れのごま油海苔がついて、本来はそれを付属の透明ビニール手袋で混ぜて丸めて食べる、というものなのですが、最初はそうしていても、わざわざ握って食べる必要もないということに気づいて、今はふつうにスプーンですくって食べています。


娘はそこにマヨネーズも混ぜていましたが、たしかに辛いタッパルには柔らかいマヨネーズの味がとってもマイルドなのでした。あと、サイダーの甘さも格別になりますよね。娘よ、ご馳走様!♪ヽ(´▽`)/



出前で届いたタッパルをさらに火にかけています。ヾ(≧∇≦)〃♪ 



美味しそうですよ!もはや見慣れました。♪ヽ(´▽`)/ 



娘にとってはコラーゲンたっぷりの美容食ということになります。 



「チュモクパプ」にマヨネーズを入れて混ぜている娘の手。 



卵のそぼろやゴマや海苔がかかって香ばしいし、何よりプチプチのトビウオの卵の食感が美味。 



サイダーと共に辛い辛いタッパルの友です。(*´ヮ`)/ 



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
近々また、このウサギさんたちに会いに行くことになりそうです。ヾ(≧∇≦)〃♪


●「問題行動」のその理由?


韓国の方を連れての日本ツアーが人気で、また同じコースで日本に行ってくる予定ですが、韓国の方を連れて日本に行くと感じる「日韓の文化の違い」を、またけっこう長めに書いてみたいと思います。何かの参考になれば幸いです。(*´ヮ`)/


日韓の文化の違いの問題点は、基本的に日本人が韓国人の行動を見た時に、それが、「文化の違い」とはとうてい見えずに、単なる「問題行動」として見える、ということだと思います。これは実際、日本統治時代やそれ以降にも、韓国人と日本人が接する時に起こってきた、かなり根の深い「誤解」であるということを容易に推測することができます。


簡単な例でいえば、たとえば、どこかで1人1つずつサービス品が配られているような場面で、1人で2個、あるいは何個も持っていってしまうような韓国の方が存在すること。これは日本ではとうてい考えられない、ひどい迷惑行為になります。でも韓国でだったら、それは「困ること」ではあっても、決して「考えられないこと」ではないし、むしろ無理もないこととして「想定内のできごと」となります。


なぜか。韓国人は人間を家族単位で考える上に、知り合いも家族として考えてしまうために、本人の思いとしては決して「自己中心の思い」などではなく、「家族(と思っている知り合い)」の分まで持っていっている、という「愛の行為」の状況にある、ということによります。


たとえば、私たちが韓国のビュッフェに行くと、隣に立って料理をよそっている、見かけはか弱そうな韓国の女性が、何か一つの料理を山のように皿に載せているのを見て、「怪物か?!」と驚く、ということがよくありますが、あれは同席者の分を一緒に持っていっているわけです。「自分の分だけ持っていくなど考えられない」、「オンニ(お姉さん)の分を持っていくのにちょっとしか持っていかないなど考えられない」といいながらそうしてしまうわけですが、そういう韓国では、おのずと持ってきた料理が「食べ切れない」という事態も生じてしまいます。


当然、韓国でもビュッフェで食べ物を残せば「罰金」ですし、それはよくないことです。しかし、その罰金が日本のようには徹底されず、よほど目に余る量を残すのではないかぎり大目に見るのがふつうなのは、韓国には上記のような情の世界があるためなわけです。


実際、韓国では家族的な「与える情」が何よりも大事だと考えるので、「一つだけあげるのは情がない」などといって、何かをあげる時には必ず2個以上あげるのが「礼儀」ということにもなります。だから、食べ物を少しずつスプーンで分けてあげるような場面でも、わざと1回にすくう量を半分に減らして一人に対して2回あげる動作をする、というのが、より礼儀に適った行動となったりもします。



●「人間=誰かの家族」


でも私がこのようなことを書いても、実際に「1人1つずつ」という規則でサービス品を配っているのに、「そこにどんな論理をくっつけようと、それは実際『人の迷惑』になっているじゃないか」と考えられるだろうと思います。たしかに人数に合わせて個数が決められているような場合は、それは「迷惑」であり、当然、規則どおり1人1個ずつにしないといけません。


しかし、そうじゃなく、「なくなったら終わり」という感じに不特定多数に配るような場合なら、誰かが「家族(と思っている知り合い)」の分まで持っていったことで、早く品物がなくなってもらえなかった、という人が出ても、その人はその「誰か」のその行為を「迷惑」とは思わず、仕方ないことと考えます。なぜでしょう。


