韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国・韓国語の見つめ方を伝授します。

ソウルでの滞在に、メッチャ便利!! お勧め!チョ・ソンミンさんの明洞ゲストハウスにしばらく空き部屋があります!ロッテ百貨店の向かい側、空港リムジンバスのバス停から歩いて1分ですよ!飛行機電車走る人プレゼントメガネ

アンニョンハセヨ!「サランヘヨ・ハングンマル!」は韓国直送のフリーの韓国語講座!日本を元気にするために韓国の情報をお伝えしています。韓国について知りたい皆さんのお役に立ちますよ!(*´▽`)

NEW !
テーマ:
細い麺の美味しいネンミョン!金浦空港のロッテモール内「韓食ソダムギル」にある「咸興麺家」で。 



日本に住んでいる韓国人の友人がしばらく帰省して、また日本に戻る直前に会おうということで、金浦空港まで行ってきました。♪ヽ(´▽`)/


金浦空港で人と会う時に私がいつも利用するのが、この国際線ターミナルの地下1階につながるロッテモール内の「韓食ソダムギル(한식 소담길=笑談道)」ですが、今日はそこの奥から2番目のお店「咸興麺家」で「刺身冷麺(フェネンミョン)」(9000ウォン)をいただきました。友人が機内食も食べることになるからと、軽いものを求めたからですけどね。


ほんとにこの「国内初の韓国料理専門フードテーマパーク」と謳われている「ソダムギル」の食堂はハズレがないので嬉しいです。1960~70年代の路地裏を再現したということになっているので、途中の露店コーナーなど目も楽しませてくれますし、観光客にはぴったりだと思いますよね。(*´▽`)


「咸興麺家」のメニューは、まったく辛くない「ムル・ネンミョン)」(8000ウォン)、辛い「ビビン・ネンミョン」(8000ウォン)、それに「ホンオ(紅魚=エイ)」のお刺身が入った「刺身(フェ)・ネンミョン」(9000ウォン)、最後に二人分の「チェンバン(お盆)ネンミョン」(18000ウォン)となっています。先払いで注文し、番号札をもらって席で料理が運ばれてくるのを待つというシステムになります。


「ホンオ(エイ)」のお刺身は、お刺身とはいってもふつうの魚とはちょっと違って歯応えもあり、ヤンニョムが染み込んでいて、とっても美味しいです。ただ、これではないですが、気をつけるのは全羅道の名物である発酵させた「ホンオ」のほうですね。そちらはアンモニアの臭いが強くて私たちにはとうてい食べられません。でもまったく発酵していない「ホンオ」は美味しいので、ぜひ一度試してみてください。ヾ(≧∇≦)〃♪



「韓食ソダムギル」の入口にある「プルコギ名家」。 



「ソダムギル」の地図。 



すぐにあるのは「皇帝ホットク」というホットク屋さんです。 



こんな感じにホットク等が並んでいます。 



韓国家庭の名節料理であるジョン、雨の日に食べるヘムルパ(海産物ネギ)ジョン、キムチジョンなど。 



最後の店は全州ビビンパプのお店です。 



そのお店に行く一つ前がこの「咸興麺家」。咸興(ハムン)ネンミョンの店です。 



「刺身(フェ)・ネンミョン」(9000ウォン)。左上の赤いのがエイのお刺身ですよ。 



甘辛くて美味しいですよ。私は好物です!♪ヽ(´▽`)/ 



【行き方】 ロッテモールは金浦空港駅と金浦空港国際線の間に入口があり、その中の奥に「韓食ソダムギル」があります。
住所:서울특별시 강서구 하늘길 38, 롯데몰 김포스카이파크 B1F
電話:02-6116-5400
営業時間10:50~22:00(ラストオーダー21:20)
休業日:年中無休




☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハラボジ・ハルモニを中心としてまたまた親族が集まりました。今日はハルモニのお誕生日です。 



●韓国の誕生日の祝い方は?


