韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国・韓国語の見つめ方を伝授します。

ソウルでの滞在に、メッチャ便利!! お勧め!チョ・ソンミンさんの明洞ゲストハウスにしばらく空き部屋があります!ロッテ百貨店の向かい側、空港リムジンバスのバス停から歩いて1分ですよ!飛行機電車走る人プレゼントメガネ

アンニョンハセヨ!「サランヘヨ・ハングンマル!」は韓国直送のフリーの韓国語講座!日本を元気にするために韓国の情報をお伝えしています。韓国について知りたい皆さんのお役に立ちますよ!(*´▽`)

NEW !
テーマ:
天然記念物であり、「世界三大天然橋」にも選ばれている「雄橋(おんばし)」です。(*´▽`)/


明日はいよいよ最終日でソウルに戻ることになります。今回のツアーのうち、観光のパートで、お連れした韓国の方々が最も感動していたのが、実は広島県庄原市にある国定公園「帝釈峡」であり、そこの目玉ともいえる天然記念物「雄橋(おんばし)」とその周辺の自然でした。「世界三大天然橋」にも選ばれる橋なわけですが、そこに至る初冬の森歩きがまた最高だったわけです。♪ヽ(´▽`)/


もちろん韓国にも同じような山はあり、だからこそ似て非なる美しさがその魅力となるわけですよね。そのよさをよく知っていて、その上で韓国とは一味違う日本の山の味わいを感じるために、その感動が真実のものたり得るのだと思います。皆、完全に癒されながら、多くが「これまで何度も日本観光に来ていたけれど、こんなよい観光は初めてだ」とおっしゃっていました。


繰り返しますが、韓国にも豊かな森の中を歩くような森林浴はあります。しかし、何より日本のそれはその「しっとりさ」が違います。こんなに多様で豊かなコケ類は、その湿度の違いゆえにか、韓国ではとても見ることができません。


木々や草の枝から下がる「サルオガセ」にような着生コケ類は、たしかに韓国にもあり、韓方医学の薬になったりもしていますが、生い茂り方が韓国とは違うというわけです。私は「こんなのが見られることも、Jホラー映画が怖くなる理由にもなっているかもしれないなあ」と思って、思わず「水木しげるワールド」を連想してしまいました。(*´ヮ`)/


日本を知識として知るセミナーも大事ですが、しかし、本当に日本文化を知り、日本人を知ろうと思えば、人と交流することと合わせて、日本の自然風土を体験し、それを「感じる」ということが必要になりますよね。それらは皆、決して切り離せないものであることを、今回また改めて感じた次第ですね。ヾ(≧∇≦)〃♪



雄橋に行く散策道入口。


韓国人を皆悩ませる、あちこちにある「中国」という文字。(^^;)


紅葉真っ最中でした。


鍾乳洞入口。


秋の色彩の海に包まれます。


豊かな日本の秋です。


思わず今来た道を振り返ります。


鬼の供養塔。「鬼に金棒」ですね。


「唐門」といいます。


水の色が深いです。


石灰を削ってその下を川が流れます。


絵を描きたくなります。芸術の秋です。


とうとう着きました。「雄橋」です。


逆から見たところ。


こういうことですよ。


来た道を帰ります。


出口が近づいて明るくなります。


これが「サルオガセ」。


まさにJホラーですね。(^^;)



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お肉がいっぱい詰まったアツアツのコギ・マンドゥです! 



今もまだ、日本の中国地方の観光の最中ですが、昨日から急激に冷え込んで、ますます、韓国の熱いチゲ料理なんかが恋しくなっていますね。ということであまり日本の話題を続けて書いてもと思い、今日は少し前の我が家の朝ご飯の写真をまたご紹介してみます。正直、今一番食べたいものの一つですね。♪ヽ(´▽`)/


すなわち、ソウルが寒くなってから、何より美味しくて朝の出発にぴったりになった種類が、こんな、よく煮込んだキムチのキムチチゲにコギマンドゥ&キムチマンドゥを入れたものなどですよね。トク(お餅)も入っているので、これは「トンマンドゥグク(お餅マンドゥ汁)」といいます。


この時、妻としては、実はもうキムジャンの直前だったので、残ったキムチを処分するための料理だったんですよね。だから使われているキムチも、最後に残った芯に近い部分であり、本来は硬いので本当によく煮込んで柔らかくしてあります。いずれにせよ、体が温かくなるし、美味しかったです!


