韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国・韓国語の見つめ方を伝授します。

ソウルでの滞在に、メッチャ便利!! お勧め!チョ・ソンミンさんの明洞ゲストハウスにしばらく空き部屋があります!ロッテ百貨店の向かい側、空港リムジンバスのバス停から歩いて1分ですよ!飛行機電車走る人プレゼントメガネ

アンニョンハセヨ!「サランヘヨ・ハングンマル!」は韓国直送のフリーの韓国語講座!日本を元気にするために韓国の情報をお伝えしています。韓国について知りたい皆さんのお役に立ちますよ!(*´▽`)

NEW !
テーマ:
今さっき息子が買って帰ってきた「クール・プルダクポックムミョン」です!ヾ(≧∇≦)〃♪ 



韓国は突如朝晩が涼しくなってきて、夏の暑さが今や過ぎ去ろうとしています。ということで、「我が家の好物」“夏の麺食”シリーズの第6弾はこちら!夏の後姿を惜しむように、予備校から帰ってきた息子が買ってきた、夏限定版の「クール・プルダクポックムミョン」です!♪ヽ(´▽`)/


ご存知「プルダクポックムミョン(불닭볶음면=火鶏炒め麺)」は、YouTubeなどに外国人の挑戦映像が大量に上がっている、韓国で一番辛いインスタント焼きそばですよね。でも韓国人にはふつうに辛いおやつです。実際、息子もそれが好きで、よく夜食としても食べていたのですが、そちらはフライパンで炒めて作るものであるため、暑い夏にはあまり食べる気が起きないわけですよね。ということで、そのビビンミョン版としてできたのがこちらなわけなのでした。(*´▽`)


だから簡単にいえば、メチャクチャ辛いビビンミョンであるということになります。でもこれが美味しかったです。麺が細くてコシがある感じで、実に私好みでした。まあ、確かに辛いのは辛いですが、食べなれているので、辛い以上に刺激的で美味しいです。これが夏限定というのは残念かもしれませんね。


ということで、いちおう「クール」ということを強調しているため、氷を二つずつ入れて食べましたが、気温自体は実際にはもうクールにする必要があまりなくなっていますねえ。夏の友達よ、また来年までアンニョンかな?!ヾ(≧∇≦)〃♪



赤と黒の「プルダクポックムミョン」とは完全に違うデザイン。左下に「限定版」とあります。
「冷たく混ぜて食べる」とあって、さらに麺が10%増やしてあるそうです。 



炒めずにそのまま冷たい水で麺を洗ってソースを掛けるだけ。 



はっきりいって上に掛けるものはオリジナル「プルダクポックムミョン(火鶏炒め麺)」と同じです。 



茹でた麺を洗って冷やして。 



ソースをかけて。 



よく混ぜてから薬味をかけて完成。 



しかしそこに私はネギとチャバン海苔を掛けました。 



氷も載せて、冷たくしていただきます。 



とっても辛いけどやっぱり美味しかった。私も息子もペロッといってしまいました。♪ヽ(´▽`)/ 



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今、話題!地下鉄1号線ソウル駅の隣の南営駅の近くにある「熱情島」の「夜市場」です! 



日本の夏祭りとか盆踊りが恋しくなる季節ですが、韓国ソウルにも実は第2週の土曜の夜だけ縁日感覚が楽しめる場所があります。ということで、8/13土曜の夜に初めて行ってみました!♪ヽ(´▽`)/


フードトラックがひしめき合い、挑戦的な新進の店の立ち並ぶ若者の情熱の通り、ソウルの南営洞に位置する「熱情島」(→フェイスブック )です。「島」とはいっても海などはない、陸の孤島を意味しており、「若さの上に浮かぶ島」などといわれています。


私の思い出の街である淑大前のすぐ隣であり、下宿時代の思い出もある通りです。ソウルの中心として周りは高層マンションが立ち並んでいる中、ここは長い間、印刷所が集まる「印刷工団」となっていたため、開発が遅れながら、少し前に坡州のほうに「出版団地」がつくられたということで、一気にほとんどがそちらに動いてしまって、一種のゴーストタウンのように、古い町並みのまま残されていました。どれくらい古いかというと、日本植民地時代の日本家屋が、そのまま空き家のようになって残っているくらいです。