ついこの間、秋夕連休で親族が集まったばかりでしたが、昨日はまた我が義母であるハルモニの「生辰」(お誕生日)で親族が集まりました。ヾ(≧∇≦)〃♪


ちなみに、誕生日の韓国語は3種類あり、ただの誕生日は「生日(センイル)」といい、尊ぶべき目上の人の誕生日は「生辰(センシン)」といい、王や聖人の誕生日は「誕辰(タンシン)」といいます。


誕生日の祝い方としては、韓国では伝統的に、誕生日を迎えた人が、朝に自分の家で宴を開いて、周囲の人を呼んでご馳走を振舞うというものであり、贈り物をもらったり、祝ってもらう日というよりは、ご馳走してあげる日という感じになります。もちろん、今は若い人を中心に西洋式になりつつありますが、昔ながらの伝統で本人が料理をふるまうということはけっこうよく行われますよね。


この日もハルモニの「生辰」ではありますが、誰も贈り物を持ってきてはおらず、お祝いの言葉を申し上げて料理を美味しく食べるという感じでしたよね。ハルモニにとってはそれが何より嬉しいのか、一人ひとりに驚きながら「よく来た、よく来た」と嬉しそうにおっしゃっていました。お宅での挨拶が終わったところで、食堂に移動しました。



●体にいいアヒル肉を腹一杯


今回、お祝いを行った場所は、ソウル中浪区面牧洞の四佳亭駅の近く、美味しいアヒル肉のお店「身土不二(신토불이)」。アヒル肉コースをいただきました。


私は、「これも秋夕と同じメニューじゃないか」と思って、妻に「肉なら牛のほうがいいのに」とこっそりいったら、「ハラボジ、ハルモニのためを考えて、体にいい漢方のアヒル肉にしたのよ」といわれてしまいました。そのとおりでした、すみません。(´ぅ_ ;`)


店の名前「身土不二」も、土地のものを食べるのが体にいいんだという意味ですが、この店のアヒル肉はすべて「天寿アヒル」と名づけられ、健康によい漢方の薬用植物「三白草」(日本ではたぶんハンゲショウ)を飼料に混ぜて育てた健康機能性アヒルなのだそうです。


いただいた「錦上添花」コースは、4人で69,000ウォンですが、親族会の会費で払われます。ロース、燻製、ヤンニョムの3種類のアヒル焼肉が楽しめ、冷麺、アヒル粥、パッピンスまでついてきました。肉を食べ終わった時点でお腹を完全に満たしていたのに、その後の追加メニューで満腹をさらにオーバーしてしまいましたね。(T▽T)



ここが「身土不二」ですが。 



メチャクチャでかい店です。このビル全部が4階まで全部食堂。アパートのように部屋番号があります。 



ハラボジ宅からお店に移動する時に少し遅れて着いたので、もうすでに始まっていました。 



この「錦上添花」コース、4人で69,000ウォンですね。 



「天寿アヒル」の効能が書かれています。 



最初はアヒルロース。懐かしいジンギスカンのように焼いていきます。丸いのはキノコ。 



黄色はカボチャ。私はハルモニのまん前の席。一番優待されていますね。ヾ(≧∇≦)〃♪ 



焼けました。 



サムジャン、塩、マスタードソースの3種類でいただきます。 



やはり韓国焼肉式にサンチュに包んで生ニンニクとサムジャンが定番。 



美味しいムルキムチ。 



サラダ。 



そしてテーブルに出てくるおかずのメインはこのワタリガニのヤンニョム・ケジャンです。 



ソースが甘くてとっても美味しかったですよ。 



続いてアヒル燻製。 



このケンニプ(ごまの葉)に包んで食べると最高ですね。 



もちろんサンチュでも。 



最後にアヒルのヤンニョム焼き。 



最後にニラを載せて一緒に焼きます。 



これがまた美味しかった。 



ネンミョンが出てきました。お酢とマスタードを入れます。 



ダメ押しにアヒルの骨でスープを取った緑豆のお粥です。 



これがまたさっぱりしていて、お腹がすっきりするので、やっぱり食べてしまいます。 



と思ったら極めつけにパッピンスが出てきました。アンコは兄弟なのでもちろんいただきました! 



