輪廻転生

在日コリアン3世Hyang Suのつれづれ日記、そして
私のもつ難病(多発性硬化症)について。
※ブログアドレスの【kj4rainbow】は、
KはKorea、JはJapan、rainbowは虹。2002年日韓共催サッカーワールドカップからとりました。


テーマ:
ふとラジオで耳にした曲が至極素敵だったので、布団から身を起こした。

水が滴り落ちるようなさらりとした、それでいて重みのある音。ジャズのようなピアノの調べと重たさを持たせてくれるドラム。それでいて何処と無くポップ感がある。-なんて評論家ではないからバランスとかジャンルとかさっぱりわからないけど-やはりそれは、気だるい午後の空気と、でも布団の中でぬくぬくしてる幸福と、マルボロライトの煙と、甘ったるいコーヒー牛乳ととても良く合う、と思った。

高田みち子というSony Jazzから出た新人シンガーソングライター。日本語歌詞の歌手はSony Jazzから初だという。その高田みち子さんの「Night buzz」というアルバムから紹介された「チョコレート」という曲だ。透き通るようなその声もともかくとして、惹かれたのはそのバックバンド。松木恒秀率いるWhat is Hip?がバックバンドを務めているが、その演奏、一度聴いただけで二度と耳から離れない、心から離れないものとなった。

普段、街中やテレビの中、ありとあらゆる場面で音楽は絶えず流れている。多くの音楽の中からこうして出逢う音楽もまた、輪廻を感じずにはいられない。なかなか心を揺さぶる音楽には出逢い難いものである。師走の喧騒の最中にふとした「おやすみモード」の午後、心をきゅっと持っていかれた、そんな曲だった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
最近ヨガ始めました、はい。
知人からもらった「スーパーヨガ~疲れを取り、心と身体をリフレッシュ!~」という本を片手にお風呂あがりにやるのです。
とても惹かれる題名ですよね~

しかし私、自他共に認める硬体動物なんです。

ゴルフの素振りをしてもテニスの素振りをしても野球の素振りをしても、教えてくれる人が「体、かたいね…」と呆れる始末。
幼い頃も皆がやっていたバレエを始めるも、半年(記憶では)で敗退。
軟体とは無縁の生活を送ってきたわけであります。

それがここへきてヨガですよ、ヨガ!!!
足と足を組むあぐらのような基本姿勢すら取れずにため息をつきました。

しかしヨガには魅力的な効能がたくさんあるんです。たとえば「集中力をつけるヨガ」「ポジティブになれるヨガ」「バストアップするヨガ」「くすみを取り美肌、美白になるヨガ」などなど。

こうなったら俄然やる気も沸いてきます。

よーし、と思って写真と説明どおりに始めるも、どう見てもふざけてるとしか思えない私のポーズ。足と手が絡まり、体のどこかがつり、「アイタタタ」的な完成となりました。でも本にはこう書いてあります。
「ポーズを完成させようとしなくてもそれに近づこうとすれば効果はありますから、効果を出したい部分に意識を集中させ、実際に効果が出ているイメージを持って行ってください」

あーなんだ、イメトレね。それなら得意だわ、私。
さっそく「ポジティブになれるヨガ」の効能はあったようです。
ね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
車は最終目的地へと向かった。
夜の海。

午前3時。
海に着く。

少し海は荒れている。波が白い泡を立てている。海の黒と空の黒が入り混じって、果てしない景色を作る。少しだけ怖い、でもキレイ。
「立入禁止」の看板を無視してテトラポットに入る。寝転ぶ。
空はくもがかっていて星は見えない。月の灯りと遠くの灯台が周りを照らす。
空気がとてつもなく澄んでいて、何度も深呼吸したくなった。タバコは吸いたくなくなった。

デニーズで暖まり直して、今度は朝の海へ向かう。

もう太陽が昇りはじめていた。

太陽は毎日昇るんだよね
生きている中で日の出を見る日だけを数えたら、一年にもならないかもしれない
毎日昇ってるのにね

空が紫色に染まる。
夜と朝の間。
24時間の中のほんの一瞬の時間。
毎日繰り返すその景色を、立ち止まって見られる日は一体どれくらいあるだろうか。美しいと感じるその景色も特別な今日だけに限ったことじゃない。いつものこと。いつもいつものこと。私が生まれるずっと前から、繰り返されていること。そして、これからも。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
車は湘南へと向かった。
車内は上機嫌な二人のカラオケと化す。
大声で歌ったためか、喉が痛い。

午前0時よりちょっと前、湘南平に着いた。
外は凍えるほど寒い。
マフラーをぐるぐる巻きにして手袋もはめて、電波塔のてっぺんを目指す。
少し頼りないその電波塔は、恋人たちが訪れて愛を誓う場所らしく、「誓いの鍵」がそこらじゅうに取り付けられていた。

鍵持ってきた?
持ってきてない
これ、別れたら外しに来るのかなぁ?
いや、来ないでしょ
ふうん、寂しいね、なんか

階段をいくつも上ると最後の階段は鍵が掛けられていた。
手を伸ばすと鍵に届く。鍵はあっさりと外された。
ここで初めて自分が高所恐怖症であることを思い出した。
てっぺんは何の柵もなく、風がびゅうびゅうと吹き荒れている。
鉄格子の床を踏み外したら、たちまち下へまっさかさまだ!
へっぴり腰でそろそろと歩きながら一応写真を撮りつつ(おかげで写真は何も撮れていなかった)少しだけ風を感じてみた。

びゅうびゅう~

怖い。
降りよう。

下に公園があったのですべり台やブランコに乗ってみる。
スリル!!
久しぶりのすべり台!!
子供サイズのそれは、決して子供だましではない。

はしゃぎながら車に戻るとちょうど0時を回ったとこだった。
友達からメールが入る。

ハッピーバースデー!
そう、今日は私の誕生日。
こんな日に産んでくれたことを母に、そしてよく褒められる名前を父に、感謝しよう。
そして今、君とここにいられることを。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
車はクリスマスで賑わう東京を離れ、ぐんぐんスピードを上げる。
だんだん空気が澄み渡り、見慣れない景色が広がる。

夜の海が見たい

数日前に送ったメールは、どうやら叶う方向へと進んでいる。
母親は私をこんな日に産んだ。
今、とても感謝している。

車はまず、とある東京都の外れの市に着いた。一度だけ行ったことのある街、一度だけ会ったことのある友人、そして初めて会う人。
緩いいろは坂を車は上る。
映画のシーンに使われたその坂はくねくねと曲がっていて、私もそれと共にくねくねと喜んだ。
辿りついた場所は住宅街。その家と家の間からこぼれるような夜景が広がった。

車の中で作ってきたおべんとうを広げて食べた。
なつかしい。
高校以来のおべんとう。朝から何時間もかけて作った(創った、と言っても過言ではない)卵焼きとたこウインナー。失敗した唐揚げ。
お腹の空いていた二人はそれをペロリとたいらげた。

不味いと言わせない強さのある味だね

・・・?!
それは褒め言葉と取ってよいのかな?
まぁいいか!
おべんとうは空っぽになったのだから。

そしてまた、車は走る。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。