そのように高層ビルの谷間にぽっかりあいた都心の噴火口のように放置されていたゴーストタウンに、2014年12月、20代の青年たちが集まって、いくつかの店を同時にオープン。ここを韓国語で情熱を意味する「熱情」の島「熱情島」と名づけ、それぞれの情熱を披露するようになったわけです。それまでは、夜には幽霊しか歩いていないようだった暗闇の中に、若いエネルギーが燃え上がり、明るい活気が周囲を照らすようになりました。(*´▽`)


すべての店は、月曜から土曜日の17:00~24:00の営業で、日曜日は休業となっています。さらに3月から10月までは、そこで毎月第2週の土曜日の午後17:00~22:00に「夜市場」が開かれ、フードトラックが集まり、手工芸品が販売され、バンド演奏、似顔絵描きも行われます。


実際、外国人もたくさん見かけましたが、韓国の若者の息吹を感じられるスポットとして観光されるのもいいですよね!楽しいですよ!ヾ(≧∇≦)〃♪


高層マンションを背にして路地に入るといきなりたこ焼きのフードトラックが。 



お祭りみたいですねえ。♪ヽ(´▽`)/ 


バンド演奏の公演が。 


ノリがよかったです。 


日本式ラーメンの屋台! 


こういうフードトラックが韓国にも多くあるのを知りませんでした。 


中華料理のトラック。 


カフェバー。 


このステーキ1皿9000ウォンというのが食べたかったけど、列があまりに長くて断念。^^; 


氷水とかアイスクリームとか。 


ソフトクリームとか。 


これは果物をその場で搾ってジュースにしてくれる出店。待ち時間も短かったので飲むことに。 


オレンジとグレープフルーツのミックスで1杯3500ウォンでした。 


美味しかった。 


チュクミ(小ダコ)料理のお店。 


炭焼き焼肉のお店。 


伝統茶なども出るカフェ。 


ビアガーデン。 


まだ移動していない印刷工場が残っています。 


こういうのはおそらく植民地時代からの家屋ですよね。 


夕闇が迫ります。 


雰囲気があります。 


本格的コーヒーショップのようです。 


このあたりですから、おそらく米軍基地関連の方ではないかと思います。 


「チキン革命」だって。 


手作りのいろいろなものを売っています。 


ということで「熱情島」、楽しかったです。ヾ(≧∇≦)〃♪ 



【行き方】 地下鉄1号線のソウル駅の隣、南営(남영)駅1番出口から歩いてすぐ。高層マンションの間にあります。住所:서울시 용산구 백범로87길 55가



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
お手軽価格のフライパン定食を出すお店「タルペン」。「ペン」というのはフライパンのことです。 



今日は地方開催のシンポジウムに来ていて一日中、講義や話をしていました。今ホテルの部屋でくつろいでいます。(*´▽`)/


といいつつ、その話題ではないのですが、若き日の思い出の街を紹介する「楽しい淑大ライフ」シリーズ、今回は学生街にふさわしく、とても安くカルビやハンバーグのフライパン定食が食べられる「タルペン」です。「走れフライパン(달려라 팬)」の略で「タルペン」といいます。丸いお盆にすべて載っていて、カルビ焼き定食のふつう味と辛い味、ハンバーグ定食のふつう味と辛い味が全部、4900ウォンという安さです。他にスパゲティもあります。


さらにありがたいのが、同じ値段でそれをお弁当としてテイクアウトすることができるんですよね。これはけっこうな豪華なお弁当になるので、私も何回か利用したことがあります。私のお勧めは辛い味のカルビ定食です。(*´▽`)


下宿をしていた昔から、学生街としてのこういう手軽なお店によくお世話になったもので、ここはそういう思い出をくすぐる店です。その当時はここはチキン屋さんだったはずなんですけどね。ヾ(≧∇≦)〃♪