「身土不二長安直営店(신토불이 장안직영점)」
住所:
서울특별시 동대문구 장안동 316-15
電話:02-2212-5292




☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「成功確率5000:1~仁川へ行く道を開かなければならない」


今回は、私が諸手をあげて感動した歴史映画『仁川上陸作戦(인천상륙작전)』(イ・ジェハン監督、7/27公開)です。6・25韓国戦争において、今日の韓国を地上にあらしめたマッカーサー国連軍の「仁川上陸作戦」を成功に導く突破口を開いた、「X-RAY作戦」を描いた映画ですね。観客数は700万人を超えて大ヒットしました。ヾ(≧∇≦)〃♪


前回ご紹介した『徳恵翁主』と同じように、史実に想像力を加えてつくった「ファクション(Fact+Fiction)」として演出である部分が大きいのですが、しかし前回の映画の演出がとても不自然であったのに対して、こちらは何よりもいおうとしていることが、最も腑に落ちる韓国的、韓国文化的テーマであって、観ていて胸がすくような思いがしました。すなわち、結論からいうと、「家族の情の絆」というコードによって、北朝鮮との闘いにまつわる政治や思想、理念の問題を超克するという話になっていたわけですよね。



●「X-RAY作戦」の史実はこんな感じ


1950年6/25に北朝鮮軍が南侵を始め、一気に釜山を残して韓国のほぼ全域が北朝鮮軍によって占領されますが、同年9月、敵の背後を打って補給線を断つ国連軍の「仁川上陸作戦」が成功することで戦況は逆転します。この「成功率5000:1」といわれた作戦を成功させるために行われたスパイ活動が「X-RAY作戦」です。


実際の史実のほうでは、「X-RAY作戦」はマッカーサーの指示を受けた韓国軍が、林炳來(イム・ビョンネ)海軍中尉を中心とした兵士6名に民間人7人を加えて特殊工作隊を編成し、隊員たちは8/18早朝に釜山港を出発、6日後仁川に到着します。そして戦争勃発前に情報局の地下組織要員であった情報源に接触して包摂し、仁川海岸の砲台の位置、兵力配置、規模、火力などの情報を収集。さらに月尾島に潜入して、北韓軍官2名を拉致して詳しい情報を聞き出すことに成功します。これらの情報はすぐに9/1、永宗島に到着した米軍情報局所属クラーク海軍大尉に伝えられ、そのままマッカーサーに送信されて、これをもとに9/15、「仁川上陸作戦」が決定されるわけです。


作戦成功により「X-RAY」隊はすぐに全員撤収を命じられ、9/14早朝に霊興島に集結しますが、そこで北朝鮮の一個大隊に奇襲攻撃を受けて、林炳來と一人の一等兵が、残りの隊員を逃がして抵抗を続け、最後は二人とも退路を失って自決しています。捕まって情報流出することがないようにという判断によるものでした。以上が、事実のほうですが、映画はこの基本ラインに従いながらも、かなりの劇的な脚色がなされています。



●最も韓国的コード通して答えを導く


何より、中心を流れるテーマはすでに述べたように、「家族の愛」です。北朝鮮側の敵が何度も口にする言葉が、「理念は血よりも濃い」という、いわばイデオロギーによる人間らしさの否定であるわけですが、映画はそれに対して見事に反論してみせ、いわば「血は理念よりも濃い」のだということを痛快に証明してみせるわけです。


まず物語の最初に、敵たちの酒の席のシーンがありますが、そこで、イ・ボムスさん演じる敵の司令官リム・ゲジンが、「自分が尊敬するソ連のモスクワ共産大学のミチコフ教授が、自らの妹を、キリスト教を信じるという理由で、3発の銃弾を頭に撃ち込んで殺した」という話をします。そして、スパイとして潜入しているイ・ジョンジェさん演じる主人公チャン・ハクスや、チン・セヨンさん演じるヒロインに対して、「あなたならどうするか?」と問いかけていくわけです。さらには実際にその後、同じような選択を迫られる状況も展開します。


