輪廻転生

在日コリアン3世Hyang Suのつれづれ日記、そして
私のもつ難病(多発性硬化症)について。
※ブログアドレスの【kj4rainbow】は、
KはKorea、JはJapan、rainbowは虹。2002年日韓共催サッカーワールドカップからとりました。


テーマ:

ああ、そっか。

ここは誰にも知られてないから(知ってるひとしか知らないから)

好きなこと自由に書いていいんだ。

フェイスブックとかじゃない、10年も前から続けてきた単なる日記。

ここを開いたら、ちょっと安心した。


心のゆれが激しくて体調を崩した。

久々の不安。

熱をはかるたびに、頭痛がするたびに、肩こりになるたびに、

小さな恐怖がもたげる。


まいにち足が痙攣する。(らしい)

右足らしい。

一緒に寝てる彼を心配させてるだろうなあと思う。

今日は一人で寝ててはっきりと痙攣(びくっていう動き)を感じとった。

それも何度も。

地震かと思うくらい自分の足の痙攣で目が覚めて、熟睡できなかった。


それは多発性硬化症の再発とは関係ないよ、とかかりつけのお医者さんは言ってくれるのだが。


難病をテーマにしたドラマが放送されている。

『僕のいた時間』

そりゃドラマで、主役はキラキラの三浦春馬で、現実こんなんじゃないよって思うところもあるけれど、

ちいさな感情表現を上手く演じていると思う。

思わず涙がこぼれそうになる。

ドラマの中では主人公の彼は家も裕福だし、友人もいるし、職場の理解があって、

かなり恵まれた境遇だと思われる。

現実世界、家族や身の回りのひとに恵まれてない場合はどうやって生きていけばよいのだろう。

私自身、家族や周りのひとたちに多く恵まれ助けてもらっている。

一人だったら…と思うと怖くて想像もできない。

おそらく仕事も少ししかできず、住むところがない、医療費が払えない、となるだろう。

何かひとつ欠けていたら、今の現実はないのだ。


そんな中で、最近考えていたこと。


頼るしかないから、頼って生きていこうと思ってた。

でもあきらめない。自分の人生を。

誰かのせいにして生きたくない。もちろん病気のせいにもしたくない。

「私の人生、だれも代わってはくれない。」

ちゃんと自立しよう。

たとえ厳しくても、無理であっても、自立をめざそう。

誰かの手は、最低限借りるでいい。

自分の人生に自分で責任をもとう。


どうしたいかなんて、自分で決めること。

自分主体で決めていくこと。

そして、そのうえで私が考えてもどうにもならないことは、

いさぎよくあきらめるのだ。

どーでもいいや、と思うのだ。

それが自分の体を守る方法だと思う。

超ねちっこくて、嫉妬深くて、根にもつ、実はくら~いタイプの私。

いさぎよく、サバサバした女になりたいよ。

一朝一夕でなれるものじゃないけれど、

要は強くならなければ。


それは自分のためでもあるのだ。

生きやすい今後のためにも、強く、さばさばと。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

いらいら、してしまった。


病気で入院していたときは、今まで過ごしてきた何気ない日々のことが

あたりまえのことが

幸せだったんだ、ありがたかったんだって痛い程思い知らされて、

あれだけ毎日すこやかに暮らせることに感謝しようって思っていたのに


人間の記憶力など儚く

すぐに忘れてしまう。

だめだな。


自分じゃどうにもならないことに対して、いらいら

しかも自分で決めたことなのに

誰にも文句は言えないはずなのに

文句をぶちまけたり、ぶちまけたことに後悔して反省してみたり、

超めんどくさいやつ


そんなことはわかってるのに

いらいらいら


生理前だから?薬の副作用だから?