お弁当としてテイクアウトできるというのがまたありがたいですよね。 


炭火の味がするカルビがとても美味しいですよ。ヾ(≧∇≦)〃♪ 



こちらは友人が頼んだハンバーグ定食です。これも美味しそうですよね。(^-^*) 


【行き方】 地下鉄4号線淑大入口駅から淑大のほうに向かって路地を右に曲がります。



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「汽車の隣の座席に偶然座った二人」――結局、映画が描いているのは「その日の雰囲気」です。^^;


大学時代、飛行機によく乗りましたし、韓国に来たのでさらによく乗るようになりましたが、そうなってみると、邦画でも洋画でも、飛行機の中で事件が起こるという映画がやたらと興味深くなったのを覚えています。


日常とは若干違う雰囲気が、何かが起こりそうな期待感となっているところに、実際にそこで何かが起こる、その流れが一種のリアルな興奮になるのだろうと思います。♪ヽ(´▽`)/


そういう意味で、韓国で月に何回も乗っている高速鉄道KTXも、意外と同じような効果をもたらすのだなあと思った映画が、今年の初めに観たこの『その日の雰囲気(그날의 분위기)』(チョ・ギュジャン監督、1/14公開)でした。(*´▽`)


映画のストーリー自体は特に私の好きなジャンルではなかったので、ここに紹介する気もなかったのですが、でもここにきて、やっぱりKTXの中という状況で重要な事件が展開するという設定が、どうしてももう一度見たくなるような効果をもたらしていることに気づいたのでした。


それは、前回観た『釜山行き(부산행)』(ヨン・サンホ監督)が大きかったです。やはりKTXの中というシチュエーションが、まったく同じような効果をもたらしているということに気づき、これが一種の“韓国KTX映画”の系譜として、これからも続けて出てくるならば、これまでの飛行機映画と同じように私の好物となってしまいそうだ、と感じてしまったものです。(^ヮ^;)


さてくだんの『その日の雰囲気(그날의 분위기)』自体は、まず、個人的にムン・チェウォンさんがきれいで驚きました。でも相手のユ・ヨンソクさんは、このあいだの『解語花(해어화)』(パク・フンシク監督、4/13公開)の、女性を振り回す優男役に続いて、問題の多い軟派男を演じています。


多くの女性の方々は、「キャラクターとして別にいい男性ではないか」と思われるかもしれませんが、そのように見えることも含めて、実に完璧な恋愛手法を駆使する軟派男だなあと感心したものです。


「あの…、今日できればあなたと寝ようと思うんですけど」


隣に座った初対面の女性に、最初に放ったこの言葉は明らかにセクハラの水準です。つまりこれは誘惑の言葉ではなく、この言葉を真面目な顔でいって当惑させ、徹底して拒否させた後に次の言葉を受け入れさせる手法なわけです。


「それなら、昼ごはんを一緒に食べることにしましょう」


何かすっかりハードルが低くなったように感じて、いつの間にか受け入れてしまいます。


その後も、最初に思い切り女好きのチャラ男のように振舞っていたことが、その後で、たとえば、「葬式の席では故人のためにしっかりご飯を食べるべきだ」という、まともなポリシーを語ったり、雨に降られれば上着をかけてあげたり、山道を歩き疲れたところで靴を脱がせて足の指圧をしてあげたり…。そのすべての行動が、最初の極端な軽いイメージとのギャップとなって、実際以上に真摯なものとして映り、存在しなかったはずの魅力的な男性を浮かび上がらせてしまうわけです。


しかも、そこに加えてKTXの客室という、胸躍る旅のシチュエーションが加わって、「その日の雰囲気」が完璧にマッチしてしまったわけですよね。(^^;)


ということで、別に内容はふつうのロマンチックコメディということで、それなりに楽しくは観たし、お勧めもするのですが、それ以上にKTXの客室という場所の使われ方が絶妙なので、『釜山行き』と併せて、これから韓国の“KTX映画”が新たな一つのジャンルとなってもいいなあと思ったものです。ヾ(≧∇≦)〃♪