たとえば、こういうことがあります。地下鉄の中でつり革につかまっていると、目の前の席の人が立って、自分が座ろうとした瞬間、その横に座っていた韓国の、多くはアジュンマ(おばさん)が、「○○!ここが空いたよ、早く座りな!」と車内中に聞こえそうな声でいって、離れた所に立っていた同じアジュンマの知り合いをわざわざ呼んで座らせてしまう、ということです。もちろんこれは基本、年配の女性同士がやる特殊な行動ではありますが、いずれにせよ、日本人からみれば、とうてい考えられない「自己中心的」な行為です。


でもそのような行為に対して文句をいう韓国人を、私は一人も見たことがありません。それは「長幼の序」と共に、そのアジュンマが「オンニ」として「妹(と見ている知り合い)」のためを思っている「家族の情」が優先されるべきだ、という思いのゆえに、少なくとも「迷惑」だとまでは考えないからです。「座る優先順位」という社会の規則よりも、「家族の情」のほうが上にあるべきだという韓国の文化ゆえに、その「大声」はむしろ温かい「情」の表現として、韓国社会の許容範囲にすっぽり納まっています。


しかし、はっきりいって私たち日本人からみれば、それは、目の前の「私」という人間に対する配慮と「優しさ」をまったく欠いた、社会的に「恥ずべき行為」だということになるしかありません。当然、「あなたにとっては、その『妹』だけが尊重すべき家族で、『私』は無視していい、何の価値もない存在だというのか」という話になろうからです。


たしかに、私が前回、韓国の人は「人間=家族」と考える文化の中にいる、と書いたのは、決して韓国人が「すべての人間=自分の家族」だと考えている、という意味ではなくて、「すべての人間=誰かの家族」と考えているという意味です。より普遍的に人間は皆、「誰かの家族」であり、その中に「自分の家族」と考える人たちも内包されているわけです。


もちろん、「すべての人間=自分の家族」と感じられる人がいるなら、それは本当にすばらしいでしょうが、でもそんな博愛主義の理想は、実際の人間の「情」の世界として、むしろ偽物になってしまうだろうと思います。すなわち、韓国文化が、自分が「家族」と考える人たちを中心とした「ウリイズム」の世界である、ということは、その「情」が本物であるためにどうしても必要なことである、ということになるわけです。


いっぽう、私たち日本人のほうは、むしろ社会のタテマエ的「理想」として、その「博愛主義」のほうを目指していて、「家族の情」までは行かなくていいから、「他人」を「他人」として、その権利を守れるように配慮する「優しさ」のほうを願っています。それが前回書いた「ウリ」と「みんな」の違いだということになるわけですが、それは日韓両文化のどちらがいい、悪い、ではなくて、そもそもそれこそが日韓の文化の違いだということなのです。



●韓国人は「優し」くない


だから韓国社会には決して、私たち日本人が願っているような「優しさ」はないです。でも韓国人が、それでもかまわないと考えているのは、人間はすべて「誰かの家族」であり、その「誰かの家族」であることによって、すべての人が幸せになることもできるし、この世界は美しい世界になり得る、と考えているからです。


わりと最近の話ですが、私が混雑した地下鉄でつり革につかまって立っていると、私の前の席の隣に、センスのいい山高帽を被った銀髪の年配男性が座っていました。「紳士」と呼ぶにふさわしいような風采のそのハラボジが、私の前の席に座っていた若い女性が立った瞬間に、さっと自分の帽子を私の目の前のその空席に置いて、「ヨボ!(夫婦が情深く相手を呼ぶ言葉)」といったのです。


すると、私の後ろ、向かいの列のほうに座っていたハルモニが、席を立ってやってこられ、優しい微笑をたたえながらゆっくり私の前の席に座られるとともに、ハラボジは置いていたその山高帽を、もとどおり自分の頭に載せられました。結局、夫婦で並んで座るために、離れた所に座っていた奥さんを呼んだわけです。当然、ハルモニが座っていた席にはハルモニの前に立っていた人が座り、私はどこにも座ることはできません。


でも、私はその目の前で起こった出来事のゆえに、それから一日中、ずっと幸せな気持ちで過ごすことができました。目の前ですまし顔で何事もなかったように座っているハラボジに向かって、心の中で「さすがハラボジ!」と叫んでいましたし、私の顔は終始ニコニコ顔だっただろうと思います。その時、なぜ、私はそれを「迷惑」と感じるどころか「幸せ」と感じたのでしょうか。たぶん、もしも私がその時、このハラボジ、ハルモニの家族のような立場であったなら、私の前の席が空いた時に、迷わず後ろを振り返って、「ハルモニ、こちらの席が空きましたよ!」と誘っただろうからです。すなわち、他人であってもやっぱり私にも「家族の情」を感させてくれたからなのです。韓国人ならば皆、私のように感じただろうと思います。