ご存知韓国の「マンドゥ」は日本の餃子とほぼ同じものですが、たいていは丸い形。漢字では「饅頭」と書いて、本当は日本の「饅頭」も、アンコではなくて肉や野菜が入ったものだったわけです。それを伝えた中国の林淨因さんが、「仏教のお坊さんが食べられるように」と、肉の代わりに小豆餡を入れたのが日本の饅頭となったわけです。そのあたりの話は奈良の、林淨因さんを祀った「林神社」に伝わっていますよね。


さらにいうと、なぜこれが「饅頭」という字を書いたかというと、中国の三国時代に諸葛孔明が、自分が治めた地域で、川の氾濫を鎮めるために人間の頭を捧げるという風習を行っているのを知って、「そんな野蛮なことをするな」として、人の頭に見立てたものを捧げさせたのが、この料理になったわけですね。人間の皮を小麦粉の皮で代替し、中の肉を動物の肉で代替したわけですが、その話はちょっと食べる時には思い出したくない話です。(^^;)


ということで、この冷凍食品の白いコギマンドゥはお肉が詰まっていて、赤いキムチマンドゥはそこにさらにキムチが詰まっています。中のキムチの味が食欲をそそる上に、これは朝の出発にふさわしい栄養満点の“完全食”というやつかもしれませんね。まあ、我が妻自身がマンドゥが好物であるということもあるんですけどね。ヾ(≧∇≦)〃♪



お餅を入れて美味しいトンマンドゥグクのできあがり! 



スライスされているのがお餅です。 



白いのがコギマンドゥ。 



赤いキムチマンドゥにはキムチも入っています。 



トクというのはカレトクといってうるち米の餅ですね。 



キムチの酸味がちょうどいい美味しさでした。ヾ(≧∇≦)〃♪ 



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
外国人が最も訪れる人気ナンバーワンの観光地とされる宮島・厳島神社です。



引き続き韓国の有識者の方々と共にセミナーと観光の日程をこなしていますが、日本語を学んでいらっしゃる方も多いため、行く先々で自ら出会う日本人に話しかけ、あるいは私を練習台として日本語を使ってこられます。♪ヽ(´▽`)/


博多のポートタワーで見学の子供たちの一群と出会っては、「カッコー(学校)はどこですか?」と尋ねて通じなかったと報告してこられるのですが、私がいう前に別の方が横で「それは姿格好を聞いていることになるんだ」と突っ込んだりしています。また子供と記念写真を一緒に撮ろうと頼んだら、「引率の先生から『ショーゾーケンがありますから』といわれました」と驚いている人もいました。韓国ではまだそういうことは気にしないですからね。(^^;)


でもそういう「肖像権」のような難しい言葉をよくご存じなわけですよね。日常会話はあまりできなくても、学者の方々なのでむしろ難しい言葉のほうをよくご存じで、帝釈峡の雄橋の近くの「鬼供養塔」という棒状の岩の前で、「鬼にカナボーですね」と、私も思いつかなかった冗談をさらっといったり、太宰府天満宮に行けば「触らぬ神にたたりなし」ですねといってきたり、小さいものを見ては「それはスズメの涙ですね」といってきたりする楽しい観光です。(*´▽`)


ところで、私たちが日本にいる間に韓国の浦項で大きな地震があったということで、その時はちょうど宮島の観光中だったのですが、マグニチュード5.5で韓国のメルカリ震度では「6」だということを聞いたので、「日本だと震度4くらいですね。たしかに大きな地震ですが、たぶん通常生活にはすぐ戻れますから心配しないでください」と解説しました。ところがその後、韓国にいる知り合いたちの話を聞いたら、被害がとても大きくて、多くの人々がいまだに避難生活も送っているということで、被災民に対する募金活動まで始まっているんですね。


私は日本にいたこともあってか、つい日本の感覚で想像して話してしまったわけですが、地震がほとんど来ることがない韓国が震度4に出会うということがどういうことかを考えていませんでした。いわゆる「耐震」ということがほぼ必要なかった地域での「想定外の地震」ほど怖いものはないということですよね。すみません。被害にあわれた韓国南部の方々に心からお見舞いを申し上げたいと思います。(´ぅ_ ;`)



高速道路を移動しながらも、紅葉の残る日本の山と家並みが美しい最高の旅行です。


これは帝釈峡ですが、この迫力をご覧ください。


まさにいろとりどりの日本の秋です。


引き潮で残念ですが、海の神様を祀る大鳥居。


日本の文化を見学・体験します。


子供たちのスケッチが展示されていて皆、目を細めて眺めていました。



神社を抜けると美しい街並み。


遠くで五重塔が呼んでいます。


これですね。


千畳閣も紅葉の色衣をまとっています。



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
我が妻が作ってくれた「チャンジョリム」!キンパプの残り物を炒めて一緒に食べました。



日本の美味しいものをいただきながらも、時間が経てばやはり韓国の我が家の家庭料理が恋しくなるのはどうしようもないですね。それで少し前に撮った、私の大好物のおかず、妻の「チャンジョリム(장조림、醤油煮)」の写真をご紹介します。これもまだ秋の頃に食べたがゆえに「食欲の秋」シリーズですね!ヾ(≧∇≦)〃♪