また、最初から最後まで問いかけられるもう一つの問いが、リーアム・ニーソン演じるマッカーサーが、なぜこの無謀ともいえる賭けである「仁川上陸作戦」を強行したのか、という疑問なわけですが、それもこの映画の中では、その同じ中心テーマと重ねて答えが出されています。


全体的に映画は、親子の情、夫婦の情、兄弟の情を中心とした韓国的なコードを前面に立てることによって、現在の北朝鮮という国の体制がいかに不自然な状況に陥っているかということを明確にしてくれます。それは、共産主義という理念・思想によって人工的につくり上げられた非人間的体制であり、それがいかに非韓国的状況であるか、を浮き彫りにしながら、それを通して、北朝鮮の国家内部における悲惨さというものもまた浮き上がらせています。


何より深刻な諜報映画として、イ・ジョンジェさんとイ・ボムスさんの緊張感あふれる駆け引きが見事であり、アクションでは、チュ・ソンフンさんこと秋山成勲さんとジョンジェさんの格闘シーンもカッコよかったです。そしてラストが感動的でした。まさに演出された「ファクション」的ラストでありながら、やはりこのくらいに描く価値がある歴史的題材ではなかったかと思わされ、納得させられました。お勧めです!ヾ(≧∇≦)〃♪



【あらすじ】 1950年6月25日、北朝鮮の奇襲侵攻でわずか3日でソウルが陥落、1か月で洛東江地域以外の朝鮮半島全地域を奪われた大韓民国。国際連合軍の最高司令官ダグラス・マッカーサー(リーアム・ニーソン)は、反対の中で仁川上陸作戦を推し進める。


成功率5000:1、不可能に近い作戦。それを可能にするのはただ1つ、仁川へ行く道が確保されなければならない。


マッカーサー将軍の指示で、対北朝鮮諜報作戦「X-RAY」に投入された海軍諜報部隊の大尉チャン・ハクス(イ・ジョンジェ)は、北朝鮮軍に偽装潜入して、仁川内の動態を観察、情報を収集する。


しかし仁川の防御司令官リム・ゲジン(イ・ボムス)によって正体が暴かれる危機に面したチャン・ハクスと彼の部隊員らは、状勢を変えるただ一度の機会、ただ1日の作戦のために、仁川上陸艦隊を誘導する危険千万な任務を遂行するが…。


歴史を変えた秘密連合作戦、そのスタートはまさに彼らであった!





























映画『仁川上陸作戦(인천상륙작전)』(イ・ジェハン監督、7/27公開)予告編。

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆
韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
妻が私のためによく握ってくれる「サーモン寿司」です。もちろんいつも感謝しています。(*´▽`)



日本に帰った時の我が母の握り寿司をご紹介しましたが、その時にも書いたように、韓国人の我が妻も、日本人である私のためにと、ときどき頑張って握り寿司を握ってくれます。我が家には、千葉の「和楽」という有名な和食屋さんの秘伝のお酢もあるので、酢飯は本格的で美味しいです。♪ヽ(´▽`)/


ただ、ネタが…。もちろん、韓国では日本のような、握り寿司にできそうなお刺身自体がスーパーなどには売られていない、ということもありますが、燻製サーモンなどを使って握ってくれる我が妻をみながら、「自由だなあ」と思ったりします。(((°`∇´°;)))


しかし、今日は妻が韓国海苔でそれを巻いてくれたので、「おお、なんだ、手巻き寿司じゃないか!」とカテゴリー的にすっきり納得して、かなり美味しくいただけました。いずれにせよ、感謝ですね!ヾ(≧∇≦)〃♪



