輪廻転生

在日コリアン3世Hyang Suのつれづれ日記、そして
私のもつ難病(多発性硬化症)について。
※ブログアドレスの【kj4rainbow】は、
KはKorea、JはJapan、rainbowは虹。2002年日韓共催サッカーワールドカップからとりました。


テーマ:

2/4にMRIを撮り、その結果が2/6に出た。

なんとうれしいことに前回退院時より、腫れの部分ははるかに小さくなっていた。

先生も喜んでくれたし、何より家族や周りの大切なひとたちが喜んでくれて

私自身はあまり期待もしていなかっただけに(悪くなってなければいいなぁくらいだった)

ぼ~っとしていたんだけど、心配をかけた周りのひとたちからしたら

安心してくれたんだと思うと、すごくうれしかった。

喜んでくれてありがとう。


まだまだ投薬は続くし、副作用もあるけれど、人並みに健康に戻ってきた。

一か月半前からは想像もつかないようなこと。


そんなわけで主治医の先生からOKも出たし、

連休は温泉に行くことに。

久々の温泉!羽伸ばし!遠出!と言っても電車で小一時間の山梨県は塩山(えんざん)へ。


中央線の立川から特急かいじで1時間で着くよ。

近いもんだね。

でもシート倒して、窓の外の山の景色を見ていると

ぐんぐん気持ちがすきとおってくるのがわかる。



ひゃんすの難病nikki-__.JPG

これは山梨市駅前。

ここで降りて、山梨県笛吹川フルーツ公園へ向かった。

山梨だもんね、梨やぶどう、桃園が数多くある…んだけど、季節的に

今は何もなし。いちご園はあるけど。

秋に来たら美味しいフルーツをたくさん食べられるんだろうな!

それもまたいいね。


でも一応ここは「新日本三大夜景」に認定されたらしくて、

北九州市と奈良市の夜景に並ぶ夜景が見られるそう。

(ま、行ったのは昼だったけど)

でも昼の景色もきれいだった。

なんといっても



ひゃんすの難病nikki-__.JPG

富士山!!!


だいすきなだいすきな富士山。

入院中、病棟の端っこの窓から見えていた富士山。

毎日祈った。

だから何となく私にとって富士山は、大切なものになっていて

治ったらお参り(?)したかった。

本当は富士五湖の近く辺りの温泉に行きたかったけど

今回は近場で諦めた。

だからこれは嬉しかったなぁ~

少し靄がかかっていたけれど、大きな富士山を見ることができた。

やはり富士山は雄大だね。


そして駅へ戻り、昼食はほうとうを。

たまたま見えた「ほうとう選手権2連覇!」の文字にひかれて入った

『歩成』というお店で、ワイン豚のほうとうを食べた。

野菜たっぷり、ほうとうもたっぷりで、体はあったまるし

美味しい!!!

すっかりほうとうが大好きになったよ。


ぱんぱんのお腹をかかえて、宿へ向かう。

塩山駅から山間の道をひた走ること15分。

武田信玄が隠し湯として愛していたという、秘湯?名湯の

「山県館」という温泉宿に宿泊。


約500年の歴史ある旅館だから造りは古いけれど、

そんな古い造りや調度品も趣があっていい。

おばあちゃんの仲居さんが出迎えてくれて(笑)

しばらくお腹いっぱいで部屋でごろごろしてたけど、やっぱり温泉でしょ!

ってことでさっそく温泉へ。

源泉かけ流し100%、アルカリ性のお湯で、もう贅沢にもシャワーもすべて温泉。

つるっつる。


ちょうど暮れてゆく空をぼーっと眺めながら、露天風呂に浸かる。

だんだん日が落ちて空が暗くなって…至福。


お風呂から上がり浴衣を着て、食事処へ向かうと

夕飯の支度が。



ひゃんすの難病nikki-__.JPG

山の幸メインの懐石料理。

豚肉のお鍋や、ふぐの天ぷら、茶わん蒸し、お刺身、

鮎の塩焼き、ふろふき大根…

さしみこんにゃく美味しかったな~。


お吸い物とフルーツで〆。

デザートのスイートポテトが美味しかった。


夜の9時になると男女のお風呂が入れ替わって、さっき入った温泉とは

別の温泉に入れるのでまた浸かりにゆく。

今度は星空を眺めながら。


もちろん、朝も入ったよ。

朝ごはんも純和風の定食で、湯豆腐や温泉卵、漬物、牛肉のしぐれ煮、海苔、

白いご飯とあつあつの味噌汁。

ご飯がすすんでしまう!


おばあちゃんの仲居さんが何度もご飯のおかわりをすすめてくれるし(笑)


結局またもや満腹で最後のお風呂。

朝風呂もまた最高なんです。

ちょうど誰もいなくて貸切状態!