ぜんぶ言い訳

大人げない嫉妬やくだらない感情や見栄、

人と比べて焦ったり、羨んだり

どろどろの感情


ぱっと切り替えて前に進んでる

そんな人見ると余計にいらいらする

そんなすぐに気持ち切り替えられない

いろんな性格があるから、だいぶ嫌味っぽくて

ひがみっぽい自分に驚く

執念深い


「仕方ない」

と言われると余計に腹がたつ

しょうがないはない

多分、すごく疲れる生き方してるなあって

自分でも思う


それでもなんとか気持ちを切り替えて

じゃないと脳がもたん

病気のために、病気のために…

(いらいら=ストレスは良くないらしい)

いらいらの原因が自分でどうすることも出来ないものなら

切り替える(この言葉いやだな)しかないから

からだのためにと思って

訓練していくか。


やっぱりあの病気の辛さを忘れないことだな。

でも人間のからだって痛みを忘れるしくみになってるらしい。

日に日に忘れ、傲慢になってゆく。

だからこうしてこのNikkiと向き合う。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひゃんすの難病nikki-__.JPG

今年の恵方巻き。

母と巻いた。


良い年になりますように。

悪い病気は去りますように。


*******************



人間は死ぬまで食べるんだなぁ

動けなくなっても

しゃべれなくなっても

食べ続けるんだなぁ

今ここで

食べることを学ばなかったら

ずっと後悔しそうな気がする

人間いつ死ぬかなんてわからないけど

順当にいけば、このあと

今まで生きてきた以上に続く長い人生

食べ続けるんだなぁ

(2012年病室にて)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1/17。


阪神淡路大震災の日から18年経った。

朝からニュースで当時子どもだった方々のインタビュー特集を観た。

3歳だった震災遺児の男の子が、当時両親を失った悲しい気持ちの中、

震災遺児の施設で施設のスタッフや友達と遊んだことに救われたことから、

2011年の東日本大震災の被災地を訪れ、施設の子どもたちと遊んでいるという。

子どもは遊ぶことによって恐怖から逃れられることを身をもって経験しているから

出来ることなのだ。



人は辛い体験をしたとき、乗り越えるには自分の中での葛藤やたくさんの時間が必要だけど、

誰かとそれを共有したりまたそれが誰かの役に立てたとき、昇華するのではないだろうか。

ブログやtiwitterやmixiもFacebookもそうだ。

みんな誰かと共有したいのだ。

それも誰だか知らない誰かと。


自分の経験(それも辛いことの経験)を活かして、それをワークに出来たら

それが誰かの役に立ったらこんなに素晴らしいことはないと思う。

太古の時代から人が歴史を学んでいるのは、教訓にして同じことを繰り返さないために。


誰かに助けてもらったら、「ありがとう」

そしてそれをその人に返すのではなく、次に困ってる見知らぬ誰かに返したい。

ニュースを観ててそんなことを思った。


ちなみに1/17は祖母の誕生日で、忘れられない日になった。

今日も起きてすぐに「おめでとう」と伝えた。



18年前の今日、震災によって亡くなったすべての方々のご冥福を
心よりお祈り致します。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

戯言。


*週末にどこに行けるか。


香港、上海、ソウル。

あと今行きたいのは、和歌山。

谷崎潤一郎が元嫁に宛てた手紙が見つかったみたいで、

それが和歌山県の市立佐藤春夫記念館で公開されてるんだよね。

というマニアックな理由。



*私の息抜き方法


「マン喫でポテチを食べながらマンガを読む」

これ、最近会社で言うと大概引かれる。

わかってたから隠してたけど。

ほんっとうにこの時間がないと、イライラが溶けない。

ポテチ食べながら、好きなマンガをだらっだら読んでると

その日のストレスがぶわぁっと吹き飛んでく。


そういう時間ってあるよね?


多分、ビールを飲むときとか大好きな人と会う時間とか、

買物をするとかお笑いを観るとか、人それぞれ色々あるけど


それが私にとって「ポテチマンガ」の時間。



*my4大イケメン

長瀬智也

トータス松本

金城武

香取慎吾


最近、ユニクロのCMに出てる長瀬智也。

べたぼれ。

ヨダレもの。

とりあえず口がでかい人が好き。

あと身長。目ヂカラ。


女子では、最近広末涼子が気になる。

あと竹内結子。

ママなのに、あの透明さ・ピュアさ・少女さ。

離婚を経験して、さらに芯の強さが出てきてるような気がする。

二人とも私より年上の女性。

あんな可愛い女性になりたいもんだー

元が違うから無理かー?

ふんふん。









いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。