たしかにその時、そのハラボジは、目の前の私に対しては、「社会的な優しさ」を欠いていたことになります。しかし、人間は「誰かの家族」であるということが最優先される状況は、実はその「社会的優しさ」よりももっと嬉しい感覚の中にある、と私は感じます。なぜなら、そのことゆえにやっぱり「ああ、『人間=家族』だなあ」と感じられるからです。何よりも、どんどん韓国も西洋化され、日本化され、「韓国らしさ」というものを失ってきている昨今、まだまだ韓国の年配者の中にはこのような情緒が残っていてくれた、と私はその時、この上ない感謝すら感じていたのでした。ヾ(≧∇≦)〃♪



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(2)

テーマ:

「監獄から世界を動かすやつら~完全犯罪区域プリズン」


先日、家族映画『パパは娘』をご紹介した際に、「3月にハン・ソッキュさんの傑作アクション『プリズン』を観て感動し、それ以降はしばらく韓国映画にハズレが続い」た、と書きましたが、今回はそちらのほうをご紹介します!(*´ヮ`)/


日本では『哭声/コクソン』(ナ・ホンジン監督)、『アシュラ』(キム・ソンス監督)、『お嬢さん/アガシ』(パク・チャヌク監督)と、しばらく、かなりどぎつい韓国映画が流行ったようですが、そういう重い犯罪問題作が多かった韓国映画界において、久しぶりによくできた充実アクション娯楽作品『プリズン(프리즌)』(ナ・ヒョン監督)ですね!もちろん記号的な意味での残酷シーンはありますが、それはお決まりごととして充分脳内変換に堪えますし、とっても面白く、感動して考えさせられもするし、スカッとできます。そして何よりお勧めなのは、ハン・ソッキュさんとキム・レウォンさんのカリスマ演技を、観客の期待に応える形で最大限引き出してくれていることです!二人ともカッコいいですよ。わーい!♪ヽ(´▽`)/


まず、とても完成度が高い脚本でアイディアが輝いていると思いました。犯罪モノというと犯人が逮捕されて終わるわけですが、最も大きな悪の親玉が実は刑務所の中にいて、その中から自由に世界を牛耳っている、という突拍子もないけれど、でも充分に「この手があったのか」という説得力がある設定ですよね。一人ひとりの人物像の描きこみは多少弱い感もなきにしもあらずですが、メインの状況的面白さで流れを優先したのだと思います。


カタルシスに向けて盛り上がるクライマックスも、かなりありがちな展開ではあるのですが、その分、ラストの意外さはけっこうを心に残るものを与えてくれて、単なるアクションですっきりして終わる、というのではなかったことがよかったと思います。


それにしても、ハン・ソッキュさんもキム・レウォンさんも変わらない演技が嬉しいです。ハン・ソッキュさんというと、やはり1998年の『シュリ(쉬리)』であり、2011年のドラマ『根が深い木(뿌리깊은 나무)』の世宗大王役が個人的に最高ですが、キム・レウォンさんというと、私の中では2005年の映画『ミスター・ソクラテス(미스터 소크라테스)』が代表作なんですよね。ヤクザ組織によって無理やり勉強させられ、警察試験に合格してヤクザのスパイとして警察内部に送り込まれる、というチンピラ役を演じているのですが、まさに今回の元刑事「ユゴン」とちょうど正反対の設定だったのではないでしょうか!面白~い!ヾ(≧∇≦)〃♪



【あらすじ】 痕跡も証拠も無い!牢屋で始まる完全犯罪

夜になると囚人らが外に出て、韓国の完全犯罪を作る教導所。その教導所の権力者であり、王として君臨するイッコ(ハン・ソッキュ)。 そこに検挙率100%で有名な前職警察官のユゴン(キム・レウォン)が、ひき逃げ、証拠隠滅、警察収賄の罪名で入所し、特有の負けん気と短気な性格でイッコの目に留まる。


イッコは、ユゴンを新しい犯罪に巻き込もうと、徐々に野心を見せ始めるが…。



















映画『プリズン(프리즌)』(ナ・ヒョン監督)予告編。

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆
韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。