朝日を浴びながら、すいすいすい~と泳いだりして、

冷たい風が心地よくて、ずっといくらでも浸かっていられそうだった。


ほんの少しの旅だったけど

病院にこもりっきりだった40日間の垢をやっと落とせたような。

心も体も軽くなって温まった。

本当に素敵な素敵な旅で、こういうのが人生には必要だよね。


帰りにはしっかりと信玄餅を買って帰りました。

これ食べないと締めくくれません。

やっぱり美味しいなぁ~(結局食べる話だ)

実は来月もちょっとした予定があるし、あまり無理は出来ないけど

今年はもっと旅の計画を入れよう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ちなみに。

この沖縄日記、もう1ヶ月以上前のことだけど

旅行中の夜にサラっとつけてたメモ日記が役に立ったー!

やっぱり感情やドキドキはナマ物であって、

その時書かないと色や匂いが薄れるから。

今はそのメモをほとんどそのまま写してるだけ。


ま、脚色してるけどね。



さて、3日目。


西表島へフェリーで移動。


朝8時半のフェリーで出発。ドキドキの西表島。

西表に着くと「かざぐるま」というツアー会社の人と合流。


マングローブの湖をカヌーで渡り、ピナイサーラの滝を目指す。

っていうツアー。

丸一日のso hardなツアー。



マングローブの中をゆく

こうやってマングローブの中を漕いでいく。


漕ぎ方なんてわからないのに、ガイドの兄ちゃんめっちゃ適当。

島根からの親子3人と50歳の夫婦2人。私と友達。



西表のマングローブ

イェーイ。

って、怖かった。デジカメ絶対落とせないし。

初めは上手く漕げなくて、

皆においていかれたり、マングローブに突っ込んだり。

でもすぐに慣れて、すいすい漕ぐのは気持ちいい。

漕ぐのをやめて、ひたすら空気を吸い込んでみたり。




カヌーで


そして、今度はトレッキング。

山道を歩く。



木の根っこ


ガイドさん

ガイドさんは多分同年代で、あちこちでリゾートバイトして

今は石垣島でこのツアーのガイドをしてる。

元気に木の蔓に登って楽しませてくれた。

全員分の食事をかついで、滝上まで登る。

すごい体力!



野生の動物たち

野生の動物。

島根の子供はおしゃべりで、ずっとぺらぺら喋ってる。

皆、アウトドア好きな人たち。

私と友達だって負けてない。

それぞれの旅の体験談を話しながら、ゆっくり進む。


そして、到着ピナイサーラの滝!!!!


ピナイサーラの滝


見事。

これは下からの景色だけど、上から見下ろした景色も圧巻。

頂上では、ガイドさんが沖縄そばを作ってくれた。

あんな場所で食べる沖縄そばは最高。


下は下で、滝つぼに入って遊べる。

飛び込んだり、ゆっくり泳いだり、

泳げない私もライフジャケット着けてたから安心して泳ぐ。

汗をいっぱいかいた後の、つめたーい滝は本当にきもちよかった。


滝では、パイナップルをふるまってくれるガイドさん。


ちょうど喉かわいて小腹も空いてたころのパイナップル。

うますぎやろ~

ばくばく食べた。


とにかく何を食べても美味しかったこの旅。

多分、ずっと体を動かしてはらぺこで食べたから。



名残惜しくない皆との別れ。

すがすがしい顔でそれぞれ解散。

「次はどこへ行くの?」なんて会話をしながら、

50の夫婦も島根の親子も去ってった。

ガイドさんはまた明日も同じコースを回るんだろう。

私たちは今日泊まる民宿まで送ってもらった。





AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝起きて、ホテルの隣りの「おーりとーり」

(石垣の言葉で"ようこそ")でバイキングの朝食。


それにしても、ホテルのバイキングの朝食って何であんなに

美味しいんでしょ。

いつもああいう朝ご飯を、優雅にゆっくり食べたい。


フルーツに焼きたてのトーストとホテルのあのこってりバター。

オレンジジュースとスクランブルエッグとソーセージ。

サラダ、ポテト、熱いコーヒー。


朝はそんくらいがっつり食べたい。


この日は白保という場所で、シュノーケルのツアー。

バスターミナルから白保を目指す。

(バスは周遊チケットを買う)

「白保小前」で降り、まっすぐ歩く。



空の青さが違う
白保小前


青の色が違う!!!!!