ちゃんと日本の有名寿司店の秘伝の酢で作った酢飯です。だからご飯は本物です。


私に「こうやって食べてみたら?」と勧めてくれている我が妻の手です。ナイス!(^^;)


そこに私はわさびを追加で載せたりしながら、それなりに美味しく食べました。♪ヽ(´▽`)/



☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国人のご主人による本格タンスユクがいただけます。「正統中華料理『情』」!ヾ(≧∇≦)〃♪ 



昨日は我が家の自宅中華をご紹介したので、今日は若き日の思い出の街を紹介する「楽しい淑大ライフ」シリーズの中華編をご紹介します。昔から華僑のご夫妻が営んでいる本格中華のお店「情」です!♪ヽ(´▽`)/


「正統中華料理」とは銘打っていますが、それは中国人が作る中華という点でであって、並んでいるメニューは完全にコリアナイズされた韓国式中華。だいたいにおいて名前の「情」からして、韓国人ウケしそうな韓国人向けを謳っています。


この店もかなり昔からあって、若い頃から本当に何度も行ったものです。私も韓国に住む外国人、オバサンも韓国で暮らされる華僑と、いつも少ない会話の中にも見えない情のつながりがありました。その当時はもう少し、地下鉄駅に近い所の1階にあったのですが、いつの間にか淑大に近いここの2階に引っ越してきましたね。


ここのウリである看板メニューは、「辛い酢豚(メウン・タンスユク、매운 탕수육)」と「唐辛子チャジャン麺(コチュチャジャン、고추짜장)」なんですね。つまり、それでなくてもコリアナイズされている韓国的人気のメニューをさらに韓国人向けにリメイクしたものであり、メッチャ韓国にすりよっています。でもそれらが他の韓国の中華店では味わえない美味しさなのでした。(*´ヮ`)/


私が特に好きで、来るたびに必ず注文するのが、「コチュ(唐辛子)カンチャジャン麺(고추간짜장)」(6000ウォン)です。これが美味しいですよ。緑の青陽コチュが入っていてピリ辛ですが、すごく辛いわけではなく、脂っこいはずのチャジャン麺がさっぱり食べやすくなっているわけです。さらに火の使い方がさすが本場の中国人なので、韓国の地でやっとちゃんとした中華を食べた、という気にさせてくれます。


「タンスユク(탕수육、酢豚)」(11000ウォン)も、ここのはさすがに昨日のそれのようにただ食欲を満たすためではない、ちゃんと美味しい中華を味わうという感じになります。ということで、本場中華の技術で作った韓国式中華料理としてお勧めです!ヾ(≧∇≦)〃♪



「正統中華料理」と銘打ってらっしゃいます。(*´▽`) 



看板料理は「辛いタンスユク(酢豚)」と「唐辛子チャジャン麺」とあります。 



階段を上がるとまず店の名前が出てきて。 



続いてひっくり返った「福」の字があるのが中華店ですね。 



広い店内。 



「唐辛子カンチャジャン(고추간짜장、6000ウォン)」や「三鮮チャジャン(삼선짜장)」などがお勧め。 



「タンスユク(탕수육)」の「小」も頼みました。 



タンスユク(小)。 



温かくて揚げ立てで美味しいですよ。ヾ(≧∇≦)〃♪ 



カリカリしてしっとりしています。 



韓国の中華店では必ずこのタクワンと生玉ねぎ、そして玉ねぎをつけるチャジャンが出てきます。 



こちらが私の大好物の「唐辛子カンチャジャン麺(고추간짜장)」(6000ウォン)です。 



具と麺が別々に出てくるのでよく混ぜてあげます。 



中華の火の味が美味しい。他の店のチャジャン麺とは味が違いますよ。 



このピリ辛の緑の青陽唐辛子が美味しさの決め手です。♪ヽ(´▽`)/ 



【行き方】 地下鉄4号線淑大入口駅から淑大のほうに歩いていって途中の小さい信号で右に曲がるとすぐの2階です。(→ストリートビューで見てみよう!




☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。