これはたしか去年の今頃も、秋の食欲の友としてご紹介したかと思いますが、ずっと。それこそ私が韓国に住み始めて以来の好物なんですよね。今回のものは妻が得意な「牛肉うずら卵チャンジョリム(쇠고기메추리알장조림)」ですが、作っている妻の姿を見かけて思わず嬉しくて写真を撮ってしまったものです。(^ヮ^;)


25年も前の韓国に住み始めた昔、下宿のおばさんが出してくれるおかずの中で一番の好物だった、いわば思い出の料理ですが、一般家庭の「ミッパンチャン(作り置きのおかず)」料理であり、韓国の醤油で煮込んだがゆえに、「チャン(醤)」+「ジョリム(煮物)」といいます。醤油がよく染みて日持ちがするため、冷蔵庫にしまっておいては食事のたびに出ししながら、しばらくの間、ご飯の友となります。


今回も、台所でうずらのゆで卵を発見し、居間で妻がテレビを見ながら牛肉の塊を手で裂いているのを確認してから、一人「ムフフフッ」と喜んだというものです。(*´ヮ`)/


作り方は、牛肉を水に浸して充分に血抜きを行った後で、茹でる時には、玉ねぎ、大根、にんにく、ネギ、コショウ、お酒などを入れて柔らかくなるまでよく煮込みます。その後、中身の野菜はすべて捨てて、汁を後から煮汁として使いますが、肉は取り出して冷ましたものを、妻がテレビの前に座って、筋の流れに従って5~6センチの塊に切ります。


うずらのゆで卵と、青陽唐辛子の炒め物を別に作り、それらと共に、肉の煮汁適量と、裂いた肉、韓国のチンカンジャン(陳艮醬)大さじ4、ククカンジャン(つゆ醤油)大さじ2、砂糖大さじ2、ニンニク10個を入れて火に掛け、煮立ったら蓋をして弱火で10分ほど煮込んで出来上がりです。うちの妻はそこにプラスして自家製の梅のエキスと、「料理エッセンスヨンドゥ」という大豆を発酵させた調味料を入れていました。


できたものは、我が家ではいくつかのパックに分けてキムチ冷蔵庫に保存し、おかずとして少しずつ食べますが、特に私は朝ご飯のメインのおかずですよね。美味しくて、ご飯がどんどん進みます!♪ヽ(´▽`)/



私が台所で発見した煮込んだ牛肉の塊。



それを取り出した後の煮汁。



そして青陽唐辛子の炒めたもの。



最後にゆでたうずらの卵です。



妻がテレビを見ながら始めた肉裂きの儀式です!♪ヽ(´▽`)/



ということで、翌朝の私の朝ご飯。キンパプの残りが冷蔵庫にあったので、それも一緒に。



味が染みたうずらの卵。



辛い唐辛子と一緒にお肉を食べるのが美味しいです。



ご飯が進みますよ。ヾ(≧∇≦)〃♪



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
紅葉燃え上がる山口に岩国城遺跡公園ですね。♪ヽ(´▽`)/



韓国の有識者の方々をお連れして、セミナーの合間に、今日は岩国の吉香公園で岩国城遺跡を見たり、岩国藩主吉川家の住居を見たりしました。紅葉の時期は終わりであるはずなのですが、それでもそこここの燃えるような紅葉が美しかったです!≧∇≦)〃♪


特に韓国の方はふだんから木にとても関心が高く、たとえば瀬戸内海沿岸を走れば、車窓の外の立派な竹林に関心が集まるし、どこでも日本の立派な木の話題になることが多いのですが、今回は立派な紅葉に皆、胸を打たれていたようです。


その後は広島の平和公園を案内しましたが、そこではかわいい日本の子供たちの姿に皆心動かされるとともに、26000人以上の韓国人犠牲者の名簿が保管された「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」の前で皆で黙祷も捧げました。


故郷を思って亡くなった方々の霊魂が無事帰還できるように、碑は韓国の方角を向き、海を渡っていけるように大きな亀の像がその碑を背に乗せており、その上には空から飛んでいくための龍の姿が描かれています。


空気は冷たいですが、とてもすがすがしく晴れ渡った空の下、セミナーと意味のある観光を通して、何度も日本観光をされている方々なのですが、口々に「今回の日本旅行が過去最高だ」といってくれましたね。♪ヽ(´▽`)/



錦帯橋から見下ろす錦川の景色。



立派な枝ぶりです。



岩国藩主吉川家の住居跡の一部ですね。



紅葉の盛りはもう過ぎていると思うのですが。



美しい公園の一部となっています。



これは十月桜とか、冬桜、寒桜とかいわれるものですよね。北海道出身の私は初めて見ました。



ここを見て、韓国の方は皆、「ヨモギだ!ヨモギ餅にしないと」といいますよね。(^ヮ^;)



広島の原爆記念館です。かわいい子供たちが大勢います。



「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」。この下は亀の形の像に乗っています。



平和公園も紅葉です。



皆、人の生のはかなさを感じたといっていました。(´ぅ_ ;`)



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。