抜けるような青空。ギラギラの日差し。

紫外線アレルギーの私だけど、アレルギーの薬は

ばっちり飲んでるし、ワクワクドキドキ。


さっそくマエザトっていう民宿兼シュノーケルツアーのお店に着いて

説明を受ける。

おっちゃんがおもろい。



なかよし食堂
民宿マエザト


ダイビングスーツ、フィン、シュノーケル、マリンブーツ

全部借りる。

(これ、ほんとに借りて良かった~)


小さいジェットボートでシュノーケルポイントを目指す。

家族連れが多くて、小さい子供たちとわあわあ言いながら

海へどぼん。


魚たくさーん!

ちゃんとライフジャケット着てるから、溺れる心配もなーし!

思う存分、お魚さんたちと泳ぐ。


うわーん、楽しい。

最初は怖かったけど、だんだん慣れてきてまさに

「ぽーにょぽーにょぽにょ 魚の子ー♪」


3箇所のポイントを周り、ぐたぐたに疲れきったところで終了。

シャワーを浴びて、またバスでターミナルへ。

石垣の市街地で探したゲストハウスは・・・最悪。

おっさんはやる気ないし、ゴキちゃん出るし、風呂場で

白い巨大ヤモリに対面。

ほとんど洗わずに一目退散した。


夜は課長おすすめの「八重山村」というご飯屋へ。

石垣市役所の近くにあるんだけど、けっこうわかりづらい場所にある。

でも、めっちゃうまい!

課長ありがとう!!!

絶対もう1回行きたい。

ぐるくんのおにぎりも、シャコ貝のバター炒めも、ステーキ定食も・・・

おなかいっぱい食べた。



ステーキ定食!
ステーキ定食。がっつり食事


体を動かすとおなかが空く。

食べるとうまい。

いいサイクル。


友達とたくさん食べて、語って、笑って。

くたくたに疲れたからだで、あの汚いゲストハウスに戻る。

でも心地よく爆睡。

そんなもんさ。


少しずつこの島で、体が元のサイクルを取り戻してきている。

頭が疲れるんじゃなくて、体が疲れる。

おなかが空くから食べる。

眠くなったら寝る。


島に体がなじんできた2日目。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


石垣美容院のワンコ

道をね、とぼとぼ歩いているときに出逢ったワンコ。

美容院の中にいました。


めっちゃ可愛い~



バスターミナル

拠点となったバスターミナル。

(でもなんか写真が違う気がする・・・)



ぱいぬしま


ぱいぬしま、というご飯屋。


美味かった~

寒かった~(店内が)。

沖縄はタイみたいにどこもかしこもクーラーが効きまくってる。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

眠いんだけど。

明日も会社なんだけど。

やらなあかんこと、他にもあるんだけど。


でもでも。


今日はこれを書きたい気分。



-7月31日~8月4日まで旅仲間Iちゃんと沖縄旅行-


*一日目*


10時出発の飛行機。

羽田から那覇で乗り継ぎ、石垣島へ。

13時頃、石垣島に到着。

石垣島の空港はちっちゃくて可愛い。


ベストイン石垣というホテルにチェックイン。

ここは航空券のセットにくっついてたホテルなので、最初の1泊のみ。

できたばかりのホテルらしくて、きれい。


ひとまずワンピに着替えて、「なかよし食堂」へ

狙うは八重山そば。

まずは、体を八重山になじませる。

道を歩いて、空気をすって、土地のものを食べて。

味はマァマァ・・・店の中は汚い方だったかも。

でもそこの家の子供が接客してくださったよ。


市街地まで散策。


おみやげ屋さんがたくさんあって、ワクワク。

でもおみやげは最終日にね。

同じホテルにずっと滞在する旅じゃないから、

荷物はぎりぎりまで増やさない。


市街地にあるバスターミナルは、すんごい使えた。

レンタカーとかタクシーの人は全然いらないけど、

ペーパーで金なしの私たちには、バスが一番。

安全だし、楽だしねー。

バスって、窓からながめる景色の流れ方が面白い。


このバスターミナルは拠点になった。


タピオカミルクを急に買い食いしたり、

全日空ホテルのプライベートビーチであるマエサトビーチで

遊んだり。

きれいな砂浜だけど、ANA泊してない人には冷たい対応っす。

要注意。

でも全然入れるから、ガンガン遊んだ。


夜は「南の島(ぱいぬしま)」へ。

ふらっと立ち寄った店だったけど、実はすごい有名だったみたいで、

味も良かった。

がしかし、唯一の汚点が・・・!


寒い!!!!!!


クーラー効きすぎ。

ぶるぶる震えながら食べた。沖縄なのに。

アグー豚食べたかったのに、食べられず。

残念無念。



ホテルに戻ると、友達は即寝てた。

(酒を飲んだからでしょう)

シラフの私はひとり、友達に手紙を書いたりして、

沖縄1日目の夜を終えたよ。


-つづく-

(ゆくゆく写真もUP予定)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。