【あらすじ】 釜山行きKTXの中で偶然隣同士に座ったスジョンとジェヒョン。自然に目が向いてしまう魅力的なスジョンに、ジェヒョンが話しかける一言――。


「あの…、今日できればあなたと寝ようと思うんですけど」


自由恋愛、オープンマインド!アタックすれば成功率100%を誇る猛攻男ジェヒョンの猛烈な攻撃に、スジョンはだんだん巻き込まれて行くが…。


「私、そんな女じゃありませんよ!」


10年の一途な恋愛に生きている鉄壁女スジョンは、当惑しながらもジェヒョンの誘惑に鉄壁の防御で立ち向かう。


猛攻男VS鉄壁女! 2人の危ういロマンスのかけひき、果たして勝者は?













映画『その日の雰囲気(그날의 분위기)』(チョ・ギュジャン監督、1/14公開)予告編。

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆
韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
近くの寿司ビュッフェ「スサ」。家族連れでごったがえしていて少し入るのに待たされましたね。 



「家族で外食シリーズ」、第4弾は家族みんなでの食事ですね。今日は家からそれほど遠くない所にある寿司&日本料理ビュッフェ「スサ(SOOSA、수사)」です。だいぶ前に明洞店を紹介したことがあったかと思います。ちなみにこの店名ですけど、「スサ」って何?と思うじゃないですか。「スシ」という日本語はハングルで書くと、「스시」なのですが、なぜ「수」を使って「スサ」なのか。それは「寿司」という漢字を韓国語で読んだものなのですね。いわばスシの異名ですね。(*´▽`)


ということで、今日の場合は、浪人中の息子があと3ヵ月を無事に頑張れるように、という感じで景気づけに皆で行きましたが、やはりこういうビュッフェを喜ぶのは子供たちですよね。私は最近では韓食ビュッフェのほうが好きですなんですけどね。でも、料理の内容は、韓国的に決して悪くなかったと思いますよ。お値段のほうも、週末なので19,900ウォンでしたが、平日ランチだったらこれが12,900ウォンですからね。かなりお手軽です。♪ヽ(´▽`)/


ということで、寿司ビュッフェなのですが、「博多明太子マヨネーズご飯」などという不思議なメニューもあったし、さらにカウンターで注文して作ってもらう料理としては、クリームソースのハンバーグステーキや、日本の冷やしラーメン、そして「スタミナうなぎ弁当」などというものもありました。珍しくてよかったです。韓国の寿司ビュッフェ、競争も激しいし、どこも頑張ってますよね。ヾ(≧∇≦)〃♪



たいていの学校が夏休み最後の日として、今日はどこも子供連れでにぎわっています。 



こんな感じに。 



いちおうお寿司がメインです。わさびもちゃんと本物のすりわさびでしたよ。♪ヽ(´▽`)/ 



カリフォルニアロールも寿司として並んでしまっているのは韓国ならでは。 


 

こちらは揚げ物のコーナー。 



一番向こうには海苔とご飯で作ったピザという変わったメニューも。 



サラダ。 



バラエティが日本人の寿司概念をはみ出している以外はわりと美味しかったです。 



わさびの利いたナクチの軍艦巻き。 



揚げ物類。 



サラダ類。 



これが「博多明太子マヨネーズご飯」を作るコーナー。 



この汁が美味しかったです。 



あと、このタコのお粥が絶品でした。 



左からクリームソースのハンバーグステーキと、日本の冷やしラーメン、そして「スタミナうなぎ弁当」。 



息子が注文した「スタミナうなぎ弁当」なるものを皆でつついています。(^ヮ^;) 



このクリームソースのハンバーグステーキもなかなかいけました。 



韓国的には珍しいメニューですからね。 



果物類。 


ドリンク類。 


デザート類。 


チョコムースが美味しかった。 


コーヒーもいけました。 


ということで励まされている息子です。ファイティン!♪ヽ(´▽`)/ 



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。